利用者:ぽんこつやろー/アンサイクロペディアで新規記事は排除される傾向にあるか?

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

始めに[編集]

このページは「新規で立ち上げた記事は排他的な目で見られるのか」という事に関する記述である。基本的に執筆者の目線に傾いており、反論を唱える者もいるだろうが、どうかその内容でパッシングするなら私のノートでやってほしい。

新規に記事を作成するという事とは[編集]

アンサイクロペディアには数多くの記事が存在し、全てを読んだ暇人は恐らく存在しないだろう。そしてその記事というものは毎日(時として増えない日もあるが)増加し続けている。アンサイクロペディアの赤リンクはまだまだ存在し、かつその土壌からウィキペディアでは考え付かない、もしくは即時削除されるような項目も存在する。だからこそアンサイクロペディアで新たに執筆できる項目というものは数多に存在するのだが、これを執筆する際は気をつけねばならないところが複数存在する。

何故ICUやNRVというシールが付くのか[編集]

アンサイクロペディアの事を管理者や一部の古参ユーザーが占領している小さな地上の楽園のような場所だと考えている者もいるようだが、そうではない。実際にICUやNRVといった分別シールを貼られてしまう記事は問題を抱えている場合がほとんどだし、その問題が無いような記事はそもそもシールを貼られない。「お前らには俺のセンスが分からないんだ!」と叫ぶ暇があったら自分の記事に問題が無いか良く考えるべきである。

記事というもの[編集]

ICUやNRVを数多く貼られているユーザーにありがちな話なのだが、そもそもここがウィキペディアのパロディサイトであるという事を考えていない場合が多い。確かにアンサイクロペディアというサイトは嘘八百を並べるサイトなのだが、その土台には常にウィキペディアが存在している。つまり当然の事だがアンサイクロペディアもフリー百科事典であるウィキペディアと同じく辞典としての体裁を保つ事が基本である。そのため以下のようなものがICU及びNRVの対象になる場合が多い。

「完全な妄想」記事である[編集]

アンサイクロペディアに「嘘と妄想で補完された記事」は多数あれど「全てが妄想の記事」というものは必要とされていない。これはアンサイクロペディアというサイトにおけるユーモアがどのようなものであるかという解釈にもよるのかもしれないが、完全な妄想はユーモアとして値しないというのが筆者の考えである。これを例えるならば私がファンタスティックでとても楽しい夢を見たとしよう、これを私が君(読んでいる貴方)に語った所で君はとても渋い顔をすると思う、つまりはそういうことだ。

辞書としての体を成していない[編集]

上記にも記載したが、アンサイクロペディアはウィキペディアのパロディであり、辞書的な記述というものが基本となる。もちろんあえてその形式を無視した記事(例:ニヒリズム)は存在するが、それが秀逸になりえる可能性は低い。そういった記事に求められているクオリティは高く、そしてシールが貼られている記事のクオリティは常に低い。もちろん二番煎じなど持っての他である、仮に同じネタで行くならばより高いクオリティで先に作られた記事をFIXするくらいの気概で臨まねばならない。

文章があまりにも支離滅裂、もしくは幼稚[編集]

これは基本的に論外である、語る必要性すら感じられない。学校で国語の先生の話を真面目に聞く、そして少しばかり文学の(漫画では無い)本を読めば多少改善されるかもしれない。

知識はあるのだろうが読者の事を考えていない[編集]

上記に合致していないにも拘らずシールを貼られている場合に多い。知識が豊富(しかし偏っている)な人物である場合が多く、他人もその記事を読むために必要とされるであろう知識量を考慮せずに書く。意味不明な鉄道知識を並べ、コアなファンにしか分からないような声優ネタを書き、支離滅裂寸前の政治、政治家ネタを叩き込む。これでは読者は着いてこないし、あまりにも不親切である。記事というものは不特定多数に閲覧されても理解し易いように書かねばならない。

誹謗中傷を中心とした内容である[編集]

全ての誹謗中傷を悪だと決め付けるつもりは無いが、誹謗中傷に終始している記事はもはや記事とは呼べるものでは無い。UN:NOTを読めばこんなところで説明する必要は無いのだが、そんな事を言ってしまえば大体の内容は運営関連文書を読むだけで概ね解決してしまう話と思われるため割愛する。どうしても誹謗中傷を書きたければアンサイクロペディアよりもユアペディアの方が良いだろう。君が炎上などを恐れぬ鋼鉄の精神を持つのならばツイッターやブログでも良い。

その他救う価値の無い記事[編集]

Uncyclopedia:即時削除を参照の事。君にやる気があればシールを貼られて時間切れになろうとも削除議論に持ち込む事ができるだろうが、一行記事や支離滅裂な記事相手にシールを張って様子を見るほどアンサイクロペディアンは優しくないし馬鹿でも無いのだ。

新規記事というもの[編集]

アンサイクロペディアは常に新人を飢えているし、そんなサイトで活動している管理者・古参利用者が新人を叩き出すような真似をすることはあまり無い。意欲のある新規利用者には懇切丁寧に教えるし、トークページで質問をすれば答えてくれる利用者がほとんどである。そんな利用者たちが新規記事を監視しているのは当然であり、その監視の眼の多さによりシールを貼られるリスクが増すのは当然の事である。しかし、まともな執筆さえ行っていればまずシールは付かないし、本当におかしいシールならば他の利用者が剥がすようになっている。「新規記事だから排除する」などという思考をこんな過疎サイトで持つはずが無いというのが自然な思考である。