利用者:ゆうすけくん/dustbox/1-1=日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

1-1=日とは、1から1をひくと、0ではなく日になるという数学におけるである。

歴史[編集]

1-1=日を発見した人物は今も謎であるが、ドイツ人またはロシア人または日本人が発見したと考えられている(だが個人的には最も古くから漢字を使用していた中国人が発見したと考えた方が最もらしい)。発見した人物は数式は残したが、証明は一切していなかったと伝えられている。そのために、関係者は証明してもらうために優秀な数学者を探していたが、大多数の数学者は他の研究に完全に没頭していたために相手にならなかった。そのため最近になるまで解決されることは無かった。なお解決者も不明。ようするに1+1=田と同じ。

理由[編集]

1+1=日の理由をここに記す。

1-1=

  ↓

│-│ ̄
    ̄
  ↓

  日

となる。


解説[編集]

  • 1は | と書く。また、-の高さは | の半分の高さにする。
|-|=?
  • 1と1を - にたす。できるだけ1は - に密着させる。
H=?
  • ここで = を2つに分解する。4本の横棒が出来る。
H==?
  • うち2つの横棒をHの上下に密着させる。
?=日

つまり、1-1の答えは日となる。

読み方[編集]

「いちひくいちはひ」でいいと思われる。これ以外の読み方を考えた君はもう立派な数学者だ!

この数式への疑問[編集]

この数式に対しては「1-1と、引いているのだから『1・-・=』から『1』を引くのだから使えるのは『-・=』であり、できるのは『三』である。」という意見が多いが、あくまでも『-』は合体に使う記号であり、「抜き取る・引く」ことを意味しているのではないので、この意見はまちがいである。

関連項目[編集]

{{ウィキペディア無し|1-1=日}}

{{スタブ}} [[Category:数学|い]]