令和最新版

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

令和最新版(れいわさいしんばん)とは、主にインターネット通販サイトで見られる商品に与えられる称号である。

概要[編集]

主に「BATH」に代表されるIT先進国である中国の最先端の製品にのみ命名されることが多い。日本の商品は後進的な上にマーケティングも上手でないため、なかなか「令和最新版」のような名誉ある称号を獲得することが出来ず後塵を拝している。そのため日本製品と中華製品の差を見分けることは容易く、安くて性能も良い中国製の製品が日本でも手に入りやすくなった。これによって中国企業が製品を作ったことが分かりやすくなったのは日中両方にとっていい影響を及ぼすであろう。

中国が重点をおいている電化製品に名付けられることが多く、日々新しい商品が登場していくため中国の企業が新しいものが好きな日本人のためにわかりやすい称号を名付けたというところである。当然、中国の高度なマーケティング戦術によって中国製の商品に魅せられた日本人から称賛の声が上がっており、それはレビューで日本人から星5の数が圧倒的に多いことからもわかる。これも日本人の好みをきちんと分析して熟知した中国企業側の戦略的な勝利であるともいえる。

上記の内容を陰謀論だとして真っ向から否定する日本人には「日本ブランド」「純日本製」などといったどうでもいい称号がの拠り所になっている。しかし、時価総額などで最近の日本企業の没落と中国企業の躍進を比べてみればそのような称号はもはや2021年最新の状況では何も役に立たないことは明白である。

令和最新版の商品[編集]

まさに令和最新版にふさわしい商品のラインナップになっている。

ファン
令和最新版のストーブファン.jpg


令和最新版のストーブファンでは、を3Dホログラム化し、周りに暖かい空気を送り出すことができる。また、ストーブファン以外にもネッククーラーや扇風機では、さらには水色のオーラのようなものまで3Dホログラム化し具現化することで涼しさを体感することができる。また、周りの風景をVRなどを装着することなく変えるような作用も有している。このように3Dホログラム化して実際にその作用が得られるという機能はもう中華製品では当たり前であり、いまだに日本製の商品はそのような機能を実現できないでいる。
ワイヤレスイヤホン
令和最新版のワイヤレスイヤホン.jpg


一般的なワイヤレスイヤホンはBluetoothという機能によって人々に音楽を届けるが、令和最新版のワイヤレスイヤホンはそんな凝り固まった米国式の古臭い方法でみなさんに音楽を届けるようなことはしない。令和最新版のワイヤレスイヤホンはイヤホンから直接電流と一緒に音波が流れる仕組みとなっており、までダイレクトで電流が届きニューロンを活性化させ海馬にシータ波からガンマ波まで自由自在に脳波を出させることで、よりダイナミックな音を購入者に提供する仕組みになっている。またファンと同様にに装着すると目の前にホログラムディスプレイが広がり残りの充電がどのくらいであるか、すぐ確認することができる。

派生語[編集]

令和最新版も、最先端を指す言葉としてはもはや古臭い表現となり年号の移り変わりによって与えられる称号も変化していく。

  • 令和改良最新版
  • 2021 最新版
  • 2021 新開発版
  • 2021 業界新開発版
  • 2021 革新モデル
  • 〇〇賞受賞
  • 〇〇賞金賞
この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]