催涙剤

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

催涙剤(さいるいざい)とは、謝罪を行う際用いる道具。また、暴徒に強制的な謝罪を強いる為の薬剤。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「催涙剤」の項目を執筆しています。

概要[編集]

名目上はガス化学兵器というとんでもなく物騒な名前ながら、致死性や危険性は皆無と言っても過言ではない。例えば主な症状は咳やくしゃみ、催涙などであり、ガス化学兵器ながら症状自体は軽微に留まっている。また使用後も洗い流す、中和剤を使うなどで症状を完全に根治させられるため、正しい使い方をすれば全く問題を起こさせない仕様になっている。1925年ジュネーヴ議定書でも催涙剤に関しては気に留められず、国際上に於いても安全性が保障された兵器であろう。

転用[編集]

医薬品店でも購入できる催涙剤は、謝罪時の使用としても活躍する。一般的なイスに座る記者会見に留まらず、現場から立ち見や空撮による野外会見でも使用されていることがある。それも社会への迷惑として半ば強制的な謝罪としてこの催涙剤が用いられていることもある。

謝罪会見における転用[編集]

某議員の催涙剤を用いた謝罪会見は、社会的に大きな影響を与えた。

謝罪会見こそ元々より粛々と行われるのが一般的ともされていたが、最近ではパフォーマンスの一環として涙を流すこともそう珍しくない。主に日本人にとって涙を流すこととは、悔悟の念や反省の意を示す最も強い行為と受け取られている現実もある。エクストリーム・謝罪などでも涙を流すことは大きな加点要素にもなっている[要出典]ことからうかがえる。しかし反省をする気が全くない人々は涙を流すなど役者でもないから出来るわけがない。そのため結局は催涙剤を用い、半ば生理反応として涙を流すことで誠意を見せるのである。

暴徒に対する転用[編集]

無論生理反応として誠意を見せるのは会社重役に留まらない。デモや暴徒たちに対し謝罪させるためにも催涙剤は使用することもある。2014年に起きた香港反政府デモなどでは呼んだわけでもないのに役所周辺の道路をデモ隊は取り囲み、官僚タクシーらに多大な迷惑をかけた。政府も迷惑をかけてもらった以上謝罪という形で誠意を見せてもらわないと困るのも当然、催涙剤を発射させて強制的に涙を流して謝罪をしてもらおうとしたのである。このように群衆が謝罪をしてもらうために催涙剤を使用することもある。ただし、暴徒はなどに謝罪の責任を転嫁させることもあり、主だった反省の意が示されているというわけではなさそうである。

関連項目[編集]