交響曲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「交響曲」の項目を執筆しています。

交響曲(こうきょうきょく)とは、アナウンサー泣かせの早口言葉の一つ。また、大したこと無くてもその構成と演奏形態から、まるで素晴らしい曲のように人々に思わせることができる楽曲形態のことである。

概要[編集]

中世から近世にかけ、いろいろな作曲家がいかに聴衆者を楽しませる音楽を作れるか、という課題に挑戦していた。その中で、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンという右も左も音楽家ばかりの国であるオーストリアで生まれた人間が、周辺の人間(彼の場合はその弟も含んでいた)といかにして素晴らしい音楽を作れるかどうか競い合いをした結果、この形態の音楽が最も周囲に良い印象を与えられるという事実を見出したと伝えられている。彼はこれによって「交響曲の父」という称号を手に入れた。

そしてハイドン以後の作曲家は、こののち交響曲の作成に打ち込むようになる。その中でも有名なのがヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトで、彼が作成した「ジュピター」は、「完成された交響曲の最終形態」という名声を得た。しかしこんな評判をつけてしまうと、モーツァルト以後の作家はいかに素晴らしい曲を書いても世間で評価されないことになってしまいそうであるが、そんなことはなかった。世間のほうがすぐ忘れてくれたからである。

その証拠に、モーツァルトのすぐ後に現れたルートヴィヒ・ヴァン・べートーヴェンも、9つもの交響曲を作詞して名声を得ることに成功している。とくに有名なのが第3番「英雄」、第5番「運命」、第9番「歓喜の歌」である。交響曲こそ音楽の頂点だという認識が、これらの曲によって音楽家以外の人々の間にも広まった。だが彼の生涯からは皮肉なことに、交響曲にとりつかれた作詞者には何らかの呪い(それも死に直結する呪い)が働くという、いわゆる「第九の呪い」が発見され、後世の交響曲作家を脅かす事になった。それゆえ今日でも、べートーヴェン以上の交響曲作家は現れていない。

関連項目[編集]