冷夏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「冷夏」の項目を執筆しています。

冷夏 (れいか) とは、の気温が著しく下がる現象である。

概要[編集]

2009年を最後に、全国的な冷夏は減ってしまった。原因は、地球温暖化ラニーニャ現象とは言われているが、実際曖昧である。冷夏はメリットが無く、デメリットが多いとされる。また、冷夏は気温が零下 (れいか) に下がる為、冷夏と呼ばれているという説がある。冷夏が起きる原因は定かではない。

影響[編集]

メリット[編集]

ないのである。

デメリット[編集]

代表的な被害は以下の通り。

  • 農作物の不作

夏らしくない気候になるため、夏野菜が育たなくなる。米も日照不足などで育たなくなり、タイ王国の米を食わされることになる。

夏休みは普段通りに実施されることが多いが、普段の夏とは違う為、
  • アサガオなどの花を植えたら枯れてしまい、観察日記が書けない。
  • セミなどのが活発にならなくなり、標本の虫が集まらない。
  • そもそも外に出たくない。
などで、夏休みの宿題が難しくなっている。

水温が低い海やプールに入ると風邪を引くため、海水浴や学校のプールが中止になる。また、水面が凍って、そもそも入れなくなることもある。

あまりの寒さのため、夏服でいると風邪を引く。いくら面倒くさくても、七分袖やカーディガンに衣替えをしなくてはいけない。面倒くさくて、衣替えを怠った者は高確率で風邪を引く。バカなのに。

  • 一部の店では、品揃えを変える必要がある。

コートやストーブなどが必要になり、それらを取り扱う店では品揃えを変える必要がある。 そのまま冷房器具や冷やし中華を売ってしまった店は、大幅に売り上げが落ちる。

  • が降ることがあり、除雪作業をしなければならない。
    除雪を怠った結果

東北に限らず、全国的に雪が降る。除雪作業は必須である。

昔の主な冷夏[編集]

1993年
さっきも書いた通り、1993年が都市伝説になってしまうくらいの冷夏となった。「平均気温が低すぎる」「雨降りすぎ」「台風さま招待しすぎ」などで、身体的にも精神的にもだるい夏となった。
2003年
10年ぶりに、冷夏だった。10年前同様、農作物の不作は多かった。備蓄米を備えていたため、輸入米は使用せずに済んだ。さらにこの年は、残暑になると今度は暑さが厳しかったため、国民から嫌われた。
2009年
6年ぶりの冷夏。残暑も含めて寒かったためおでんの販売が大分早くなった。この年の次の年にあたる2010年は日本で六番目に暑い夏となった。反動だろうか。
2014年
野々村議員の号泣会見や小保方氏のSTAP細胞の会見が行われていた裏で冷夏だった。西では顕著な冷夏になった。西では11年ぶりであった。ちなみに2015年も西では冷夏だった。台風の影響かと思われる。2009年同様おでんの販売が大分早くなった。この次の年にあたる2016年は記録的な猛暑になった。反動だと思われる。
2017年
8年ぶりの冷夏。東北関東で63日連続で長雨となった。この年の次の年にあたる2018年は日本で一番暑い夏となった。反動だと思われる。


関連項目[編集]

214.gif この記事、「冷夏」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)