人体模型

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人体模型」の項目を執筆しています。

人体模型(じんたいもけい)とは、不要であるにも関わらず義務教育機関への設置が義務付けられている教材である。

概要[編集]

基本的には右半身或いは左半身何れかの皮膚が剥がされ、内臓を晒された無惨な姿の人体を模した1/1サイズの模型である。また「骨格標本」と呼ばれる、皮膚だけでなく肉や臓器を全て取り去った骨格だけのモデルも存在する。名目上は人体構造を深く理解する為の理科教材だが、実際に授業で使われる事はほとんどない。そもそも義務教育において解剖実習自体が殆ど行われなくなった[要出典] 現代では、単に理科教室のインテリア扱いされている。

しかし等身大モデルはローモデルでも十数万円、ハイモデルではその何倍もの金額になる。税金で運営される公立校に置くのはかなりの無駄遣いだが、文部科学省の教材整備に関する規定でこれを設置することは教育機関として「最低限必要な施設整備」という形で義務付けられている。これが明らかに納入業者との癒着によるものであるというのは、言うまでも無い。

意図的な噂[編集]

高額でありながら使用されない人体模型だが、これの販売件数は決して少なくない[要出典]。これはいわゆる「学校の怪談」において人体模型が頻出[1]し、それにより破損し新規購入されるという理由が大きい。全国津々浦々の義務教育機関殆どに、人体模型が絡む怪談が存在し子供たちが悪戯しやすい環境が整っているのである。

これは文部科学省による意図的な流布であり、力加減を知らない[2]子供たちが「必然的な偶然」でつい壊してしまい新規購入することで納入業者からマージンを受けとるという図式が完成している[要出典]

類似教材[編集]

同じように使わないにも関わらず設置される教材は多岐に渡り、また使用が想定されるものでも「業者による斡旋」で特定メーカーのものしか入ってこない場合もある。低学年のうちに一回使うかどうかという算数セットや、年に一回も使わないような細工道具など「不自然な教材」は数多い。教育機関が閉じた業界であることが荒廃に繋がっている、という図式を理解する為の教材としてならば、それらにも価値はあるのだろう[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 「行方不明になった友達の友達が、人体模型にされてしまった」など。
  2. ^ 連中は加減を知らない。全力で頭突きなんかしたら大人は悶絶する、とかは理解してくれない。

関連項目[編集]