光格天皇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

光格天皇(こうかくてんのう。在位1780年〜1817年)は、畏れ多くも、現在の天皇家の初代天皇であらせられる。今上天皇の6代前のご先祖様にあたる。一代前の後桃園天皇とはほとんど血縁関係がなく、この天皇から新王朝が始まったのである。諱は師仁(もろひと)あるいは兼仁(ともひと)であるが、面倒なので以下の記述では全て「光格天皇」と記す。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「光格天皇」の項目を執筆しています。

即位まで[編集]

天皇家の分家である姦淫宮家(かんいんのみやけ)の典仁親王(すけひとしんのう)と、一般人女性のおつるさん(鳥取の町医者の娘さん)との間に生まれた光格天皇は、姦淫宮家の六男という、天皇位とは縁もゆかりも無い、というかそもそも、姦淫宮家を継ぐことすら不可能に近いような地味な皇子であった。

当時の天皇家は、室町時代の後花園天皇(在位1428年〜1464年)以来300年以上の長きにわたって万世一系の皇位継承を続けていた伏見宮家の王朝であった。しかし、似たような名前の後桃園天皇が1779年、後継ぎのないまま死んでしまった。そこで、大人の事情により、後桃園天皇はまだ生きているんだ、危篤になっちゃったけどね、まだ後桃園天皇は生きているんだからね、空位になんてなっていないんだからね、と言い続けて時間を稼ぐことにした。その間に、当時の朝廷で最高実力者であったさくらたんが、摂関家の皆さんを集めて、後桃園天皇の唯一の娘である欣子さま(当時0歳)のお婿さん探しをしたのである。もちろん、そのお婿さんに天皇位を継がせるためである。

天皇家の親戚で、血筋が一番近く、かつ、未婚の皇子さまは誰であるか、と真剣に考えた結果、即位することになったのが、光格天皇である。御歳8歳であらせられ、まだ性欲などもなく、あそこの毛も生えていなかったと思われる。0歳のょぅι゛ょとの結婚については、何のことやらよくわかっていなかったに違いない。なお、形式上は後桃園天皇の養子扱いとなったため、義理のと結婚することにならせられた。しかし、ここから、我ら日本国民の誇る天皇家の200年以上に渡る歴史が始まったのである。それも、このおめでたい結婚により、まるでそれ以前から天皇家が連綿と続いていたかのようにカモフラージュすることもできたのである。

天皇としての事績[編集]

当然のことながら8歳のお子さまに天皇としてのお仕事が務まるわけがなく、少年時代はさくらたんが熱心に指導をしてくれたようである。その指導の成果であろうか、1780年代末あたりには慈悲深い君主として成長し、天明の大飢饉で飢える貧しい民草の救済を幕府に求めたという。

一方、あちらの教育についてもさくらたんが指導してくれたのだろう。同じく1780年代末くらいには天皇としての成長だけでなく、陰嚢の性徴も見られたようだ。そのため、1790年頃(つまり10代も終わりに近づく頃)から、次々に子どもが生まれるようになる。さすがは姦淫宮家出身である。類い稀なる才能をお持ちであったのであろう。

また、おつるさん(母君)の父親である岩室宗賢が、町医者を開業する前は単なる浪人であったことと関係すると思われるが、光格天皇はロシアのゴロウニンなる人物に興味をお持ちになった。そのため、1811年にこの人物が松前藩によって拿捕されると、その事件の経過を逐一幕府に報告させたという。このように、世の中で起こっていることに熱心に耳を傾ける名君であらせられた。

その後[編集]

1817年、光格天皇は、息子の仁孝天皇に位を譲り、上皇となって、若い天皇の指導を熱心に行なった。光格、仁孝、孝明明治大正昭和、そして今上天皇まで、7代二百数十年に渡って万世一系が保たれてきたのは、ひとえにこの光格天皇の慈悲深く賢い政治があったからであると言えるだろう。

関連項目[編集]

先代
後桃園天皇
天皇
光格天皇
次代
仁孝天皇