出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「」は何故か「仙人」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

とは、に入って戻らないこと、あるいはその人を指す言葉。

概要[編集]

大昔、まだ農耕牧畜がまだそれほど盛んでなかった頃、山は木の実や山菜、獣肉や材木など、自然の恵みにあふれた大切な場所であった。人々は食糧や薪を得るため、しばしば山に入り、その恵みを享受していた。しかし一方で、険しい山々には多くの危険があり、遭難したり、獰猛な野生動物の餌食となったりして二度と帰ることが出来なかったりした者も多くあった。そんな哀れな遭難者(あるいはその遺族)たちを少しでも慰めるため、いつしか彼らは死んだのではなく、姿を隠して今も生きているのだという考えが生まれた。これが仙のはじまりという。

紀元前6世紀頃に生きたとされる老子は、中国の西の関所を出てペルシャローマに行くのだと言ったきり、二度と帰ってこなかった。実際に老子がどこへ行ったのか、定かではないが、人々は西の果ての未踏の地に消えていった老子はきっと仙になったに違いないと考えて、後世仙の代表的な存在となった。

その後、仙という存在が理想化され、単なる長寿や不老不死、何者にも縛られない理想の存在としての仙は、やがて空を舞い天を駆け、土を黄金に変えたり人の生死を操ることすらできる変幻自在の超能力者へと変貌していき、仙に憧れるあまり、山で遭難するのは面倒くさいが、今すぐ仙になりたいという人々が多く現れるようになった。そこで人々は、砒素水銀といった物を進んで摂取することで、山で遭難するのと同じ効力が得られることを願ったという。その結果、確かに人の(死体の)山が築かれたれたので、これをもって仙というのもあながち間違いではないのかもしれない。

ところが、人々の行き過ぎた想像はとどまるところを知らず、いつの間にか理想の世界であるはずの仙の世界にも、「仙官」なる官僚組織が存在したり、実は様々な様に仕えて頭を下げなければならない煩わしいところであったという設定まで登場するようになり、仙に対する熱気も冷めていって、代以降は、わざわざ毒を飲んで仙になりたいという人々は少なくなった。

関連項目[編集]