利用者:BCD/きじ散歩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ちい散歩」の項目を執筆しています。

地井皆さん、最近歩いてますか! 散歩っていいですよ~! さぁ、散歩に出かけましょう!!

テーマソングJASRAC検閲により削除

ナレーション「今日の地井さん、Uncyclopedia執筆コンテスト2010の出典記事をおさんぽ。エクストリーム・NRV貼りつけプレーヤーなのに、地方記事はことごとくチェックをしていない中の人が特色のあるご当地記事にびっくり。あるいはつまらない記事の連続に大激怒。そして、たまに現れる面白い画像に爆笑。さぁ、今日も散歩に出かけましょう」

オープニング(採点基準)[編集]

地井「えっ~、本日はUncyclopedia執筆コンテスト2010の審査員ということで、出典記事を回ってみたいと思います。いや、地方ネタって、中の人は書いたことがないし、ネタがすぐに出てこないという言い訳で、審査員でお茶を濁したようですが、今回、以下の基準で点数を付けています。」

ちなみに基準は示したものの、点数の内訳は公表する気はありません。

長さ(10点)
短くても長すぎてもだめ。ほどほどがいい。
ネタ(10点)
目の付け所がいい題材について10点、それ以外はだいたい5点
構成(20点)
章立ての数、章ごとのバランス、画像の配置等。かなり辛めになってしまった。
装飾(10点)
文字加工やテンプ等。これも辛め。
わかりやすさ(20点)
読んで字のごとく。ちょっと辛め。
おもしろさ(30点)
読んで字のごとく。
おまけ(±α点)
採点が辛口だったのか、全体のレベルが低かったのか、平均点がかなり低すぎたのでその調整。つまり大人の事情というやつ。


地井「そういうことで、さっそく採点にまいりましょう」

採点[編集]

(注)ここも全部あの口調でやろうと思いましたが、変な誤解を受ける可能性が高いので普通にコメントします。

親不孝通り[編集]

40点

  • 「概要」はわかりやすい。でも記事がこれだけというのがもったいない。
  • 「親不孝通りに集う親不孝者達」も普通の説明になってしまっている。
  • ちょっと短い。もう少し読みたかった気がする。

相生市[編集]

40点

  • {{誰も気にしない}}が多すぎ。必要性も感じられない。
  • {{自主規制}}も多すぎ
  • 「名産品」はもう少し説明が欲しい。
  • すみません、なんで蓮舫の画像があるのですか?
  • 「ペーロン祭り」もただエクストリームスポーツを並べただけ。これだったら大根で終始押し切ってもよかったのでは。

帆曳船[編集]

60点

  • 段落が長い。もう少しコンパクトにしてもよかったのでは。でも、読みやすくてそんなに苦にはならなかったけど。
  • 二部構成だったけど、個人的には四部構成でもよかったのでは。
  • 急転直下の落ちがよかったけど、ちょっとまとまりが。
  • 起承転結があってよかったです。

名古屋市営地下鉄鶴舞線[編集]

35点

  • ごめん、路線を普通に紹介したようにしか見えない。説明はわかりやすかったけど。
  • 「駅一覧」が書きかけ。これはひどい。
  • 記事としては最低限の構成はある。

かながわブルー[編集]

60点

  • 短すぎ。もうひと項目説明が欲しかった。
  • 題材としてはおもしろい素材だと思いました。
  • 「制定」がわかりやすくて、事情がすぐに理解できました。
  • う~ん、もうちょっと読みたかった。

日野市[編集]

30点

  • 架空県記事読んでいることが前提ってどうなの?
  • 普通の紹介のようにしかみえない。
  • 多摩県を前提にしているわりにはその記述も少なく、素材を生かし切れていない気がする。
  • たぶん、将来的には全面書き換えを喰らいそうな気がする。

八王子市[編集]

30点

  • 項目はたくさんあるがバランスが悪すぎ。最後のほうは1行でかたづけられていたりする。
  • 説明はたくさんあるけど、結局、何を言いたかったのか不明。これも多摩県を前提にしているわりにはその記述は少ない。
  • 交通機関の記述ばっかりで、文化系の記述がないのもバランスが悪い

多摩県[編集]

10点

  • 地理と歴史しか書いていない。
  • 項目名の大戦ってなに?
  • 太字にしている基準もよくわからない。落ちでもない記述を太字にしている気がする。
  • 多摩地区が題材なのに、小笠原諸島の話がでてきたり、埼玉や千葉や神奈川の話がでてきたり、かと思えば青梅マラソンがでてきたり、話があっちこっちに飛びすぎ。
  • ぼくのかんがえたもうそうのひどいやつ。

倉敷チボリ公園[編集]

85点

  • よくよく見ると、動画頼りだったり、画像がちょっと大きかったり、実際の本文は意外と短いような気がしているが、最初はそんなのを感じさせなかった。
  • 「おとぎの国を案内するよ!」でいくつかの章に分離させてもよかったのでは。
  • 贅沢を言えばもう一つぐらいアトラクションとかの記述が欲しかったなぁ。
  • 落ちが最高。画像落ちだが適度な文章もあって、とてもいい。
  • こういうの記事が読みたかったんですよ!

海軍コロッケ[編集]

55点

  • 説明文がわかりやすいから読ませてくれる。でも短いからちょっと消化不良にもなる。
  • 軍人ネタで押し切っているのがいい。
  • 画像が適度にあって見やすいけど、やっぱりもう少し読みたかった。

大船市[編集]

55点

  • 「概要」がわかりやすくて面白い。それ故、次の「陰謀」が路線(独立運動云々)ががらりと変わりすぎててちょっと残念。こっちの路線も悪くないけど、2つ並列だと……。
  • もう一つ項目があれば記事全体のバランスがとれたかもしれないが、実質2つしか章がないので、しまりがちょっとなくて残念。

大煙突[編集]

55点

  • 「概要」でわかりやすく説明しておいて「伝承」でネタに入っている。構成としてはわかりやすい構成。
  • あっ、本当に約156メートルなんだ。
  • もうちょっと読みたかった。周辺の反応とか、今の扱いとか。

湘南台[編集]

65点

  • 記事全体をパチンコで押し切っているのがいい。
  • 「歴史」の章は「歴史」と「現状」とでも分けてもよかったのでは。ただ分けるとバランスが崩れちゃうけど。
  • 画像も適度にある。最後にちゃんとパチンコ店の画像があるのが親切。
  • オーソドックスにまとめられた記事だと思います。

こきんちゃん[編集]

35点

  • 「概要」しかないのがちょっと……。
  • 小金井市長の言葉がないと、ほとんど記述がない。ここら辺の説明がもうすこし欲しかった。
  • やっぱり実際の絵をみないと、なんでこんなことになっているのか伝わりにくいのが残念。

ふさおとめ[編集]

40点

  • これを記事に持ってきたか!というところがポイント高。
  • 名前の変遷をネタにもってきたのがまたいい。
  • でも、段落構成とか文章の短さとかでそれがうまく伝わっていないのでは?すごく残念。
  • げんれい工房へ外部リンクが張ってあるけど、他になかったの?

南国白くま[編集]

65点

  • この題材ならこう書くしかないだろ、と言わんばかりのストレートな白くまネタ。それがいい。
  • 実際の南国白くまの説明がもう少しあってもよかったんじゃないかと。あまり書きようがないのかもしれないが。
  • 動物の白くまと南国白くまのつながりがちょっとわかりにくかったような。

鎌倉花火大会[編集]

55点

  • 「概要」だけって……、この構成ならそのままでも三つぐらいに分けられそうだが。
  • 大会の起源のでっちあげがおもしろい。確かに室町以降はずっと暗黒時代のような……。
  • 内容もわかりやすかったし、おもしろかったのに、文章が短くあっさりなのが残念。もうすこし読みたかった。

おしま[編集]

50点

  • こういう伝承もネタにできるとは。
  • せっかく間違った水商売に結びつけているのに、肝心の「水商売」の記述が短いのがもったいない。
  • ナントカ還元水はリンク先にこっそりつけておくのでなく、「水商売」か関連記事のところで表に出してしまったほうがよかったのでは。
  • 文章はわかりやすくおもしろかったです。

門真市[編集]

80点

  • ネタがある地方自治体の記事はこうもおもしろく書けますか。
  • 項目のバランスもいい。ぶれずにパナソニック押しなのもよい。
  • 説明もわかりやすくていい。
  • ただ……この記事が「門真市」の記事であることを誰も覚えていなさそうな気がする(笑)

南部煎餅[編集]

30点

  • 冒頭文の良さに期待しすぎてしまっていたので、最後はかなりがっかり。
  • 煎餅を武器として押しているのが食べ物として説明しているのか、食べられる武器として説明しているのかちょっとわかりにくかった。武器なら武器で押してほしかった。
  • 執筆者の最後の手入れの版で見ているので、最後の「煎餅汁」の書き方はマイナス点。

ムツアゲハ[編集]

40点

  • 何が蝶なのかしばらくの間さっぱりわからなかった。「あれ?モスラって釜臥山から現れたんだっけ?」と考えてしまった。
  • 画像が小さい。普通の記事はこのぐらいでいいのかもしれないが、この記事の場合はもっとでかくしないとわからない。
  • 釜臥山の記述、蝶関係ないね?

平城遷都1300年祭[編集]

55点

  • なぜせんとくんの画像がない?!
  • これなんかネタ満載の気がするがあまりにあっさりと書きすぎのような気がする。イベント一つ一つ書いてもしょうがないけど……。
  • さいごの落ちである「これから」が冒頭文とリンクしていてアリな落ちではあるが、伝わっていない気がする。
  • もう少し掘り起こしてもよかった気がしています、残念。

草加せんべい[編集]

65点

  • そうか、産地偽装か。確かに言われてみればその通りだ。
  • 越谷市の偽装についてわかりやすく詳しく書いてあるけど、他の市の例も欲しかった気がする、贅沢ですかねぇ?
  • アニメイト限定せんべいのパッケージのインパクト大。
  • 適度な量の記事で構成がしっかりしている。これはさすがとしか言えない。

志摩スペイン村[編集]

55点

  • 歴史の部分が妙に長い気がする。もう少しコンパクトにしてもよかったのでは。中身は読みやすかったです。
  • 逆にアトラクションのところの記述をもう少し増やしても問題ない気がする。
  • 「その他」っているかねぇ?なくても十分だとおもったのだが。

向日市[編集]

50点

  • へぇ、長岡京ってここだったんだ。
  • こういうおいしすぎるネタがあるのだが、もっとそこにスポットを当てればいいのに、それがうまく伝わっていない気がする。
  • 「概要」がしっかり書いてある分、それ以降の説明が短すぎて尻切れトンボの印象を受けた。
  • ネタを生かし切れていない、という感じがした、残念。

東八道路[編集]

5点

  • 短すぎ、問題外。
  • 文章も何をネタにしたいのかさっぱりわからない。

拝島駅[編集]

10点

  • 短すぎ。
  • 駅名たくさんならべているだけにしか見えない。
  • 「概要」もちょっと支離滅裂が混じっている気がする。

宮崎駅[編集]

25点

  • 短い上に、普通に紹介しているようにしか見えない。
  • 説明は普通に説明してわかりやすい。でもそれだけ。
  • {{ICU}}ギリギリ。

竜宮城 (茨城県)[編集]

90点

  • 今大会でいちばんぶっ飛んでいる記事。
  • ネタのチョイスが卑怯すぎる。
  • 画像や装飾文字がちょっと気になっていますが、記事としては問題ないと思います。
  • ネタがぶっとび過ぎだから、普通に説明してもおもしろいのにさらに手を入れてあるのが凄い。
  • こんな飛び道具に最高点付けるのもどうかと思ったけど、結局これが今回最高点を付けました。

上海国際博覧会[編集]

75点

  • まさにタイムリーなネタ。
  • パクリ路線もあるかな、と思っていたが、パビリオンネタで来た。
  • これもネタ満載だから、普通に書いても十分ネタになる。その意味で卑怯(いい意味で)
  • しかし、画像があるということは全部見たということだよな?すごいなぁ。
  • たぶん画像をまだ埋めきっていませんよね?そこが残念(本人気にしていないみたいだけど)

紋別港[編集]

60点

  • 文章は読みやすいし、わかりやすい。
  • う~ん、ロシア人と犬のくだりが面白かったので、そこら辺を増やしてもよかったのでは(記事のバランスにもよるけど)
  • おもしろく紹介するという意味では、正統派のいい記事なんだけど……個人的に好みでは……すみません

木曽川[編集]

50点

  • う~ん、文章は読みやすくてわかりやすいし、構成もちゃんと項目がいくつかそろっていてバランスがいい。画像もいいのが張ってあり、方向性も一致してはいるのだが……普通の紹介記事にしかみえないんだよなぁ。
  • 川ってネタにしにくいところもあるんだけど……評価が難しいなこれは。

エンディング(総評)[編集]

ナレーション「地井さんは木曽川の記事を見たところで今回の散歩の終着点としました。今回の散歩は32記事、215524バイトのお散歩でした」

地井「ええ、今回の感想としては。『おもしろいけど短い!とにかく短い』『普通の紹介?』『意味わからない!』等ちょっと残念な記事が多数ありましたが、そのなかで面白い記事も結構ありほっとしています。

基本的にご当地ネタって、おもしろおかしく紹介する以外の方法が使えるネタってそんなにないと思います。それ自体がぶっとんでなければ、スポットを当てるところがなく、想像を想像をふくらませるとか面白く紹介するとかそれぐらいしかないと思ってます。そういう意味で、書く人はかなり苦戦したんだろうなぁ、と勝手に想像しています。

次回、ご当地ネタがあっても絶対に参加しません!素材を扱うのが難しくて無理です。

そういうわけでまた次回の審査で。」