八丈方言

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「八丈方言」の項目を執筆しています。

八丈方言(はちぜうほうげん)とは、日本におけるガラパゴス言語である。

概要[編集]

八丈島~北部諸島間の海域に流れている激しい黒潮のため、本土から隔離されがちな島嶼地域(八丈島、青ヶ島ほか)で発達した(と言うか進化から取り残された)言語で、万葉集にも記されている古ヤマト語(上代東国方言)をほぼそのままの形で継承している。平成21(2009)年にユネスコから死語として認定

発音[編集]

アクセントは棒読み口調である上、母音が欠落していたり融接していたり、かなり曖昧に扱われているため、語感が全体的にベチョベチョしているように感じられる。そのため、本土の人間には耳障りに感じる事がある。

また、文語体にしても「くわ()」と表記されているのを文字通り「くわ」と発音するなど、非常に聞き取りづらい。また、「」と「」、「」と「~」と「」、「」と「」など、非常に繊細な発声を使い分けようとするため、一文字ごとの発音が非常に丁寧(と言うかゆっくり)であり、せっかちな現代人がいらいらしてしまう事は間違いないと思われる。

文法[編集]

合理的理由によって本土方言のほとんどから姿を消した動詞形容詞終止形連体形の区別があり、正直どうでもいいからさっさと結論を言えと思ってしまうが、そこは悠久の時を生きる島民たちの事。あくまでウ段活用がああだとかオ段がどうだとか、細かなニュアンスにこだわるのであった。もちろん、文章も同じ要領で記述する。

諸語[編集]

正直どうでもいい話であるが、八丈方言に属する諸語が存在し、もうここまで来ると何がどう違うのかさっぱりであるが、当人たちはあくまでこだわり続けるのであった。まるで、言葉を受け継ぐ事だけが使命であるかのように。

八丈方言派
八丈町の字(あざ)ごとに方言が存在する模様。小さな島だが、彼らの世界は広いのである。
  • 末吉(すゑゐぉし)方言
  • 中之郷(なかぬぐお)方言
  • 樫立(くわしだち)方言
  • 大賀郷(をほががふ)方言
  • 三根(みつね)方言
青ヶ島方言派
昔、何かいさかいがあったのか、八丈方言から分派した模様。青ヶ島村でのみ用いられる。
小笠原方言
実は八丈方言の流れを汲んでいたらしいが、やはり細部の違いによって断絶してしまった。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]