催眠オナニー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「催眠オナニー」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「催眠オナニー」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「催眠オナニー」の記事を執筆しています。

催眠オナニー(さいみん-)とは、忙しい現代における効率的な性欲処理手段の一種である。

概要[編集]

俗に言う三大欲求の内、性欲だけは生存における必然性が薄く必須欲求ではない。また、欲求の中では珍しい「自家解決が出来る欲求」である。つまりセックス出来なければオナニーでいいし、何なら性欲処理などしなくても死にはしない。世の中全てがスピードアップの一途を辿っている現代社会においては、性欲処理の平均時間は日に日に短くなっているのが現状である。しかし完全にゼロにはなかなかできないし、発作的にムラムラ来る事は誰にでもある[要出典]。そんな中で時短性欲処理の進歩系として生まれたのが催眠オナニーである。

催眠オナニーは一言で言うと「セックス/オナニーしたと脳を勘違いさせる技術」で、夢のなかでセックス/オナニーして性欲を発散させるものだと思えば間違いはない。そもそもオナニーやセックスは体力消費も激しく、事後はそのまま眠ってしまう事も珍しくない。特に女性がオナニーする場合、風呂もトイレも済ませて後は寝るだけにしてから一発ヌいてそのまま手も洗わず寝てしまう[1]場合が多い[要出典]。ならば寝ている間に脳内で済ませてしまえば時間も体力も節約出来て効率的と言えるし、脳内行為なら後始末の心配もない[2]。昼寝一回の時間と眠れる場所さえあれば、時間も人数も関係ないのも利点である。

手法[編集]

誘引CDの例。

基本的には催眠術の手法をそのまま使い、「眠りの気持ちよさ」を強調する暗示をかけてゆっくりと眠りに落ちてもらう。サブリミナルや集合無意識などのスピリチュアルなメンタル用語は殆ど精神科の詭弁であり、人間は「楽が出来る」「気持ちいい」という暗示でなければかからない[3]。だからこそとにかく快感を強調し性感を煽ったまま眠れるよう、誘引CDなどをヘッドホンで流しながらベッドでなんとなくボーッとしていくのが肝心となる。

首尾よくかかれば後は夢のなか、都合のいいいやらしい世界で情事に耽るだけである。理想の相手でも結婚した横恋慕相手でも何でも具現化してセックスしていれば、脳内で勝手に性欲が処理されスッキリとした朝を迎えられるだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 余韻を楽しみながら眠りに落ちるのも、また快感なのである。
  2. ^ 男性が行う場合は希に夢精したりする事があるが、よほど深く入っていない限りはレアケース。女性の場合、ナプキンやおりものシートでも当てておけばそれで済む。最悪尿漏れパットでも恐らくは大丈夫。
  3. ^ 逆に「怠けなさい」という類の暗示はアホみたいによく効く。

関連項目[編集]