利用者:フィクミア/Sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キジ(雉)とは、文筆記者が生み出す人造生命である

概要[編集]

キジとは新聞記者や雑誌記者、さらにはネット記者やWiki利用者が生み出す生命であり、言語の羽を使って人々に情報や感情を届けるのが生まれた理由とされている。情報は羽のように軽く伝わらなければならないというのが報道界隈における情報社会への大前提であり、様々なキジがあらゆる記者によって生み出されてきた。

主なキジ[編集]

秀逸なキジ

Kijibone.jpeg

一言でいうと素晴らしいキジである。このキジがなぜ素晴らしいかといわれると、骨になってさえ保管する価値があるほどのキジであるからだ。本来キジとは骨までしゃぶりつくすものであり、骨すら残らないのが一般的なのだ。それなのに骨を残して後世にこのキジのすばらしさを伝えなければならないと識者が思うほど素晴らしいキジなのだ。なぜそんなに素晴らしいか?それはキジによって全然理由が違うので各秀逸なキジごとに自身で調べることだ。
世界一短いキジ
画像にすら載せられないほど短いキジ。あまりにも短すぎて読むことすら叶わない。
一行キジ

Bird kiji.pngBird kiji.pngBird kiji.pngBird kiji.pngBird kiji.pngBird kiji.pngBird kiji.pngBird kiji.png

キジ御一行様のお通りである。短いながらもまとまった情報を読者へと届けるのが任務である。
おもしろいキジ

Omoshiroikizi.png

純白のキジであり希少で栄養価の高い情報を読者へと届ける高級なキジである。国家や新聞社、大手情報誌ではいかにこのおもしろいキジを安価に届けて読者需要をつかんで定期購読してもらえるかが至上命題とされている。変種におもしろくないキジというのも存在するが読者への需要は確認されていない。
中立的なキジ
バランス悪くにふらつき傾くキジも多い中、まっすぐ飛び立つことができるキジのことである
事実上俺だけのキジ
新聞記者や雑誌記者などは基本的に一人でキジを育てて読者へ出荷する(写真はカメラマンに提供していただく)のだが、wikiサイトにおける記事は本来だれでも育てることができる。しかし、他の記者にこのキジを育てる意思がなく、かといってこれは出せないと絞殺そうとする上司気取りもいないと、万人によって育てられるはずのキジを一人で育成することとなり、実質自分専用のキジと化す。ただそういう記者こそ、弱い分野を守り育てている方ともいえる場合が多いため、wikiサイトでは希少な存在といえるだろう。
クソキジ
排泄器官に問題があるキジであり、読者に届けると鼻をゆがめるため極力届けてはならない。ただ、少数ながら読者需要もあるためアンサイクロペディアではたまに製造されている。
消されそうなキジ
当キジに書くと消されそうなため貴重なキジ保護のためキジ画像掲載を見送ることとする。消されそうなキジには二種類あり、一つは読者に届ける価値なき駄キジである。もう一つはこのキジを読者に届けると権力者にとって不都合であるために見つかるとキジの製造者ごと絞殺される危険性がある場合である。前者はアンサイクロペディアでも飼う価値はないが、後者は反権力であり、Wikiサイトの東スポ[要出典]とも呼ばれるアンサイクロペディアで積極的に飼うつもりでいるのであしからず。
隠れたキジ
こちらも浅学な執筆者には見つけられなかったために掲載を見送る。その名の通り見つけられないように隠れる修正をもったキジである。大抵は見つける価値もないのだが、たまに栄養価の高いキジが紛れているため侮れない。そしてそんな記事はだれも知らない美味であるために、隠れたキジ愛好家というのがいつの時代でも一定数存在する。
どうしようもないキジ
説明はどうしようもないキジに譲ることとする。
不幸のどうしようもないキジ
こちらも掲載すると面倒、もとい不幸となるため掲載を見送る。基本的にキジとは真実を伝える場合を除き幸福を与えるために製造されるものであるが、こちらは人に不幸をばらまくために製造される。まあまともに取り合うのは基本的にバカなので不幸のどうしようもないキジを見つけても放置推奨なのだが、運悪く見つけてしまったら、そっと絞殺すまたは上司気取りにGKBRを見つけたと密告すればいいだろう。そうすれば上司気取りが不幸になる?しーらない。

総論[編集]

以上様々なキジを解説したが、各キジに共通するのはキジを作るためには少なくない労力とひらめきが使われていることである。結果的につまらないキジであったとしても簡単に絞殺す判断をするのはキジとその製造者への冒涜である。だからこのキジという名のキジも丁重に扱いたまえ(何様だと思った上司気取りのことはしーらない)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「利用者:フィクミア/Sandbox」の項目を執筆しています。

{{DEFAULTSORT:きし}} [[Category:鳥]] [[Category:キジ|*]]