全日空松山沖墜落事故

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「全日空松山沖墜落事故」の項目を執筆しています。

全日空松山沖墜落事故(ぜんにっくうまつやまおきついらくじこ)は、1966年11月13日、国産旅客機YS-11が松山空港沖で墜落した事故である。1966年に起きた5つの飛行機事故、その締めとなった事故でもある。なお、この機体はYS-11の中でもっとも短命となった機体である。

概要[編集]

松山沖墜落事故を起こした国産旅客機YS-11

1966年はまず2月4日に全日空のボーイング727が羽田沖に墜落し133人全員が死亡、3月4日にカナダ太平洋航空機が羽田空港で墜落、64人が死亡。その翌日の3月5日に英国海外空港航空機が富士山上空で空中分解し124人全員が死亡、さらに8月には乗客は乗せていない日航機が羽田空港を離陸直後に墜落、5人全員が死亡という話を聞くだけで飛行機に乗りたくなくなるほどの事故が相次ぎながらも勇気ある金持ち45人が意気揚々と伊丹松山行の飛行機に乗り込んだ。大安でかつ日曜、かつ関西では松山の道後温泉が人気の新婚旅行先ということもあり「早く旅館に行ってあんなことこんなことやろう」などと考えていた12組24人の新婚夫婦も乗り込んでいた。

天候も良くなかったこともあり、この機体はダイヤが乱れていた。それ故に松山に着く頃には当時の松山空港運用時間である午後8時を過ぎてしまった。もう一度照明を点けるために通常の日本八大都市帝国海軍の市からではなく首相輩出県基地の市方面を経由して松山を目指した。

8時28分、いざ着陸というところでオーバーランの危機が生じたため着陸復行(着陸のやり直し)を行おうとしたが上昇が鈍く、少し上がったあと降下し空港から2.2キロの瀬戸内海に墜落した。この事故によって乗員乗客50人全員が死亡となった。

新婚旅行に行くとはいってもまだ籍を入れていないカップルが多かったために賠償金について揉めたため、法務省が「とっとと籍入れてから旅行行きやがれこの野郎」と広告するまでになった。また、死体が潮流に乗ってしまったため、瀬戸内海の海産物が風評被害で売れなくなったという。いつの時代も風評被害は同じである。

この年は上記の全日空羽田沖墜落、カナダ太平洋羽田空港墜落、英国海外航空富士山墜落、日航羽田空港墜落、そしてこの全日空松山墜落の5事故や成田空港を巡る成田闘争が起きるなど飛行機の年となった。

原因[編集]

まだこの段階では「フライトレコーダー?なにそれおいしいの?」状態だったためそこを経由した原因はわからなかった。プロペラが脱落、ないし停止してしまったことが原因ではないかという意見もあったが採用されずに結局原因は不明となっている。

事故調仕事しろ。

関連項目[編集]


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
全日空松山沖墜落事故」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)