令和納豆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事には極めて大量かつ高濃度なが含まれており、読むことで強烈な不快感に襲われる場合があります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「令和納豆」の項目を執筆しています。

令和納豆2019年(令和元年)、7月10日(納豆の日)に開店した慈善事業を目的とした納豆ご飯専門店だが、様々な悪意を持った人たちに荒らされ閉店した店である。

概要[編集]

納豆で世の中の食うものに困る人たちを救おう、最終的な目標の1つとしてアフリカの人たちを納豆で救おう[1]と、『納豆ご飯セット一生涯無料パスポート』を1万円で開店前に売り出したところ、1200人以上の人が購入した。だが、それがどういう結果をもたらすのか先行きの見通しができていなかったのである。

その後人災・天災様々なことに苦しめられ閉店した。

店内の様子[編集]

とにかく『納豆ご飯セット一生涯無料パスポート』を使う乞食どもが多いせいで治安が非常に悪い。盗撮をされたり警察を呼ばざるを得ない事態になるなど非常に危険である。当時流行っている病への対策のためのついたての設置や非接触型体温計による体温計測がまともに行えないほどの治安の悪さであった。このため迷惑客である乞食どもを追い出すことを決意する。

まず最初に行ったのはアンケートを書かせるという文字が読めない乞食を追い出す施策であった。アンケートの内容に適当に答えると「『納豆ご飯セット一生涯無料パスポート』の返却に同意していただけますか?」というような質問項目に「はい」をつけかねないというトラップがあるといわれており、これによって何人かのパスポートが没収された。しかしこれが乞食たちを怒らせることになり、治安の悪化が一層激しくなった。最終的には24時間の監視カメラによる監視体制を敷くことになり、その他にも店内撮影や録音を禁止したりもしている。

バイトテロ[編集]

令和納豆は人材の低質さにも悩まされた。クラウドファンディング立ち上げ前の開店準備中から開店直後にかけて社長の方針に対して異を唱える者たちが絶えなかった。このままでは業務に支障が出ると感じた社長はその者たちを解雇していった。

しかし残った人材もまた低質で、バイトテロにも悩まされた。特に大きな事件は納豆塩効能表記事件と納豆賞味期限偽装事件である。

納豆塩効能表記事件は通販で販売している納豆塩に薬機法に抵触する効能書きを行うというとんでもないことをされたという事件である。

納豆賞味期限偽装事件は通販で販売している納豆の賞味期限を書き換えたというとんでもないことをされたという事件であるが、そこから通販で販売してはいけないとの条件付きで仕入れた納豆をバイトが勝手に販売したことが判明する。この事件により令和納豆は取引先との取引を拒絶される事態となり、納豆の仕入れルートを一時的に喪失することになった。

なお、この時のバイトの人々は日頃の乞食どもとの応対によるストレス記憶喪失に陥っていた。

乞食どもの非道な手口[編集]

  • 乞食がうっかり置いて行った『納豆ご飯セット一生涯無料パスポート』を返せ!と裁判を起こされた。
裁判費用が馬鹿にならないので乞食の言い分を裁判の場では認めたが、事実は本当にうっかり置いて行っただけだと主張している。
  • メルカリに勝手に名前を使われ出店される。しかも禁止されている食品類を販売しようとしてしまう。
  • 勝手に人材募集広告サイトに載せられた。
  • パスを没収された!などという嘘をつく輩も出てくる。
  • 社長のところに脅迫の手紙・サバイバルナイフ・生命保険のパンフレットなどを送り付ける。
  • ホームページにサイバー攻撃をしたり、メールに1日当たり1500件以上の迷惑メールを送り付ける。
  • 乞食どものひどい仕打ちを受けているのを見世物のようにYouTuberどもが飯のネタにして、さらなる信用棄損に苦しめられる。その中に弁護士もいる。
  • 閉店を決めた直後、店舗を勝手に賃貸募集広告サイトに載せられた。

そして閉店[編集]

乞食どもとバイトテロによる人災、流行り病による天災で、店の収支は終始火の車であった。このため社長が所有していた関連会社を売却して何とか運転資金を捻出していた。そして社長は「私は決して悪くない!悪いのは乞食どもだ!」と自社のYoutubeチャンネルで訴えていた。 だが、その資金も底をついたのか信用の回復が不可能だったのか何が原因かは不明だが、2021年7月3日、閉店することを発表し、同月10日に閉店する。お知らせは三行半というあまりにもわかりやすい文章で、2年という短い期間の営業を締めくくった。

教訓[編集]

貧乏人を相手にしちゃいけない。そんなことをすれば客の民度が低くなり、店は荒れるし疲弊する。この惨状を見た新規客は定着しない。いくら「客が悪い!」と嘆こうが初期構想が大失敗なのだから潰れるしかないのだ。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこの令和納豆は!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)