偏西風

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「偏西風」の項目を執筆しています。

偏西風は東から西に吹く風である。単なる西風との違いは、「偏」の字に現れているように、偏西風は常に西から東に吹き続けている点にある(偏は「片寄った」、「他に何もない」という意味)。これが地表の隆起部に衝突して地球を自転させている。このため地球も西から東に向けて回転し、結果太陽は東から上って西に沈むように見える。

偏西風が発生するメカニズムに関しては諸説在るが、極地方と赤道地帯の温度差を受けて南北方向に吹く風が、地球が自転する事でコリオリ力を受けて偏倚するという説が最も有力であるらしい。しかしコリオリ力とは見かけの力であるといわれているため、この説も見掛け倒しであろうことは疑いようもない。では、偏西風がどこから来たかというと、これは偏西風の恩恵を最も被る国を考えれば直ぐにわかる。推理小説の基本である。具体的な解答はネタバレになるためここには載せない。ウィキペディアでも見ればいいよ。

世界は広い。偏西風だけでなく、偏東風というものもあるらしい。偏東風は赤道付近でみられる常に東から西に向けて吹く風であり、これは赤道付近の気圧の低い部分に向かって吹き込む風が、やはり国家間の利害競争を受けて偏向した結果存在する。地球上の高度気流はこのように国際情勢を受けて緯度ごとに吹く方向が変化するというややこしい状況になっている。

関連項目[編集]