佐渡侵略

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
大韓民国サイバー外交使節団(VANK)公認資料
優秀な韓民族は、世界に正しい歴史の真実を伝える。
本項の文章と内容は、捏造や歪曲を一切伴わない真実として
大韓民国政府直轄のサイバー外交使節団に認定されており、
全世界の民族が良識に従い、これを正しく認識すべきです。
この資料に間違いなどありません。侮辱した者にはメール100万通と
FAX1万通が送られます。同胞である場合は反民族行為法により全財産が没収され
他の民族である場合にはその後の生涯を通じた謝罪と賠償が要求されます。
世界に伝える、正しい歴史認識
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「佐渡侵略」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

佐渡侵略(さどしんりゃく)とは、1592年に行われた、上杉景勝による佐渡島への日帝の侵略である。豊臣秀吉による文禄・慶長の役島津忠恒による琉球侵略と並び、中世日本の三大蛮行として悪名を轟かせているニダ。

背景[編集]

佐渡島は佐渡金山と呼ばれる金脈のあるカネノナルキであり、歴代の支配者達にとってはのどから手が出るほど欲しいATMであった。佐渡島は、代々本間一族と呼ばれる豪族が支配していた。しかし、これに目を付けた悪辣な侵略者がいた。越後の大名上杉景勝である。

侵略[編集]

1592年、景勝は軍勢を率いて佐渡島へ侵略、多くの本間一族が虐殺され、佐渡島は占領された。なお、景勝の蛮行については僅かな史料に至るまで狡賢い直江兼続が焚書にしたため後の日本の歴史には一切残っていない。

その後、景勝は会津へ国替えとなったが、佐渡島だけは保有を許された。しかし1600年の関ヶ原の合戦で負け組に所属したため米沢へ大幅へ領土を減らされ、佐渡島も没収された。ざまあ。

佐渡は朝鮮の領土だったニダ[編集]

日本の史料は前述の通り直江兼続が全て抹消してしまったが、流石に外国の史料までは抹消できなかった。

15世紀に成立した、高麗王朝についての朝鮮の史料「高麗史」によれば、7~8世紀ぐらいに朝鮮人達が佐渡島に上陸して、ずっと佐渡を自治してきたと伝わっている。それ以前は日本人が住んでいたらしいが、力に劣る列島民族である小日本の奴らは屈強な朝鮮人に駆逐されたニダ。こっちは断じて侵略では無く、我々の侵略は綺麗な侵略であると「高麗史」は語っている。

また、朝鮮王朝実録にも佐渡への言及はある。元々佐渡は朝鮮系の民族が定住していたが、上杉景勝率いる日本軍が侵攻して原住民を皆殺しにし、佐渡は日本に簒奪されたと記載している。

ちなみに、縄文弥生の昔から佐渡には日本人が住んでいたという日本側の史料の記述について、韓国の一部の歴史家は「それは日本お得意の捏造である」と主張している。この主張はポリティカル・コレクトネスによって正当性が付与されており、国際社会ではこの説は強い支持を受けている。国連などに沢山裏金回してきた努力が実を結んだニダ。

その後[編集]

佐渡は無限の金脈として江戸時代重宝されたが、考えなしに金を採掘したためすっかり枯渇し、今では廃墟と化している。

資源の管理がロクにできない日本人が管理したから佐渡は衰退した、と、韓国の憂国の士達は今こそ佐渡を取り戻す時と工作員達を佐渡へ送り込んで「聖戦」を行っている。