利用者:(あ)/アッー!教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「(あ)/アッー!教」の項目を執筆しています。

アッー!教(A'!-ism)とは、アッー!のみによってジョークを形成することを目的とする新興宗教および宗教団体のことである。

概要[編集]

「アッー!」を至高のジョークであると考えるもので、ありとあらゆるジョークを「アッー!」を中心に形成して幸福感を得ようとする思想を持つ。これ以外のジョークの示し方を否定し、ジョークとあらばとにかく「アッー!」を挟んでゲイジョークに仕立てるため各地で問題視されたりもする。

この宗教に関しての歴史には謎が多く、日本においては明治時代初頭に流入した考えられているが、その源流に関しては不明である。またを持たない宗教であるが、オスカー・ワイルド多田野数人などの歴史上の聖人が信仰の対象となっていることが多い。

信徒[編集]

信徒らは基本的に「アッー!」と唱えることを喜びとしているが、実際に事に及んだ経験を持つ信徒はほとんどいない。また経験者でも、「攻め」の経験こそあっても「アッー!」の正統である「受け」を経験した信徒は数えるほどしかいない。このため、現代では教義の形骸化が進んでおり、理念も理解せずに「アッー!」をばらまく信徒の姿も見かけられる。

ただし、これらの敬虔な信徒でもアッー!教については理解が足りていない様が散見される。資料の散逸などから、信徒のほとんどがその語源となった聖典を見たことすらないことも度々問題視されている。そのためか、聖なる文言とされているはずの「アッー!」の由来を誤解している信徒も少なくない。

他の信仰を否定するという宗教の性質上、これに異を唱えて圧力を掛ける者は少なくない。かつてはそれらに対して、「お前初めてか?力抜けよ。」と諭し、同じ道に導くことが是とされていた。だが時代が進むにつれて「受け」を行える修験者が不足し、「攻め」一辺倒の信徒らは相手の勧告を受け入れず「四つん這いになれ」としか言えなくなってしまった。

教義[編集]

かつては九字の「アッー!」にそれぞれ意味を持ち、それらをいかに親和させるかが美徳とされていた。現在ではそれらの意味は失われ、他人が面白いとか面白くないとかは関係なしに、とにかくバカみたいに「アッー!」と唱え続ける・垂れ流すことだけが教義となっている。

九字 浄化の対象 三尊六道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道
アッー! アッー・アッー 衆道

歴史上の有名なアッー!教徒[編集]

関連項目[編集]