仮面ライダーオーズ/仮面ライダー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
 <仮面ライダーオーズ

「今更数えきれるか!!」
オーズのフォーム について、大道 克己


このページでは仮面ライダーオーズ/OOOに登場する仮面ライダー・フォーム・その他について解説する。

仮面ライダーオーズ[編集]

火野映司が3枚のメダルを使って変身する。あくまでも、一人で変身する。平成ライダーではとても珍しい肉体変化型の変身であり、要するにあれは生身の身体な為言うなれば全裸で戦っているわけである。ちなみに、肉体変化型変身はアギト系(Gシリーズ除く)やくらいしかない。…タケル殿?あれ死んでるし。

同じ種属のメダルで変身すると「コンボ」が成立し、富士サファリパークの人が歌を歌ってくれるが、映司自身、「何?このださい歌?」と言っている。何故かタトバでもコンボが成立するのだが、他は「亜種」のため歌ってくれない。やたら、強くてハダカで強い奴を意識している。

グリード一体に付きメダルは3種類。6×6×6で216フォームになるのではと懸念される。そうなると、この記事も粛清されてしまうかもしれない。パーツ交換形式だとしても3×コンボ+1(普通のタカヘッド)は結構金がかかりそうである。その後色々あってメダルが更に増えた結果、亜種だけで10×10×10の1000フォームに達している可能性が出てきている。

OOOでオーズと呼ぶ。非常にややこしいが、誤って000と表記するとΩの顔に、0M0と表記すると橘さんになってしまうので注意が必要である。Pによると「ゼロだとゼロノスやウルトラマンゼロと被るから」だそうな。

なお、某掲示板の優秀な解析班によりほぼ全てのコンボ名が日の下にさらされてしまった。前作と違って、亜種の方が「使いやすい」といわれる。 新コンボの画像も過去シリーズと同じく大方が登場前にお披露目になってしまっている。 しかも、オーズドライバーに音声が入っていないコンボが出たりする。

コンボ[編集]

タカトラバッタ! ! のフォーム。
基本形態。「外バ」とも表記されるが、死者の戒名が書かれた木の板とは関係ない。変身音が「伯方の塩」に似ているが、原因は不明。標準フォームでありながら信じられないほど不遇である。詳細は各形態の項を参照。もっとも、強いコンボほど肉体への負担がかかるため、一番オーズの体に優しい、という意味では重要なコンボ。要は毒にも薬にもならない不遇コンボ。でもそれは亜種と変わらないんj(ry
3話にて初めてタトバキックを放つがカザリによって防がれる。
17話にて初めてタトバキックを決めたものの、直後にバースの必殺技が命中して敵を撃破したため、ケチがつく結果となった。
最終話でウヴァさんをボコボコにするもやっぱりタトバキックは不発。ここまで貫き通せば立派なものだ。
しかし、MOVIE大戦MEGAMAXにおいて遂にタトバキックで敵を撃破してしまった(戦闘員だが)。やると決めたら最後までやりぬけよ・・・。
だが、MEGAMAXの件でクレームが入ったのか、平成ライダーVS昭和ライダーにてライダーマンに対しタトバキックを発動するが、ロープアームを体に巻かれ、不発という結果に。やり抜くことにしたようだ。
グランドジオウによって召喚された際も、結局アナザー電王にトドメを刺すことが出来ずガタキリバに見せ場を奪われた。と言うかカザリが投げた柱まで召喚したせいで、威力が激減したのではないだろうか。
基本形態のため登場回数は最も多いが、実際に目立った戦果を上げたのは偶然ガメルのコアを、偶然3枚同時に、偶然3種類同時に取ってしまったくらいしかない。(活躍の多くはメダジャリバーを使ったものであるが、これはの戦果というよりもオーズ、或いは鴻上ファウンデーションの戦果と言った方が適切なのは言うまでもない。)
Wのジョーカーメモリのようにスタートフォームかと思われていたが、別にそんなことはなかったため、ますます扱いが悪くなることが予想される結果となった。
挙げ句の果てには主題歌のPVではタカキリに活躍を奪われるという駄目っぷり。
24話でついに本気を出し、パワーアップしたカザリから自力でメダルを奪う活躍を見せたが、敵の大型ヤミーの誤爆まで利用したのにも拘わらず、たった一枚しかメダルを奪還できなかったし、展開としては所詮シャの前座だった。
この調子で不遇な扱いが続くと、村上社長が「それ以下」の評価を下すことになるかもしれない。というか、もはや基本形態と呼べるのかも怪しくなってきた。
ちなみに、コンボではないがED曲がある。だがしかしそれはこのコンボの不遇さを歌ったのではなく、他のEDはそのコンボを意識しているが完璧に火野映司のキャラソンである。敢えて言うなら「俺は弱い」のフレーズは合っている。
レッツゴー仮面ライダーにて、能力をすべて活用し、ブラック将軍を倒した。珍しい…。
アンクとの決別によりタカがなくなったので今後の扱いが…いや、これ以上恥を曝さずに済むからいいのか? だが、後にタカをアンクから取り戻し、紫のメダルの暴走のせいで変身させられるが、眼の色が紫に。こっちの方がかっこいいし、強そうだが、もはや正義の味方では無く、悪のラスボスにしか見えない。クライマックスヒーローズに隠しフォームとして登場するが超必殺技は単に目の色を変えただけ、手抜き。
何でこんなのが標準フォーム、コンボなのか?初代オーズがグリードから外れた余りのコアで最初に変身したからだそうだ。即ち残り物
どうでもいいことだが、ファイナルフォームライドでどうなるのかすごく気になる。Wが二人になったことを考えると…三等分??
最近、動物だらけの集団にサイメダルとワニメダルが奪われ、あげくオオカミメダルまで開発されてオーズの縦バージョンである大沢コンボが登場したけど、絶対にパクってる。
ジャドル
タカ!クジャク!コンドル! タ〜ジャ〜ドル〜!のフォーム。
鳥類系統のコンボかつ中間パワーアップ形態。コンボ特有能力としてアイダートが使用可能に。空中殺法を操る仮面の戦士だが、断じてルチャドールではない。
何故か顔がいつもと違う。変身の歌もやたら神々しい。必殺技はウェイクアップフィーバァァァァァア!!!とでも叫びそうな感じである。タジャスピナーという武器兼メダルケースを持つ。それはクジャク系フォームでも使えるものの、飛べるのはこの状態だけらしい。
アギトのバーニングフォームを思わせる強烈な赤。クリアバイザーが非常に格好良いが、ソフビの顔は真っ赤な手抜きとなってしまっている。赤いマスクに赤い複眼だと無理あるよなぁ。この時の鷹ヘッドはアポロガイストに似ているような気が(ry
一応中間パワーアップフォームにも関わらず、同じ鳥系統のオウムヤミーに何故か手も足も出ないなどデメリットに見合わないボコボコっぷりが目立ち、今後の活躍が危うい。
というか、31話で紫のあん畜生が取り憑いた時の歪みで、ドライバーからコアメダルがポロリしてしまった時のイザコザに便乗したウヴァがコンドルを1枚ウヴァって行き、そのウヴァもロストアンクにウヴァい返されているので、ロストアンクをボコれるようになるまでは、当分このコンボは無理である。しかもアンクが鳥系のコア全てを持って行ってしまったので本編での活躍が危うかったが、最終決戦ではアンクコアを含んだ3枚で変身。紫のメダル7枚を使ったギガスキャンでドクターを撃破、中間形態がラスボスを倒すという珍しい快挙を成し遂げた。
ティラ
プテラ!トリケラ!ティラノ! ティラーノザウルース!のフォーム。
紫のメダルのコンボ形態。系統は絶滅動物。そのためか「氷」と「無」の能力を持つ。通称アイス映司。ただし覇気がなくても攻撃はあたる。とても主役には見えない。むしろラスボスの風格すら漂う。
頭部の配色がどう見ても、サソードライダーフォーム(紫ベースに緑の複眼)。ただし、複眼の色はこちらの方が明るめ。だからどうしたと言われればそれまでだがやはり出た、平成ライダーの紫フォーム。タイタン@クウガ、王蛇@龍騎、サソード@カブト、ガン@電王、ドッガ@キバ、T2ジョーカー、スカル@W然りである。本当、平成ライダーって、紫使うの好きだよな…。
今度こそ専用強化武器がある。と思ったがまたしてもそんなことはなかったぜ!!
組み合わせがまんま、同じ恐竜モチーフの戦隊の主役ロボであるが、そこは気にしないアバ・アバ・アバ・アバ・アバレンジャ~♪他のメダルと違ってコンボ専用。だからスーツの色も黒から銀白に変わってるぞ!3メダル使用に関わらず組み替え不可の為、もはやオーズの特色を完全に殺してしまってる感もあるが、何でもいいんだよ!
初陣で案の定暴走し、一作品前のモノクロフォームの如く見境なく暴れまわった挙句、久々に目立った比奈の説得で正気に戻った。34話でも映司とアンクで、「信じていたよ…僕を見つけてくれると」的展開になっていた。
グリードをなかったことにするというチート特殊能力をもっているので世界の破壊者の如く後半やりたい放題。ただしラスボスは「7枚そろったからせっかくだし7枚コアギガスキャンの実験台にしよう!」とタジャドルに役目を奪われた挙げ句、コアも全て砕けてしまったためMOVIE大戦MEGAMAXに出られなかったが、MOVIE大戦アルティメイタムでは(ディレクターズカット版のみだが)登場した。よかった、ホントによかったよ…。
ガタキリ
クワガタ!カマキリ!バッタ! ガ〜タッガタガタキリガタキリ!のフォーム。
昆虫系統のコンボ形態で初の同色コンボ。顔がどこぞの戦いの神(笑)に酷似している。ウヴァに続き、作画をさぼったのか。ジャンプ力はエンペラーフォームの180mを遥かに上回る驚異の200m。まさに行き止まりなら空へ跳べばいい。スペック厨歓喜である。
コンボ特性は多重影分身の術。その数トリックベント橘さんも驚愕の50人。通称一人ライダー大戦及びGKB48。一糸乱れぬ集団戦闘で空間を埋め尽くし、数の暴力という昆虫の真髄を見せ付ける。必殺技は50人による一人オールライダーキック。チートにも程があるだろ…。しかし、世の中そんなに甘くなく、使用後は50人分の疲労が押し寄せグロッキー状態になってしまう。
映画でヤミーを撃破したり巨大グリードを倒したりと、随所できちんと活躍しており段々と弱いところを見せているほかのコンボよりも見せ場が多い。しかし敵諸共製作スタッフの体力・お財布も蹂躙していく(馬鹿みたいに増えるのでコストパフォーマンスが極端に悪いby里中クン@ネットムービー)ため、コンボは危険だ、とか言われたりバッタ以外のメダルの往き来が激しい展開で露骨な出番自重となり、ウヴァ死亡後、彼のメダルを回収したカザリ達からも先に奪われていたバッタしか入手できなかったので、結局バース登場回からは絶滅タイムだ!しかしこれまでのクワガタライダー達の微妙っぷりを覆す程度の働きはした(その微妙分はメダルの持ち主の方に幅寄せが来ているが)。
誰かが言った…「初登場回のサブタイ”最強コンボ”って、どう考えても買被りじゃね?まぁ時期が時期だししゃーねえか」→別の誰かが言った…"召喚されたガタキリバトークン×6に金ピカコンボカードをチューニング!祭りは終わらない…ハッピーバースデイ!シンクロ召喚!仮面ライダーオーズ・コンボオールスターズ!"じゃね?」…次の劇場版の誕生だよ!!!(タマシーコンボなど無かった)
上記のとおり随所できちんと活躍し、夏の劇場版では重要な役目を担っているのだが、コストパフォーマンスの悪さによって本編2回、劇場3回の出番に終わった。分身が魅力だけど分身したら出られないというジレンマを抱えた最強コンボでした。まぁ、ウヴァさんコンボだし…。
トラーター
ライオン!トラ!チーター! ルゥゥラッラッターラットラーッター!のフォーム。
猫科系統のコンボ形態。名前は似ているがミノカサゴとハチのコンボではない。胸の顔はカザリだぁ!配色はまんまコーカサスである。
コンボ特有の能力は強力な熱線もといグラビーム。正直、このコンボでもトラはあまり活躍していない。必殺技を出す時、思い出したかのようにトラクローを展開するぐらいのものである。
走力はMD発動時のアクセルトライアルの100m0.27秒よりさらに早い100m0.222秒。スペック厨大歓声である。クロックアップしないと勝てない。もっとも、トライアルが手も足も出なかったミックはそれ以上に速そうだが。
9話においてタカトラーターの苦戦を逆転した上にメズールのコアメダルを4枚も奪い活躍した。
当たり前のことだが、それ以下のは比較するに値しない。
10話でには扱えなかったトライドベンダーをいとも簡単に扱った。
もう一度言うが、それ以下のは比較するに値しない。
ゴーでの消耗があったとはいえ、に見せ場を奪われる大失態を演じてしまった。
カザリが大幅なパワーアップを遂げたこともあり、今後の活躍が危うい。
40話で戦線復帰、42話では民衆を氷漬けから助けたがすぐティラに出番を奪われた。
しかし45話でトライドベンダーとメダガブリューを駆使してメズール撃破という快挙を成し遂げる。
言わなくてもお気づきだろうがトラはまったく活躍していない。
コンボの中では光るだけと演出がショボイので最も低予算。コストパフォーマンスで出番を掴み取った。
ゴー
実は放送開始から17年も前に登場しているコンボ。
サイ!ゴリラ!ゾウ! サッゴーゾ・・・(ボソッ)サッゴーゾォウ!!!のフォーム。
重量系統のコンボ形態。
特殊能力が地震、地割れ、重力操作と既にチートじみている。しかし震災の影響で地震、地割れの使用は自粛した模様で、ただのタイマン向けフォームと化した。が、MOVIE大戦MEGAMAXでは順番に必殺技を使っていったところ、このフォームになってから過ちに気付いたが後の祭りで結局批判の声を振り切って地震と地割れをフル活用した必殺技を再び披露した。「戦闘員相手に震災を再現したお気持ちは?」「俺に質問をするな!!
重量級のコンボにも関わらず、ジャンプ力は並の重量系ライダーのそれをはるかに上回る。実に金の青を越える55m。
3対1で敵を圧倒するなどの作り出した不利な状況をあっという間に打破するなど別格の活躍を見せた。あんまり動かないとおもったら、後半での再登場では普通に接近戦をした。
やはり使用時の疲労度は半端ないが、慣れで失神する程では無くなってきているので、今後の切り札として用いることもできるであろう。
しかし、機動力が低いせいでコンボでありながらカザリにやられかけるなど噛ませ犬扱いが進行し、今後の活躍が危うい。
31話でウヴァからメダルを取り戻し、33話で戦線復帰。恐竜メダルを叩き落し、フクロウヤミーもフルボッコ。倒すには至らなかったものの実力は健在である模様。
またティラ以外で初めてメダガブリューを使用したりと見せ場が増え始めた。
しかし、カザリには相変わらず弱いようで袋叩きにされて後藤バースに見せ場を奪われるという醜態を晒してしまい、そのまま出番を終えた。
シャ
シャチ!ウナギ!タコ! シャッシャッシャシャッシャッシャ!のフォーム。
水棲生物系統のコンボ形態。別名ウオトラマン
9話で既にウナギタコのコアを手に入れていたのに、タコだけ11話でガメルからあっさり奪われる、というかアンクが落としてしまう、シャチはカザリが独り占め、と結局登場まで24話を費やした。
液状化という怒りの王子並のチート能力を持つ。
必殺キックはウナギウィップを敵に巻き付け、回転鋸になるタコ足腰ミノをドリル状にして突っ込む逆バンジー。
? そんなフォーム知りません。
ヘルメットの形がどっからどう見てもアクセルトライアルにしか見えない、いつか水中限定で超高速移動なんて真似をしそうである。
一度出てからしつこく何回もこのコンボを使うようになった。ヤミーの撃破率も上々。
今のところ苦戦は無いが最強コンボが登場した上、34話でカザリにウナギを奪われ、翌週取り戻したと思ったら今度はウヴァにタコをウヴァわれたため今後の活躍が危うい。
38話では遂に元のコアの持ち主であるメズールから奪ってすべて揃えたが、練習で変身して無駄に体力消耗させて出番を終えた。
専用エンディング?歌は気にするなって言ったろ?・・・と思ってたらMOVIE大戦MEGAMAXでやっと流してもらえた。よかった、ホントによかったよ。。。
しかしそのMEGAMAXでは「水中用フォームなのに水中で苦戦し、岸に打ち上げられる」という醜態を晒してしまった。
タマシー
タカ!イマジン!ショッカー!ターマーシータマシー!シー!ライダァ〜ッ!!!シー!のフォーム。 
劇場版「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」限定のコンボ。
超強力らしい。にしても何でもありだな…。
モモタロスからえぐり出したなにかとコンドルっぽいなにかとタカで変身する。
破壊力1000tの魂ボンバーが必殺技。
ブラワニ
コブラ!カメ!ワニ! ・・・ブラカァー!のフォーム。
爬虫類系統で夏の映画限定のコンボ。インド人もビックリなデザイン。
ティラコンボより後に登場するがスペックは劣るので最強フォームではない。しかも空気、というかハッキリ言って別に出す必要無かった気がする。一応過剰回復能力があるので、ガタキリバで分身から全員コアメダル変更、コンボオールスターズ!錬金戦隊オーズレンジャー!!というアホみたいな戦い方しても疲労感ゼロ。
ヨーロッパ製ベルトと日本の将軍からもらったメダルで変身したのにインドっぽいとはこれいかに。
コラワニじゃなかった。だからどうってワケじゃないけどさ。
必殺技はスライディング…パンフレットに撮影の様子が載っているがどうみてもやられてるようにしか見えない。
スーパー
スーパースーパースーパー! スーパータカ!スーパートラ!スーパーバッタ! ス・ー・パー! ! スーパー!!!のフォーム。
MOVIE大戦MEGAMAX限定のコンボ。歌がスーパースーパーうるさい。もうスーパーがゲシュタルト崩壊している。
未来のメダルでの変身であり、それを理由に敵の時を止める能力を相殺したりなんかもう滅茶苦茶。
全身がよりダサくパワーアップされた外見になっている。要するに上位互換。顔はまんまタカヘッドブレイブ
まあ、555ブラスターフォームみたいなものと思えば・・・。
がボコられてきたときに颯爽と変身し状況を覆したうえ、初めて放ったスーパータトバキックを見事に成功させた
いかにが不要なフォームかが証明された。もう今後の映画でが出ることはないと思われる。メダルが映司の手元に残っているのがその証拠だ!!
だがトラは相変わらずブレーキ要員。かわいそうに…。たぶん次の映画ではスーパータジャドルやスーパーラトラーター、スーパーガタキリバが出るかもしれない。そして1000人ぐらいになるであろう。
恋愛
ラブ!ラブ!ラブ!のフォーム。
24話で映司の妄想の中で登場したコンボ。全身各所にハートマークがあしらわれており、どことなく30分後風。
見た目はアクマ族の裏切り者が転生した姿に酷似しているが、関係はないと思う。多分。
何気にスーツの黒色部分がティラと同じように、白く変色している。本来存在しないはずだった存在、という意味では通ずるものがあるが……。
アンク曰く「馬鹿か」。
ジョゴル

メダルは映司が阿部さんのケツからえぐりとったマラメダルと、どこにでもいる普通の腐女子からアーン♥♥をして奪い取った腐女子メダルと、モンゴルから来た某氏をアレすることによって奪い取ったチョメチョメによってできたモンゴルメダルによって変身する、本編や劇場版では出なかった最強のフォーム。なぜマラメダルがケツから出てくるのかというのは考えるな、感じろ。名前がタジャドルと似ているが、性質は全く違う。頭部がチョメチョメのような形になっており、破壊光線を発射することができる。厚さ2mmの鉄板を貫くが、それどころではない。ダイヤモンドを砕いてしまう。下半身については、ケツがかなり硬く東京スカイツリーから落ちても衝撃にもどこ吹く風だ。多分阿部さんのマラも通らないほど、ピラミッドのように壮大。オナラで屑ヤミーを殺すことができる。必殺技は「穴THEアッー♂ワールドブロークン」というオーズにしては長い必殺技名で、とてもダサい技だが、頭部のチョメチョメを相手のケツに突き刺し破壊光線を発射するという恐るべき技である。破壊力は検閲により削除。透明化能力を持っており、実はだぐば王子を殺し、ホモの美青年を背後から襲って絶叫させた経歴があり、クウガが雪山で王子を殺したかのように思えたのは実はこのフォームが透明化して背後から忍び寄り、必殺技をケツに喰らわせて神経断裂させて殺したもので、クウガが倒したように見えるのは脳内変換による幻である。闇の力の方については、倒された水のエルを体内に取り込んだ時叫んだのは、実は背後から同じ手順でやられたために思わず叫んでしまったのである。

コンプリート版[編集]

いわゆる大人の玩具であるコンプリートセットで5つもコンボが追加された。またメダルの奪い合いが・・・(メダル自体は映画とかでちょっと出てる)
ビカソ
エビ!カニ!サソリ!ビーカーソー!ビーカーソー!
出る出る言われてた節足動物コンボ。色も付いた。
シガゼシ
シカ!ガゼル!ウシ!シーガーゼシー!シーガゼシー!シーガーゼシー!
角のある動物コンボ。足は配色的にも肉牛でもよかったんじゃねーか?
ムカチリ
ムカデ!ハチ!アリ!ムカチリー!チリッチリッ!ムカチリー!チリッチリッ!
毒虫コンボ。ザビーゼクターが付いている。
セイシロギン
セイウチ!シロクマ!ペンギン!セイ!シロギンー!セイ!シロギンー!
氷の陸地コンボ。ツインテが絶妙にかわいくない。
サラミウオ
サメ!クジラ!オオカミウオ!サーラーミーウオー!サ!ラ!ミーウオー!
ポセイドン使い回しコンボ。技のシャウタ、力のサラミウオというところだろう。

亜種形態[編集]

登場済み[編集]

前作のガイアメモリがバカ売れだったのをいいことに今回もバリエーションの多さでソフビを売って儲けようという魂胆が見え見えである。
タカキリ
タカ!カマキリ!バッタ!のフォーム。第一話から基本フォームのの出番をウヴァいとる優秀さを見せる。
「相手がカマキリなら!」とばかりに出たフォーム。必殺技が、「大切断」に見えて仕方ない。
8話においてバイソンヤミーにやられかけ、見せ場をキリに奪われるが、当然よりはマシである。
運命のガイアメモリにも先駆け登場し「嫌いじゃないわ!」と告ってきた相手を切り刻んで殺した。
前述の通り、主題歌のPVではコアメダルを奪いに来たウヴァさんを見事撃退している。ウヴァさんごときに苦戦しているは、比べる価値もない。
タカトラーター
タカ!トラ!チーター!のフォーム。
カマキリのメダルをカザリとトレードして手に入れたチーターのコアメダルを使った形態。スピードを生かした攻めと王蛇のベノクラッシュの様な高速連続蹴りで相手を翻弄する。
初登場では微妙な活躍であったが、ウヴァさんからコアメダルを奪い取る活躍をしたことで、より強力である。
9話において、メズールとガメルにやられかけ、見せ場をトラーターに奪われるが、そちらはコンボ形態であったため派生フォームごときに見せ場を奪われたよりはマシであった。
トラ
ライオン!トラ!バッタ!のフォーム。
後藤さんが持ってきたケーキのなかにあったライオンのコアメダルを使った形態。鬣でフサフサのハゲ頭が光り太陽拳が使える。
が作り上げた不利な状況を一気に逆転したため、またもやの肩身が狭くなってしまった。
43話でアンクにタカを奪われたのでの代わりに再登場。
続く44話でも基本フォームとして使用される。もはやの存在意義は歌しかない。
キリ
ライオン!カマキリ!バッタ!のフォーム。
バイソンヤミー戦でタカキリで不利になったところ、ライオンのコアメダルを使って変身した形態。頭が光るため、タカキリより扱いがいい。
勿論それ以下のなど最初から眼中に無い。
タカキリーター
タカ!カマキリ!チーター!のフォーム。
アゲハヤミーに対抗するため、変身したフォーム。
手足ともにとは縁がなく、使いやすいカマキリと映司の好きなチーターなので言わばいいとこ取りフォームである。なんとタカの目を使い、ロックオンすることができる。
必殺技を決めればモスラを倒せる(はず)だったが、5103のバズーカの誤射のせいで台無しに。その後5103は会長に叱られ謹慎になりましたとさ,,,,
飛行できない程度でアゲハヤミーを一度逃がしたとは雲泥の差である。
他のフォームは全部ガンバライドにカードとして出てるのにこれだけ出なかった。あんな活躍したのに…?何ならと交換でも…。
ガタトラ
クワガタ!トラ!バッタ!のフォーム。
雑魚戦闘員的扱いながらも物理戦に意外に打たれ強い屑ヤミーに対抗するためにいきなり変身させられ、映司を驚愕させた。
頭から雷撃を発生させるが、髪型がソバージュ化するという難点がある。まあ電気ウナギだって感電しながら放電してるしね。
微妙な扱いではあるが、屑ヤミー掃討の素早さにおいては他の追随を許さずの積み重ねてきた敗北の歴史よりは確実にマシだろう。
ウヴァさんのメインコアなせいかこのフォームでメダルを奪われることが非常に多い。
しかし、このフォームで奪われたメダルはすぐに取り戻せる。ウヴァわれ、ウヴァい返すフォームである。
トラ
ライオン!トラ!ゾウ!のフォーム。
カザリ戦でガメル、リクガメヤミーが乱入した為、機動力の低いゴーからとりあえず手元に残ってるこれに交換、変身したが、次のカットですぐゾウメダルとトレードする形でチーターメダルを取り返したのでわずかな出番となってしまった。不遇。
上の理由のために、公式にも載らない。さらに不遇。(後にいつの間にか、こっそりと追加されている)
不遇な扱いをされ続けている、並に不遇なフォーム。
ガンバライド003弾で参戦決定。こんな一瞬しか出てないフォームを出す必要があるのだろうか?
タカゴリ
タカ!ゴリラ!バッタ!のフォーム。
冬の映画では鎧武者怪人に対抗するために登場。の比じゃない攻撃力で撃破に至らずも撤退させる活躍を見せた。
本編ではトラが全く歯が立たなかったカブトヤミーをボコボコにするが、相手がいきなり分離した為、2体相手とはいえ苦戦する。しかしガメルのメダルは複数戦に不向きなのでタイマンで苦戦するようなよりは強いだろう。
タカーター
タカ!ウナギ!チーター!のフォーム。
クワガタヤミーとウヴァの2体を足止めするために変身した。
リーチの長い鞭により、1対2の不利な状況にも関わらず一方的に攻撃をするという厨性能っぷりを見せ付けてくれた。
バースのセルバーストまでに時間を稼ぐというパシリ的なポジションとなってしまったが、ヤミー1体を相手にするのが精一杯のとは比べるまでもない。
キリーター
ライオン!カマキリ!チーター!のフォーム。
ライオンクラゲヤミーに対抗するために変身した。
タカトラバッタのいずれのメダルとも縁の無く、優秀なメダルで構成されているためタカキリーターより強力…と思いきや、合成ヤミーの登場回だったため苦戦を強いられてしまい、ジャドルの踏み台となった不遇形態。折角のライオンが…そもそも太陽拳を使えばクラゲぐらい何とかなった気もするが。
タカ
タカ!ウナギ!バッタ!のフォーム。
大量の屑ヤミーを一瞬で蹴散らしたが、前述のタカーターとは何ら差別化されていない。
そして、相変わらずは役に立たず。さらにのメダガブリューをウヴァうなど派生フォームの中でもかなり恵まれている。
それなりに使ってるのでガンバライドに参戦しろ。
タカジャ
タカ!クジャク!バッタ!のフォーム。
バッタヤミーにギガスキャンしようとしたが人間が間に入ってしまったせいで失敗した。
しかし、初登場後も何度か出番があり、37話ではヤミーに文字通り手も足も出なかったからチェンジ、一気に逆転しヤミーをブルジョワ直火焼きで圧倒した。よりはるかに強いことがうかがえる。
ガンバライド005弾で参戦決定。
タカトラドル
タカ!トラ!コンドル!のフォーム。
利益に走って空気を読めなかったアンクのせいでクワガタバッタメダルを奪われ、他の脚メダルが全滅したのでウヴァとバッタヤミーに対抗するため変身した。手にも足にも爪装備の切り裂き魔的な戦い方で二対一なのにかなり活躍した。のに、CMあけたら弱くなっていた。要はジャドルの前座なので仕方ないといえば仕方ない。
よりは役に立っているけど、今回一番悪いのはアンクなのでに罪はない。
タカゴリ
タカ!ゴリラ!タコ!のフォーム。
パワーアップしているカザリに苦戦した、いわゆる不遇形態。新登場のタコも踏みとどまる以外特に能力を出せずじまい。おそらくウヴァさん、カザリの両名がいたから彼らのメダルを外したセレクトだったのだろうが、どうにもならず結局ジャドルにチェンジ。なんで出したのやら…
まぁ、パワーアップしていない時のカザリに苦戦したは…どうでもいいか。
それなりに使ってるのでガンバライドに参戦しろ。
タカ
タカ!ウナギ!タコ!のフォーム。
オウムヤミー(赤)を生け捕りすべく使われたが火炎放射に対抗できずに結局逃げられてしまい、まったく役に立たなかった。踏ん張りを利かせるつもりだったタコはまたしても能力を出せずじまい。結局はシャの前座だった。
当然ではヤミーを倒すどころか捕獲など夢のまた夢であるが。
後にクロアゲハヤミー戦で再登場、飛び回るクロアゲハを引き摺り落とすが、セルを貯め込んだウヴァさんには通用せずジャドルにチェンジ。一応役割は果たしてるがやはり微妙。ちなみにアゲハヤミー戦で既に使い物にならなかったの出る幕はなかった。
シャ
シャチ!ウナギ!バッタ!のフォーム。
逃走用フォームとして用いられた。シャチの水鉄砲で目眩まし、バッタのジャンプで見事離脱成功。ウナギは特に使っていない。
戦闘とは言えないレベルの活躍だが、逃げることすらままならないより上である。
タカトラ
タカ!トラ!タコ!のフォーム。
タコ足で壁歩きというメダルの力を使ったが、それが何かの役に立ったわけでもなく、プテラノドンヤミー(♂)には手も足も出ず、あっさりと変身解除な不遇フォーム。35話で再びチャンスが与えられるかと思いきゃ渡す前にウヴァさんにタコメダルをパクられる始末。
まあだったらきっとそのままビルに突っ込んでただろうからまだマシか。
サイ!ウナギ!バッタ!のフォーム
呼称が一文字ずつのフォーム。刺突攻撃以外は目立った能力の無いせいで出番がなかったサイメダルが使用されており、しかも映司まで最初はアンクが適当に選んだと考え、どうせ何の役にも立たない不遇フォーム……かと思いきや
上空に逃げたフクロウヤミーをウナギの鞭で捕まえて、バッタの超跳躍でジャンプして、サイの頭突きで攻撃するという、属性もバラバラの亜種形態であるにも関わらず、コンボ並みに各メダルの特性を最大限に活かして戦ったなかなか優秀な形態。アンクのメダルソムリエとしての手腕の程を証明して見せた。
説明するまでもないとは思うが、同じく属性はバラバラだが連携が全く出来ないと比べてしまうのは、に対して非常に失礼だろう。
ジャ
サイ!クジャク!ゾウ!のフォーム。
タジャスピナーでヤミーを殴りつけた程度であっさりゴーに変えられてしまったが、だったらウヴァさんにバッタメダルを奪われて終わりだったであろうことは想像に難くない。さらに苦言を呈すると、アンクはタコメダルを渡そうとしていたが、あの状況でタコが何の役に立ったというのか。
シャジャーター
シャチ!クジャク!チーター!のフォーム。
チーターで距離を詰め、逃げたらシャチで敵の位置を掌握、そしてクジャクで遠距離攻撃、と各個でも状況に対応できてるが、正直他との連携があまり取れてない微妙なフォーム。ひさびさのチーターだったが敵に逃げられてしまい過去のような活躍が再び出来るか不安であるが、の微妙さに比べれば可愛いものである。
シャゴリーター
シャチ!ゴリラ!チーター!のフォーム。
シャチの水鉄砲で敵のガスバーナーを圧し流し、チーターで敵の出したビラビラを掻い潜りつつ距離を詰めるが、ゴリラで殴ってブッ飛ばした・・・ことが原因で逃走されて「あっ、待て!」とか言ってた微妙なフォーム。シャジャーターの中・近距離戦改良仕様といえるが、サイクロンメタルのように重量と機動力の兼ね合いに疑問が残る。ボコられて前述のビラビラに簀巻きにされていたとは比べるべくもないが。
シャトラーター
シャチ!トラ!チーター!のフォーム。
ライオン!ウナギ!バッタ!のフォーム。
ゴリーター
サイ!ゴリラ!チーター!のフォーム。
タカ
タカ!ウナギ!ゾウ!のフォーム。
ゴリ
ライオン!ゴリラ!タコ!のフォーム。
すべてお遊びファッションショーで変身した。オーダーメイドソフビの販促である。
何がしたいのかよく分からないフォームが多く投げやり感が漂うが気のせいであろう。
シャゴリ
シャチ!ゴリラ!タコ!のフォーム。
始めは不利だったがタコでハゲタカヤミーの吹き飛ばしに耐え、シャチの水属性を付加したゴリラのロケットパンチで久々の亜種フィニッシュを見せつけた。
属性の相性もあるが、少なくとも普通のロケットパンチしか撃てないタカゴリよりは優れていると思われる(一応タカにはロックオン機能があるが、それはソナー機能付きのシャチにもできる)。これはタカなどなくても困らないということを証明することとなった。
もちろんなら吹き飛ばされて5103に出番を取られていたし、それ以前に画面内に残れたかさえ疑わしい。
ガタトラーター
クワガタ!トラ!チーター!のフォーム。
ガラの生み出したナイト兵に対抗するために
①まず跳び蹴りで突撃
②次にガタトラの電撃で周りを一掃
③止めにガタトラーターで残りを瞬殺
といった流れで活躍...したんですけど
④何故かに戻ってメダジャリバーで頑張る
となったため何だか中途半端な感じに。の手際の悪さが目立つ結果となった。
タカトラ
タカ!トラ!ゾウ!のフォーム。
超バトルDVDのBADENDで登場。ゾウの鈍足が足を引っ張りヤミー二体にボコられる。しかし、重量系メダルは複数の敵が相手では不利であることは本編でも散々証明されており、これは明らかに選択ミスである。出した方が悪いのであって決してゾウが悪いのではない。ただし特に理由もなく毎回毎回苦戦しまくってるに関してはもはや弁解の余地はない。
ガタキリーター
クワガタ!カマキリ!チーター!のフォーム。
番組開始前のイベントで元気な姿を披露したが、本編では中盤以降クワガタカマキリの出番が皆無だったためお蔵入りとなった。
より強そうではある。
ガタトラドル
クワガタ!トラ!コンドル!のフォーム。のカラーをひっくり返したフォーム。
ポセイドンを追い詰めたが、追い討ちをかけるべく変身、クワガタの雷とコンドルの連撃でさらに追い詰める。しかし↓
ガタゴリーター
こっちのほうがもっと手っ取り早く片付けられるのでさっさと交代となった。チーターで距離を詰めゴリラでボコボコに。
やはりなど、いや、トラメダルなど不要であるという証明となった。

その他[編集]

タカパン
タカパンダバッタのフォーム。
テレビマガジン2月号の付録のパンダメダル等を使って変身した亜種形態。
腕はまんまトラクロー。手抜き。
ガンバライドの技を見ると、より強い事が分かる。ほとんど変わらないのに…。
ガンバライド006弾でメダルスキャンが終了するので、幻となった。
タカガル/タカトラガル
タカカンガルーバッタのフォーム。/タカトラカンガルーのフォーム。
てれびくんの付録のメダル。
応募者全員サービスで一回見たらそれっきりのビデオも売るらしい。
それは良いとしてパンダメダル二の舞にならないかが心配である。
というかなぜいきなりカンガルーなんだ?
パンダメダルと並んで幻となる予感がする…と思われていたがてれびくん増刊の映画ムック本にカードが付属することとなった。よかったよかった。
http://y2u.be/g0Eke8X1AIg
タカパンガル
タカ!パンダ!カンガルー!のフォーム。
テレビマガジンてれびくん最強のフュージョン!!
これができるのはコレクションの神のみであろう。
カンガルーの足と腕の両方に使える掟破りがなければできなかったであろう。
ガンバライドでは使えないがそれは気にするなそれについては↑のURLもチェックだ
動いている映像は無い神のみが見えるビジョン
俺にはビジョンが見える!そういうやつは気をつけろ
ブレイブ
玩具限定の形態。の頭がタカヘッドブレイブになっている。が10回逆立ちしてもこのコンボのかっこよさを超えることは無理だろう。
のスーツとジャドルのスーツを組み合わせれば再現できそうなので、てれびくんDVD辺りでの登場が期待される。
タカジャドル
同じく玩具限定の形態。かっこよかったジャドルの頭がの頭に変わるだけでこんなに雑魚っぽくなるなんて…
間違ってもてれびくんDVDには登場しないでほしい…
ジャドルの派生ではなく重武装とでも思って見ればよりよっぽどかっこいいし腹も立たないか。
トラティラ
頭がプテラ手がトラ足がティラノの玩具限定の派生フォーム。ティラノの派生フォームは不格好な物が多い。
タカトリ
頭がタカ手がトリケラ足がバッタの玩具限定の亜種形態。
ドル
こちらも玩具限定の亜種形態。音が面白いというだけでいろいろネタにされる。本編で登場することはないが「ネット版 仮面ライダーオーズ ALL STARS 21の主役とコアメダル」に登場したので多分公式。
甲殻類系コンボ

どこかの誰かが考えたコンボ。本編には一切登場しなかった。

我が名はCORE
サソリ・カニ・エビのコアの本当の力、それは仮面ライダーコアの召還である(ガンバライド限定)。
でも一緒に戦ってはくれない。むしろ言う事聴かずに場を引っ掻き回す。おまえはリザードンか。
パン
サイ!パンダ!ゾウ! (歌不明)のフォーム。
重量系統のコンボ形態②。パンダメダルがテレビマガジンオリジナルだった気がするのでテレビには登場しないと思う。シャチパンダヤミー(パンダちゃん)のパンダの部分はネコでも水棲生物でも虫でも恐竜でも古生物でもないことから重量であるということが分かる。つまりパンダメダルは重量(ガメルの?)であるということ。だからサイ パンダ ゾウでコンボが成立するので(はずなので)ある。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

アイテム[編集]

オーメダル[編集]

グリードの身体を作る「生物の力」を込めた神秘のメダル。色付きのコアメダルはオーズの変身に使用するグリードの核。
銀色の安っぽいセルメダルはグリードの細胞で、ヤミーを攻撃するとこぼしていく。オーズにバイクや武器の使用料として使われる。
子供達が後述のライドベンダーごっこをしないよう、サイズは500円玉より大きめの直径と厚さになっている。
ガンバライドの連携もあってか、現実世界では去年のガイアメモリ以上にメダルがバカ売れとなった。その売り場の様子は正にグリードのメダル争奪戦と言っても過言ではない。この現場を本物のグリードに利用されたら街一つ吹っ飛んでもおかしくないであろう。
タカメダル
赤いコアメダルで頭担当。このメダルを使ったフォームは名前の最初が「タカ」、コンボのときのみ「タ」になっている。特殊能力は超視力および精密照準だが、ライオンとシャチが上位互換となってる為基本的にあまり役に立たない。24話では経絡秘孔を見抜く血継限界よろしくカザリの体内から目当てのコアを見つけ出すという離れ業をやってのけた。まあ、じゃ戦えないと判断された上での行動なのでやっぱり不遇である。無くったってガメルのメダル一気に3枚取れたんだし。クライマックスヒーローオーズでの能力はジャリ剣、やっぱり役立たずである。
33話まで、唯一皆勤賞であった。
ジャドル時になぜか形状が大きく変わるが、説明はされていない。下に記すとおり単純にださいからかもしれない。
アンクと共に手元からなくなってしまうが映司は大して気にしなかった
クジャクメダル
朱色のコアメダルで腕担当。このメダルを使ったフォームは名前の真ん中が「ジャ」になっている。特殊能力はプリズムビッカー。冬の映画に先行登場し、15話からチラつき始める。タジャスピナーはこれが無いと使えないのでトラメダルの見せ場はもはやカザリの復活阻止以外に期待できない。いっそティラで叩き壊したら…
アンクが一人になったため今は使えない。
コンドルメダル
真紅のコアメダルで脚担当。このメダルを使ったフォームは名前の最後が「ドル」になっている。特殊能力はギルスヒールクロウ。冬の映画に(ry。と(ry。
新フォーム登場に伴いなんとなくウヴァにウヴァわれてしまった。しかし、35話でアンク(ロスト)に返却、ロスト死後もアンクが持って行ってしまったので最終回まで登場しなかった。
タカはレギュラー、クジャクは販促武器が付いてるため奪いとられる運命の元に生まれたメダル。本編ではコンボはともかく派生フォームでは一度だけ、それも他に脚用メダルがないからという適当な理由で使われたっきりのまま、映司に破壊されてしまった哀れなメダル。
クワガタメダル
青緑のコアメダルで頭担当。このメダルを使ったフォームは名前の最初が「ガタ」になっている。特殊能力は電撃だが、ウヴァにウヴァい返されてしばらくの間、空気であった、360°見渡せるらしいが未使用。能力を使用すると髪型が崩れるという難点があるものの雑魚散らしに便利で、勝率そのものが低いタカメダルよりかなり扱いがいい。
往き来が激しいメダルの一つで安定した出番は少ない。ただ一枚のクワガタメダルが…??
カマキリメダル
黄緑色のコアメダルで腕担当。このメダルを使ったフォームは名前の真ん中が「キリ」になっている。特殊能力は鋭い腕のカッター。映司曰く使いやすいため、トラメダルよりかなり扱いがいい。カザリに奪われても翌週にウヴァから新しいのをウヴァうなど、活躍機会に恵まれすぎている。
しかし15話でカザリにウヴァわれてしまったが、また翌週にあっさり取り返した。……と思いきや、第19話でまたもやカザリに奪われてしまった。
序盤で明らかに優遇されていたため、中盤以降とうとう戻ってこなかった
バッタメダル
緑色のコアメダルで脚担当。このメダルを使ったフォームは名前の最後が何があっても「バ」になっている。特殊能力はライダージャンプだが、そんなの仮面ライダーにあって当たり前のためやはり役立たずであるがの中では能力発揮の機会は多い。
22話で使用されていないため構成メダルのうちで初めて非皆勤賞となった。
なお、基本メダル3枚を使用したは奇跡的な不遇さである。
しかし奪われてもすぐに取り戻せるお手軽さを誇る。間に合わせ、といえばそうである。
ライオンメダル
オレンジ色のコアメダルで頭担当。このメダルを使ったフォームは名前の最初が「ラ」になっている。特殊能力は太陽拳。登場して早々メズールのコアを半分も剥ぎ取る活躍を見せタカメダルよりかなり扱いがいい、ギアスも防げそうな光量調整能力もあるが光を出す時以外使わない、ソナーもあるがシャチの役目になっている。
半年間無いことに映司は全く気づいてなかったが、その次の話でなんとなく取り戻した。
そんな経緯にも拘わらず映司のお気に入りメダルで、何かと使いたがる他、どのメダルに代えればいいか分からなくなったら取りあえず「ライオンがいいかな?」とか言ってみたり、タカが無いので代わりに使ってみたりしている。
トラメダル
黄色いコアメダルで腕担当。このメダルを使ったフォームは名前の真ん中が「トラ」、のときのみ「ト」になっている。特殊能力はデストクローだが、明らかにカマキリの方が斬りやすいためあまり使われていない、というかカマキリに限らず他の腕パーツが優秀なのばっかりなのでホントに立つ瀬がない。
映画でいきなり変えられたことから始まり、第1話から活躍をカマキリに持っていかれたり、ネコヤミーに全く歯が立たなかったり、PVでもカマキリにおいしいところを持っていかれたりなど、基本フォームのメダルの中では髄一の不遇さを誇っている。
大量にメダルをウヴァわれた15話で唯一残った腕担当だったが、16話でカマキリゴリラウナギの腕担当コアがゾロッと取り返され立場が危うくなり、もはや見せ場はチーターのブレーキくらいしかないのではと言われていた。が実はコア奪取頻度は多く、24話でついに本気になったゲムギルガンゴーグフォーと言わんばかりにカザリの肉体からシャチコアを摘出し、刃が一枚のカマキリには真似出来ないエグリ出す攻撃を見せつけ、鉤爪はメダルの奪取には便利であることが証明した。が、前回に続き今回もコンボを出す為の前座でしかなかった。よくいえば縁の下の力持ち、悪くいえば噛ませ。しかしいずれにしても標準フォームのやることではないぞ
29話・34話では出番が無くカザリに奪われ、アンクから取り返すもコンボにするためだけに使われたのみ、最終回での真のオーズの時ですらトラクローの出番は全くなかった。
チーターメダル
レモン色のコアメダルで脚担当。このメダルを使ったフォームは名前の最後が「ーター」になっている。特殊能力は高速移動。勝率が高く、バッタメダルよりかなり扱いがいい。しかし、に見せ場を奪われたため、立場が危うくなってしまった。オマケに14話でラスト1枚がカザリの元に戻ってしまった。
カザリにメダルを何枚も奪われた15話において、カザリから逆に奪うなど相変わらず扱いはいい。
しばらくはカザリの手元にあったが34話で取り戻す。久々の出番でも、そのクロックアップぶりは相変わらずである。
映司が好きなメダル。「アンク、チーターないの!?」
サイメダル
白いコアメダルで頭担当。このメダルを使ったフォームは名前の最初が「サ」になっている。特殊能力は石頭。ガメルからあっさり奪いとってコンボにのみ使用した。
しかし15話でカザリに奪われてしまうが、31話でウヴァからあっさりウヴァい返した。
特殊能力なしなせいでバカにされ続けてきたが、頭突きにはあのともちんを倒せる威力があり、ほぼゼロ距離のインファイト時にここ一番の勝負強さを見せる。上手く使えばヘビープレッシャーが出せるかもしれない。
ゴリラメダル
灰色のコアメダルで腕担当。このメダルを使ったフォームは名前の真ん中が「ゴリ」、コンボのときのみ「ゴー」になっている。特殊能力はロケットパンチ。ガメルからあっさり(ry。
ショートレンジ・ロングレンジ共に高い攻撃力を発揮するため、主力として用いられることが多い。
ゾウメダル
黒いコアメダルで脚担当。このメダルを使ったフォームは名前の最後が「ゾ」になっている。特殊能力はゾウ大魔王もビックリな震脚。ガ(ry。
派生に使われたもののカザリに奪われてしまうが、31話でウヴァからあっさり(ry。
亜種形態でも何度か登場しているのだが能力が使われたことがまったく無く、実力には疑問符がつく。
サゴーゾ系は特殊能力と言う名の力押しである。
シャチメダル
紺色のコアメダルで頭担当。このメダルを使ったフォームは名前の最初が「シャ」になっている。特殊能力は水鉄砲高性能ソナーの2つ、ソナーならライオンにもあるけどね。15話でチラッと映った。しかし24話にて相変わらずあっさり奪い取る。
亜種の扱いが微妙なメダルの1つ。
電気ウナギメダル
青いコアメダルで腕担当。このメダルを使ったフォームは名前の真ん中が「ウ」になっている。特殊能力は電撃クワガタメダルとモロカブリである。なんとジャドル構成メダルよりも先に使用された。時間稼ぎに使われたため不遇だが、グリード、ヤミーのタッグアタックというかなり不利な状況をメダルを奪われることなく見事に耐え抜いたのでフルボッコにされてたトラメダルより絶対格上である。しかもカザリに持って行かれたと思ったらウヴァわれたタコと入れ違いにまた奪還されるなど優遇されている。
タコメダル
水色のコアメダルで脚担当。このメダルを使ったフォームは名前の最後が「タ」になっている。特殊能力はタコ足。メズールからあっさり(ry
でもよく考えるとタコの色って青じゃなくて赤だった気がする[1]おや、誰か来たようだ
命名法則の文字がチーターメダルと被ってしまったがために、トラシャーターなど紛らわしい亜種が生まれる事になってしまった。
ガメルに返却後、しばらくして今度はウヴァからあっさりウヴァい取った。
コンボ時にはタコ足キック&ドリルキックの要でもある重要なポジションだが、派生ではなかなか能力が活かせずにいた。32話でようやく披露したが地味だった上にヤミーに手も足も出ず、タコ殴り。微妙な立ち位置である。
37話でアンクが投げ渡した際にウヴァに横取りされてしまった。ツキにも見放された模様。これによりバッタメダル以上の役立たず呼ばわりされるが、ハゲタカヤミー戦で頑張って名誉挽回、どうやら悪いのはアンクだったらしい。
プテラメダル
紫色のコアメダルで頭担当。このメダルを使ったフォームは名前の最初は「プ」になっている。特殊能力は冷凍怪獣ペギラ。でも本当はコンボにしか使用できない。
トリケラメダル
赤紫色のコアメダルで腕担当。このメダルを使ったフォームは名前の真ん中は「ト」になっている。特殊能力は吸金爆獣コッテンポッペ。でも本当はコンボにしか使用(ry
ティラノメダル
菫色のコアメダルで脚担当。このメダルを使ったフォームは名前の最後は「ティラ」になっている。特殊能力はEXゴモラ。でも本当はコンボにしか(ryっておい。上のプテラメダルトリケラメダルと一緒に映司の体に入っちゃったぞ。
コブラメダル
金色のコアメダルで頭担当。特殊能力は蛇召喚。本編ではメダルのみの登場。フォームの接頭語は「コラ」「ブラ」。結果、ブラジャーターブラパンティラなど色々アレな亜種が生まれてしまった。
カメメダル
山吹色のコアメダルで腕担当。特殊能力はガードベント本編ではメダルのみ(ry
ワニメダル
茶色のコアメダルで脚担当。特殊能力は噛みつきキック。本編ではメダル(ry
サソリメダル
悪の力を持った黒いコアメダル。仮面ライダーコアの覚醒にのみ使用。
カニメダル
闇そのもののような黒いコアメダル。仮面ライダーコアの覚醒に(ry
エビメダル
死を具現化したような黒いコアメダル。仮面ライダーコアの(ry
イマジンメダル
なんかモモタロスの体いじったら出てきた。一回使ったら消えた。いろいろとメチャクチャだが電王のノリにかかれば不可能などないのだ。
ショッカーメダル
ショッカー首領が作ったがセルメダルがなくて何の役にも立っていなかった。…いや、セルメダルの方が作るの簡単だろうによ…歴史が戻ったので消えた。
スーパータカメダル
スーパートラメダル
スーパーバッタメダル
未来のコアメダル。タカメダルトラメダルバッタメダルの上位互換。
サメメダル
クジラメダル
オオカミウオメダル
ジジィになった鴻上さんが作り上げたメダル。完全にメズールと同系統である。ほかにもいろいろ作ろうとしており、5103や映司に引かれていた。現代でも作れたようだが、「作れるが怪物になる」という事で我慢していたらしい。
ポセイドンの変身に使ったが、オーズは使わなかった。鴻上さんは欲望のパワーだけを利用すればいいとか(失敗が分かった後でも)自信満々に言ってたが、結局「戦いたい」という欲望が暴走してしまった。
パンダメダル
上記の雑誌の付録。このメダルを使ったフォームは名前の真ん中が「パン」になっている。他には特に説明はいらない。
カンガルーメダル
ライダーメダル
玩具限定のメダルで結構使えるようだ。様々な仮面ライダーのキャラクター達のメダルが存在し、ガンバライドでスキャンすることでゲーム中メダルのキャラクターを召喚し必殺技をうたせることができる。ほかにもDXオーズドライバーで遊ぶこともできるが平成主人公ライダーの音声は「クウガ!」や「龍騎!」と鳴るが昭和や脇役は「仮面ライダー!」「ライダーメダル!」「ダークライダー!」と手抜き。だがモモタロス、キンタロス等のイマジンのメダルは「イマジン!」と鳴り、そしてモモタロスのメダルが上記のイマジンメダルに非常によく似ているなど良かったり悪かったりのメダルである。

その他のツール[編集]

オーメダルケース
オーメダルを集めてると現実世界の人達もだんだん保管場所に困ってくるだろう、という開発者の欲望から生み出されたされたコインケース。24枚収納できる。
映画で先行登場、映司が所持していた。メダルの携帯は許可されていなかったはずだが。まぁ、パラレルなので関係はない。本編では助けてもらった比奈がアンクにプレゼントしている。友達に造らせた特注品らしいのだが、存在自体が4次元ポケットのアンクにはむしろ過剰包装でしかない。案の定19話でカザリの手下にパチられていた。またレッツゴー仮面ライダーでは、悪ガキにこのケース丸ごとスられてしまったお陰で大苦戦を強いられてしまった。
現実世界でも転売屋の間で争奪戦が繰り広げられている。
ライドベンダー
仮面ライダーオーズが乗る、スーパーバイク。オーズ達は毎回その場にあった物を使用しているので大量に存在する、のでかなりのマシンが破壊された。
街中に設置されている「清涼飲料水の自動販売機」にオーメダルを挿入する事でバイクモードに変形する。通称『自動販バイク』。また、自販機モードではカンドロイドを購入できる。タカだのタコだの飲みたくもないジュースが売っている自販機。さらには自分専用のジュースまであってそれを飲むとディノブレイクする。
ただし、現実世界の人間が購入したい場合は、自動販売機ではなくおもちゃ屋等のレジにて店員さんに千円札を数枚渡さないと手に入れる事ができない。
バイク形態では常にセルメダルを挿入し続けないとガス欠で止まるという、まるで遊園地に放置してある乗り物みたいなシステム。「私はメダルで動く」「遊園地とかに100円入れたら動く乗り物があるダロ?」「あれと同じ原理だ」。鴻上の罠です。
リモコン一つで変形ができなくなるという、簡素設計でもある。
カンドロイド
ライドベンダーから購入できるジュースの缶から変形する動物ロボ。グッドデザイン賞がもらえそうな気がする
タカカンドロイド
アカネタカに相当するカンドロイド。気になるあの子を尾行できるぞ。
タコカンドロイド
ルリオオカミに相当するカンドロイド。墨が吐けるし何故か飛べる。ライドベンダーの走行する道を作れるほど大量に存在する。
バッタカンドロイド
セイジガエルに相当するカンドロイド。通信および録画撮影機能があるが、変形機構が簡略化されてきている。ホッパーゼクターに酷似している。
トラカンドロイド
キアカシシに相当するカンドロイド。トラカンドロイドと言う名前ではあるが、実はライオンメダルのデータが元になっている。ライドベンダーと合体してトライドベンダーというトライゴウラムやビートゴウラムのパクリのようなスーパーバイクになる。カザリコンボが前提なので当分出番なさそう。・・・と、思いきや”オーズ・電王・オールライダー・レッツゴー仮面ライダー”で出番はあったもののやっていた事が戦闘員の相手をしていただけなのであんまり目覚ましいとは言えない。トラーターコンボが放出する余剰エネルギーを吸収する事で、マシンの出力アップ&コンボの付加軽減を可能とする省エネマシンであるが、トラーターコンボならこんなものに乗らずとも普通に走ったほうが速いし小回りも効く。番組の最後の資金を使ってメズール撃破の快挙を成し遂げる。
電気ウナギカンドロイド
ニビイロヘビに相当するカンドロイド。だがバッタ同様作り込みが微妙。3匹セットで敵を縛り上げ感電させる。蛇嫌いの映司にエンガチョと言わんばかりに摘ままれた上に、登場話なのに何匹かウヴァに瞬殺された不遇な奴。
ゴリラカンドロイド
シロネリオオザルに相当するカンドロイド。SEもほぼ使い回し。伊達のペット。それ以上でも以下でもない。
クジャクカンドロイド
アサギワシに相当するカンドロイド。タカほど速くないが近づく全てを切り刻みながら飛んで物を運べるので差別化には多分成功している。但し室内扇風機代わりに使ったら確実に血を見る
とか言ってたら本当に扇風機として使いやがった。もちろん5103に注意されたぞ。
プテラカンドロイド
ケシズミガラスに相当するカンドロイド。何故か超音波が出せるが、登場話でシャチパンダヤミーにガンガン破壊されたさらに不遇な奴。タカと使い道が大差ないのでこれからもかませになりまくりそうな空気である。 映司達はタカ、ドクターはプテラ、といった感じで使い分けられている。
トリケラカンドロイド
コガネオオカミに相当するカンドロイド(色だけはリョクオオザル)だが、ドクター真木や仲間達に置いてけぼりを食らった可哀相なカンドロイド。そのため、拾ってくれた伊達に全力で尽くす健気なヤツであるがいつしか忘れ去られた。
ソーダカンドロイド
ディケイドドッチジョーカービッグスリッパに相当するカンドロイド、もといジョークアイテム。ガンバライドで登場。巨大な缶から吹き出す大量のソーダで相手を押し流し文字通り「一泡吹かせる」フリフリ缶アワーという技が使える。津波を連想させる為、本編での登場はお蔵入りとなった。
メダジャリバー
通称ジャリ剣。後藤からオーズに「ある方からの誕生日プレセントだ(棒読み)」として、もらった大剣。柄付きセルメダル3枚を剣に入れてスキャニングして背景ごと斬る必殺技「オーズバッシュ」を発動する。戦いのたびにいつの間にか取り出してるがどこにしまってあるのかは不明。
専用武器のような扱いだが、別に派生フォームでも使用できる
オーズは腕パーツがそれぞれ武器を内蔵している為、登場の瞬間から余剰武器の感が否めなかった。しかしとある腕パーツよりは明確に使いやすい模様で、ジャリバー活躍回の腕パーツは決まって(例えコンボであっても)とある腕メダルである。とある腕パーツの名誉を守るために、どのメダルであるかはここでは伏せるが。
使用時の掛け声はセイヤァーッ!
バースやジャドルが登場してからは殆ど出番が無い。当然の出番も少なくなった。
タジャスピナー
通称プリズムビッカー。クジャクメダル使用時に現れる盾で左腕に装備する。ジャドル専用装備かと思っていたら別にクジャクの派生フォームでも使用できた
盾としてはもちろん、ロックバスターを撃ったり、シェルブリッたり、ジャドル時には平等院鳳凰堂極楽鳥の舞も可能。極めつけはメダルの力を集中させて放つ「ギガスキャン」。
使い勝手がいいためメダジャリバーからは恨まれている。
ある魔法少女の持つ盾と非常によく似ているがもちろん無関係。
メダガブリュー
いきなり地割れの中から取り出した斧とバズーカの合体兵器。別の恐竜戦隊ティラの項を参照)やカブトにも登場した、電王の原典から続く鉄板過ぎるデザインコンセプトである。
セルメダルを食べることで必殺技を放つ、通称ゴックン。初登場から非常によく喋り、シリアスな戦闘パートでいちいち「ごっくん!」とか「プットッティラーノヒッサーツ♪」とか、この串田ボイス、ノリノリである。…にしても名前と効果音はもう少しどうにかならなかったのだろうか…
ティラコンボ専用かと思ったら斧形態だけなら他のコンボ、いやコンボ以外にも亜形態でさえ使用できた。しかもティラよりゴーの方が似合っている気がする。
メダジャリバーからはさらに恨まれることとなった。
最終話でとんでもない量のセルメダルを使った一撃を見舞うも…ドクターは倒せず。セルメダルではどうあがいてもコアメダルを超えられない。

仮面ライダーバース[編集]

別名、ガシャポンライダー。石黒隊長(伊達明)が1枚のセルメダルを使って変身していたが、後に5103へ交代される。 冬の映画で先行登場。セルメダルでカプセイザーを召還し戦う。 人体に有害な可能性があるという、取ってつけたような設定があるため、無条件運用できるかは疑問。しかし伊達さんの不調はライダーシステムの欠陥ではなく変身者の抱える問題だった。将軍様と共演した映画では映司が普通に着用し、勝手にメダルを使いまくっていた。もう誰でも使える汎用システムでいいんじゃないだろうか。

バースバスター
バース用銃型召喚機……と見せかけてただの銃である。
名前が示す通りバース専用武装として開発されたが、弾倉一つ分(六枚)のセルメダルでバース・デイになれる事を考えると、コストパフォーマンスは著しく悪い。必殺技としてセルバーストを使用することも出来るが正直、ブレストキャノンの下位互換である。
以上の様にパッとしない武器ではあるが変身前でも使うことが出来る為、変身できない人の援護射撃に使わせるのが運用としては正解と思われる。
警視庁の試作品ほどではないが反動は強く、ライドベンダー隊隊長だった5103も使いこなすには長い訓練を必要とした。
里中さんはバースのサポーター任命を受けたその日から既に使いこなしていたような気がするが気にするな!
バースCLAWs
セルメダルでPONと出てくるバースのハイパーG(ガシャポン)ツール。設計思想はテツグンテデータウェポンを元にしている。
バースがどのようにして武装を選択しているかは謎。ランダムに出てくる武器を行き当たりばったり臨機応変に使っているのかもしれないし、運で必要な武装を引き当てているのかもしれない。
電磁石が仕込んである為、戦っていると凄い勢いでセルメダルが貼り付いてくるという特性を持つ。ドリルでヤミーを抉ろうもんなら、凄い勢いでメダルまみれになっていく。
因みに市販のDXバースドライバーは装備が出てくる順番が決まっている。絶対にダブらないというわけである
鴻上の懸念で実現はしなかったが、コアメダルを入れると対応した動物のツールが呼び出せる。その性能や強度は通常のツール比べ何十~百倍と高められてるが、困ったことにセルメダル同様そのまま消費してしまう。ただでさえメダルが消えるのを懸念していたのに、プトティラさんが暴れたお陰で台無しでもある。
ドリルアーム
ユニコーンドリルスピンベントに相当。
天元突破な漢の魂それ以外の何物でもない。出番は多いがそれだけに基本装備に留まってる感が強い。
クレーンアーム
バイパーウィップスイングベントに相当。
一攫千金な漢の野望それ以外の何物でもない。伸ばしたアームを振り回すことで中距離での格闘戦をカバーする他、メダルの横取り回収に役立つ
ブレストキャノン
ガトリングボアシュートベントに相当。※正式名「ブレストキィヤァノン」
大艦巨砲な漢の浪漫それ以外の何物でもない。複数枚のセルメダルを投入することでしめ撃ち溜め撃ちが可能。
バース・デイでもフィニッシュはこれ、ゴテゴテ付ける意味ないじゃんとか言ってはいけない。
キャタピラレッグ
レオサークルホイールベントに相当。
蹂躙制覇な漢道それ以外の何物でもない。
ショベルアーム
ブルホーン(左手ver.)・ストライクベントに相当。
工事戦士な漢の象徴それ以外の何物でもない。
CLAWs・サソリの前足なとこがシザースピンチみたい。…シザースカニだけど。
カッターウィング
フェニックスエールアクセルベントに相当。
正義武装な漢の信念それ以外の何物でもない。全然出番がないと思ったら無双コンボの要だった。空を飛んだりブーメランとしての使用が可能だったりするのだが、伊達さんが説明書を読んでいなかったため、これらの機能は後藤バース誕生まで日の目を見ることはなかった。
ドリルクレーンアーム
超獣王 輝刃ホールドベントに相当。
剛腕爆砕な漢の証それ以外の何物でもない。紛らわしい名前だが、要するにドリルが先にくっついたクレーンアームである。
バース・デイ
データウェポン決戦形態ファイナルベントに相当。
俺達参上な漢の本気それ以外の何物でもない。
予想通りというかホントにやりやがった全部装着形態。見た目のバランスがヒジョーに悪い。
中の人曰く「とても重たい」まぁあんなゴテゴテしてるのだから当然か。
CLAWs・サソリ
暁の大太刀アドベントに相当。バースの契約モンスター。
機獣世紀な漢の朋それ以外の何物でもないから名前は気にするな!
「ファイナルレスキュー承認!爆裂的に鎮圧せよ!!」と言い、セルメダルを大量に使うためこれを使うのは最終局面のみである。
プロトバース
騎士GEAR凰牙に相当。バースの試作品。バースが中壊した際に臨時で登場、その後リターンしてきた伊達さんの手に渡る。
見た目は殆ど同じだが、赤いラインが入ってたりセルバースト時に目が赤でなく緑に光るなどの微妙な違いがある。
クレーンアームとブレストキャノンしか使えないがスペックは同等。
14年前の戦隊の銀色の方とは違いタイムリミットはないようだ。
伊達さんと5103が揃うことでダブルバースとなる。それ以外の何でもない。
ポセイドンによりベルトを貫かれ大破、そのまま廃棄処分というあっけない最期を迎えた。

仮面ライダーポセイドン[編集]

MOVIE大戦MEGAMAXで登場する、湊ミハルが変身する悪の仮面ライダー。
サメ、クジラ、オオカミウオのメダルで変身する…ほかの二つはまだしもオオカミウオとはまたどマイナーな魚が出てきたなおい。
命名原則を豪快にブッチしている、掟破りにも程があるライダー。どこをどう弄ったら「ポセイドン」の五文字が出るんだ。
実はメダルタンクと化しており、とんでもない数のセル/コアメダルが収納されている。

仮面ライダーアクア[編集]

MOVIE大戦MEGAMAXで登場する、湊ミハルが変身する仮面ライダー。
コンセプトは「40年後の1号ライダー」だそうで、武器もフォームチェンジもないという最近のライダーを否定するような掟破りにも程があるライダー。
オーシャニックブレイクという水溜まりにスライディングしたような技を持つが、タジャドルがプロミネンスドロップを当てるための前座扱いだった。
10年後にも再登場し、目立った活躍をしないどころか、余計なことをやらかしまくった挙句、どう見ても手抜きとしか思えない死に方をした。また、パンツを見て気合を入れるという変態となっていた。一体何をしに来たんだ…

脚注[編集]

  1. ^ というか自然界でのタコは岩などに擬態しているので茶色だったり白だったりするし、それ以前に緑のクワガタもいないので気にしてはいけない

関連項目[編集]

Imajin u.jpg この項目『仮面ライダーオーズ/仮面ライダー』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目なんだ。だから、誰か加筆してくれる可愛い女の子を探してるよ。別に可愛くない女の子でも男の子でもいいんだけどね。 (Portal:スタブ)