仮面ライダーキバ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仮面ライダーキバ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「仮面ライダーキバ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「仮面ライダーキバ」の記事を執筆しています。

仮面ライダーキバとは、月曜日午後マイナス27時ごろに放送された特撮番組の皮をかぶった昼ドラペット育成物語である。

概要

最近、秘密結社BDは、仮面ライダー関連の商品の売り上げが伸び悩んでいることに頭を悩ませていた。そこで秘密結社BDは、「いっそのこと変身アイテムを喋らせてはどうか」という考えに至った。犬や猫や青狸が喋るのでは面白くない。カブトムシタカが喋るのはすでにハイパーバトルビデオなどでやっている。というわけで、コウモリを喋らせることにしたのだ。
ゴオマ?ナイト?誰だそいつらコウモリは今まで喋ったことがなく、また、サイズも手ごろで、子供たちの興味を引く動物ということで、変身アイテムにはピッタリである。さらにCVを杉田智和にして親近感を持たせることで、ペットとしてのコウモリは完成した。
残念ながら変身アイテムをペットにしても売り上げが上がることはなかったが、このスタイルは後のファングメモリ、ベルトさんに受け継がれることとなった。

装備

本作品の特徴として、Gシリーズと同じく装着変身である事が上げられる。ただし基本的にファンガイア謹製なので、半端なハーフである渡はキバットに噛んで貰わないと纏えない。753たちが使うイクサは「素晴らしき青空の会」謹製で、素養があれば誰でも使用可能。

またキバは平成ライダーの中でも、フォームチェンジの傾向が少々異なる。素の状態キバフォームは謂わば寝ぼけており、ファイナルウェイクアップしたエンペラーフォームこそが設定上の「基本形態」。つまり普段はグローイングフォームブランク体のまま戦っているようなもので、舐めプにも程がある。そして強化形態になると飛べるようになる。要するにジャックフォームだが、エンペラーからジャックとなると降格ではなかろうか。

そしてマシンはマシンキバー。……となってはいるが、実際には空飛ぶ城キャッスルドランこそがキバの愛機である。実は時間移動も出来てしまう、仮面ライダー史上類を見ない万能城デンライナー?あれ電車でしょ。城だからこっち。である。

主な登場人物

  • 紅渡/仮面ライダーキバ
こっちを参照
  • 名護啓介/妖怪ボタンむしり/仮面ライダーイクサ
本作の真の主人公。ファンガイアの命をやたら神(テオス)に返したがる。通称753。なお、7、5、3は全角表記にすることが義務付けられており、破ると懲役753年か罰金753億円が課せられる。渡からは「753は315です!」と呼ばれ慕われていたが実際のところは最高というよりサイコパスだった。実は鉄オタ。
最初の方は草加雅人とミッチとアギトの映画に出てきた自衛隊の女を足して753で割って劣化させたような性格だったが、いつの間にかいい人になっていた。
変身していない状態で車を蹴って止めたりしているので、多分変身していない方が強い。
賞金稼ぎをやっており、犯人の服についているボタンを外してコレクションするという癖を持っているが、このせいで警官に取り押さえられたりしている。しかしどういう訳か死刑にならなかった。
  • 登太牙/仮面ライダーサガ/仮面ライダーダークキバ/白峰天斗/仮面ライダーレイ
渡の幼馴染だが、実は兄弟だった。必殺技は武器で敵を釣り上げて爆発させる技である。劇場版で2重人格であることが発覚した。一応ファンガイアのキングらしいが、威厳が全くない。というか、弟に甘すぎる。怒ると足元から蛇が沸いてくる。裏切り者のファンガイアをSYUKUSEIするバイトをやっている。
変換で一発で出ないため、ふとい→太い→太→太きば→太牙という順番で変換する必要がある。
  • 野村静香
本作品のヒロインと思われる、というかヒロインじゃないかもしれない、というかヒロインかもしれない、というか恐らくヒロインじゃないであろう人。歴代ライダーのヒロインの中でトップクラスに目立っていない。そもそも何者なのかも不明。渡のお母さんを自称しているため、もしかしたら過去から来た真夜かもしれない。ネット版で巨大化した。
  • 紅音也/仮面ライダーイクサ/仮面ライダーダークキバ/猿渡一海/仮面ライダーグリス
過去編の主人公。753に遊び心が足りないことを指摘する。人間のくせに闇の木場の鎧を使ったが、オルフェノクの記号を持っていない上にファンガイアではないので、3回でギブアップした。そのまま死んだ。
と思っていたら10年後生き返り、別の女に乗り換え、ゼリーをかぶって戦っていた。しかしやっぱり耐え切れずに凍って死んじゃった。
渡の父親だが、さほど尊敬されていない。11年後のライダーオタによると、結構レアらしい。
  • 麻生恵
もしかしたらこっちがヒロインかもしれない。しかし最終的に753と結ばれた。苦労の絶えない夫婦になるだろう。パペットを持ったファンに追っかけまわされているが、そのたびに返り討ちにしている。ファンにロクな奴がいない。
  • 麻生ゆり
バイオリンの達人。ブラックローズとかいう気持ち悪いバイオリンを演奏したが、バイオリンが壊滅的に下手である音也には理解されなかった。オムライスに毒を盛るのが得意。やっぱりファンにロクな奴がいない。
本作品で渡に飼われている謎の生命体。最初の方はCGできれいに飛んでいたが、いつのまにか人形を動かしてるだけになった。決して予算が足りなくなったからではない。このサイズでも握力500kg、かむ力5tもある。正直不気味。しかし、その正体はアメリカに渡った仮面ライダー王蛇である。コウモリになったせいでベノスネーカーに縁を切られたらしい。あとギンギンギラギラギャラクシーな戦士になったりしている。頭の上にボタンがあり、押すと顎が外れる。
  • 鈴木深央/パールシェルファンガイア
本作における全ての元凶。途中から太牙ニーサンがキレたのも、渡が情緒不安定になったのも、すべてこいつのせい。一応クイーンだが、威厳は全くない。人間に恋したファンガイアをSYUKUSEIするバイトをしている。ヤンデレ。青い一つ目小僧になる。
  • 真夜/パールシェルファンガイア
過去編における全ての元凶。クイーンにはロクな奴がいないらしい。キングが剣を投げて高そうな絵画に刺したのも、太牙がコウモリと真珠貝の息子のくせに蛇なのも全てこいつの仕業。人間に恋したファンガイアをSYUKUSEIするバイトをしているが、自分が人間に恋してしまった。
  • 襟立健吾/仮面ライダーイクサ
関西弁の見た目DQN。しかし性格はまとも。途中から見た目がまともになって性格がDQNになった。
イケメンズとかいうふざけた名前のバンドを作った。最初にキバの正体に気付いた人。腕を怪我してギターが弾けなくなった。
頭が悪く、753からキックしろと言われた際にはパンチし、パンチしろと言われた際にはキックをしていた。ラ・イ・ジ・ン・グと言われた時にはライジングになっていた。
  • キング/仮面ライダーダークキバ
金髪コウモリ。裏切り者をSYUKUSEIするバイトをしている…と思われたが、実際のところは何もしていないニートだった。妻と息子と家と立場と手下と服と理性と意思を失った可哀そうな人。
決して仮面ライダーの写真を撮ってネットにアップしたり「僕に操られないよう気をつけろ」と言いつつ何もしなかった情けないキングではない。
前世はフリーザ様やスネ夫やドラミといっしょにうたのおにいさんをやっていた。
  • キバットバットⅡ世

キバットの父ちゃん。低い声だが、キバットと中の人は同じ。スイカが大好物らしい。

仮面ライダー

仮面ライダーキバ

本作での表向きの主人公ライダー。上記の通り、不完全体で戦っている。途中からタツロットとかいう不気味な金色の謎の生物がくっついた。
安全性のために作られたらしいが、人間が変身すると死ぬので、多分失敗作である。エンペラ―フォームは、普通の蹴りが必殺技の威力を持つ
片腕が青くなったりする。防御力が高く、核爆弾に耐えるらしい。(中の人が大丈夫とは言っていない)
足に鎖が巻かれているが、決して中二病な訳ではない。

仮面ライダーイクサ

本作での真の主人公ライダー。現代編では顔がパカっと開く。メリケンサックが変身アイテムとなっている。過去編では生身の753に邪魔されるほど弱い。途中から青くなった。ディケイドではブレイド軍団にやられた。
ガンバライドでは7弾の53番にイクサのカードが当てられた。いやガチで。

仮面ライダーダークキバ

キングの必殺技
エンペラ―フォームの色違いに耳がくっついたやつ。。ヘドロみたいな色の紋章を使ったハメ技を得意とする。核爆弾に耐えるエンペラ―フォームより3倍頑丈らしい。しかし、変身者がいずれも浮気された夫だったり浮気した夫だったり浮気された夫の息子だったりするので、その頑丈さは活かせていない。

仮面ライダーサガ

白峰さんの真の姿その1。ライドルスティックを武器にして戦う。ディケイドでは偽トドロキさんを殺害した。
ウンメイノー鎧と呼ばれているが、爆殺されるわけではない。むしろこっちが爆殺する側である。
やたらと仲間をSYUKUSEIしたがる。しかし、最後の方で手のひらを返したかの如く、SYUKUSEIするのをやめて人間と共存しようとしだした。
必殺技音声は、ウー↑ウー↑ウー↓ーウウ↓ウ↑ウ↑ウ↑ウー↓

仮面ライダーレイ

太牙ニーサンの真の姿その2。華麗に激しくがモットーらしいが、華麗でもなければ激しくもなかった。
後にウィザードのネット版にしゃしゃり出てきて、ソラに「キバの劇場版にしか出てこないマイナーなライダー」と紹介されるが、ディケイドに出てるので、大嘘である。
後に我が魔王と戦うことになる。しかし、我が魔王の配下のゲイツ君にやられて死んでしまった。

仮面ライダーアーク

これが魔界城の王の正体である。
ホリケンが変身する、なんかでかいライダー。月面にぶっ飛ばされて倒された。後に電王の映画にも出てくる。

関連項目


753逮捕.jpg 待ちなさい。君が今見ているこの項目『仮面ライダーキバ』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目だ。そこの君、今すぐ加筆しなさい。 …誰だお前は?離せ!俺を知らないのか!? 俺は名護だぞ!! (Portal:スタブ)