函館市電

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

函館市電(はこだてしでん)とは、函館市の中心部を走る路面電車である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「函館市電」の項目を執筆しています。

概要[編集]

函館市の中央部をカバーするように路線網は存在しており、函館市内の他の鉄道が第三セクター化された後、存在感を増す可能性がある。

過去には、五稜郭駅方面やガス会社付近まで路線を伸ばしていたのだが、廃線となってしまった。路面電車が見直されつつある今となっては、悔やまれることである。

又、湯の川から函館空港まで、五稜郭公園前から亀田支所まで路線を延伸する計画も存在するが、実現する可能性は低いと思われる。

路線[編集]

2路線しか存在しないと思われがちであるが、それは運行系統の数であって、実際には4路線である。しかし、殆どの利用者にとっては、どうでもいいことだと思われる。

主な電停[編集]

ここでは、主な電停を紹介する。

湯の川
函館ラ・サール学園なる少年院の最寄駅であり、毎年同学園の入院シーズンになると憂鬱な表情をしたラ・サール生の姿が見える。なおラサール生は2つ先の函館アリーナ前でも見られる。
五稜郭公園前
五稜郭公園前といいながら、五稜郭公園までは徒歩15分要する。そしてJR五稜郭駅は全然近くない。実はここが函館市の中心部だとも言う。
函館駅前
一応函館の玄関口だが、本州方面へは函館空港からのアクセスが普通なので、あまり玄関駅らしさは無い。

車両解説[編集]

ここでは、函館市電の誇る特色ある車両の一部を紹介する。

ササラ電車
札幌市電にも同様のものがある、自家用車やタクシーへの憂さを晴らしながら軌道の除雪をする車両である。正式名称は「ロータリーブルーム式電動除雪車」と言うずいぶんと立派なものだが、竹製の箒(ほうき)を車両前後に設置された回転軸に取り付け、それを回して雪を跳ね飛ばすだけの装置である。ちなみに車両は大正年間製造。
  • らっくる号

現時点で最新鋭の車両。LRT顔負けの車体の割に格好悪いこの名称は、「イカすカード」と言う名前の乗車カードを発明した函館市企業局ならではものである。

  • 530号

一般車では最古の1951年生。うるさいけど非常に人気者。


関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「函館市電」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)