内縁の夫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内縁の夫(ないえんのおっと)とは、日本少子化を助長する国賊である。

どうして国賊か[編集]

とある女と手を結んで子供を虐待したり、監禁したり、暴力をふるったり、時には金属バットで頭をジャストミートしたりする。場合によっては死に至らせるという残虐無道な行為をするため、日本政府は「少子化を助長する国賊」とし、徹底的に弾圧している。

ホロコースト[編集]

内縁の夫は、多くの子供に対し、大規模なホロコーストを行い、多大なる犠牲を出している。これまで虐殺した子の数は5108人にのぼる、特に最も多いのは東京都の247人、続いて大阪府の187人、福岡県佐賀県山形県がそれに次ぐ。

このことについては北朝鮮からの批判も大きく、日朝国交正常化に大きな支障を与えている。

対抗する勢力[編集]

内縁の夫に対抗できるのは、警察のみ。児童相談所イタリア軍並に弱くて話にならない。というか警察も弱腰な態勢しかとっていないので実質対抗できる勢力は皆無に等しい。そのせいで内縁の夫による犯罪行為が急増している。

そのため政府は新たに内縁の夫による犯罪対策に特別チームの結成を計画していたが、いつの間にか計画が頓挫してしまった

今後の課題[編集]

内縁の夫を排斥するために、以下の課題が浮上している。

  • ご近所との連携強化
  • 竹槍訓練の奨励
  • 内縁の夫を排斥するための法律の制定