利用者:BCD/ゲーム記事審査CX

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

このタイトルで書き出しを工夫しようかと思いましたが無理でした。

さて、審査です。昔のゲームということで当然ながら知名度が低い。そういうのはいかに基本をわかりやすく説明できているかがポイントにはなる。

久々に個人的な審査ポイントでも書いておきますかな。

  • 長さ(消化不良や読むに疲れるような長さになってないか)
  • ネタ(ポイントの置き所やネタのチョイスのセンス等)
  • 構成(章の流れ、起承転結、序破急等)
  • 装飾(画像の使い方等)
  • わかりやすさ(知らない人にもわかるようになっているか)
  • おもしろさ(アンサイの根幹)
  • あとこれらの合計に足したり掛けたり

リンクは採点時の版にリンクしています。

まわり将棋[編集]

80点

  • いろいろな面でオーソドックスな記事。
  • とにかくに結びつける内容で読みやすい。
  • 「ルール」まではいいんだけど、その後が短いんだよなぁ。勝つためのポイントとかそんなのを追加すればよかったのかも。

もと子ちゃんのワンダーキッチン[編集]

60点

  • 知名度が低い作品をどうやって説明するか、というところ。
  • 説明も丁寧だし、わかりやすい。画像も必要最低限はそろってる。
  • でも、結局一番伝えたいところがよくわからなかったりする。言いたいことは全部書いているんだと思うけど、最後になんかしっくり来ないところがある。
  • ゲームの中身についてもっと書いて欲しい気がした。

オンボロこうじょう[編集]

35点

  • 上大岡駅ありきの記事。つまりこの駅がどういう駅がわかってないと何がおもしろいのかわからない。私もわかってない。
  • 「上大岡駅=オンボロこうじょう」ってことが言いたいと思うが、これはさすがに厳しいだろ。
  • ん?後ろは横浜新都市交通金沢シーサイドライン?すみません。もっと意味がわかりません。やるんだったら、ひとつに絞ったほうがよかったのでは。
  • 「概要」は読みにくいけどちゃんと概要になっていると思う。
  • 墨塗を使うアイデアは悪くない。でもその墨塗にさらに████で塗っているから読みづらい読みづらい。まあ、そうでもしないとリンクが浮かび上がってしまうのか。
  • 努力が買うがいかんせんポイントが悪すぎる。

輪回し[編集]

90点

  • 最初のアレは卑怯でしょ、卑怯。
  • 構成がうまくて、記事全体がなにか不思議な空間になっている。
  • しかし、落ちがこれですが。こんな落ちでもなんか不思議な気持ちにさせてくれる。
  • もう少し読みたかった気がする。

王手飛車[編集]

25点

  • 画像ぐらい張ったらどうだい?探せば結構あるし、1枚張るだけで記事が引き締まる。
  • そう書くぐらい短い、それぞれのところも短い。
  • 「傾向」っている?概要と一緒にしてよかったと思う。
  • 「対策」が記事のメインだとおもうが他が短すぎてバランスが悪すぎる。しかもこれおもしろいのかしら?思いつきそうなところはそろえてると思うけど、う~ん。

天下統一Ⅱ[編集]

60点

  • とにかく外交がすべて。これがすごくわかった。
  • 長いけど、読ませてくれるのでそれほど疲れない。
  • ただ……「受け手の労力を考えない創造の末路 」の前半。いい流れがここでそれこそ加賀の一向一揆みたいにべたっと壁になってしまっている気がする。ここがいいと言い流れで最後までいくのに。
  • あと、ところどころで光栄をチクチクチクチクチクチクチクチクするところがどうも気になった。すごく言いたいのだろうけど、すごく引っかかった。
  • すみません、太平洋の嵐のほうがよかったです。最低でも80点ぐらいにはしていた気がする。

元祖西遊記スーパーモンキー大冒険[編集]

55点

  • 淡々と説明する。それで十分おもしろい、という「事実は小説より奇なり」のスタンスの記事。
  • 箇条書きばかりってあまり好きじゃないんだけど、文章にしてまとめるにしても難しい気がした。
  • とにかくクソゲーであることはとてもよくわかりました。
  • ただ、淡々と説明しているが故に、それ以上の感想がないんだよな。
  • ん?続きがある!(本当に気づいてなかった)無理矢理肯定する記事だったのね。
  • 後ろはこっちは逆に読みずらいし。もう少し章立てとかできなかったのか。あと、太字もポイントとは言い難い気がしている。
  • 前半と後半が真逆すぎてそれはそれでいいんだが、審査に困る。

Tennis for Two[編集]

55点

  • 一番このコンテストらしいネタ。
  • よく読むと前半って普通の説明なんだよね。まあ、ここをおもしろくしようとするとわかりにくくなる可能性は高くなるし、ここまで書かないと説明にならないから難しいところ。
  • で、それをカバーするための後半。オーソドックスな展開で悪くない。ただ、これで終わっているのが少し消化不良気味。じゃあ何を追加すればいいの?と言われると困ってしまうのも確かだが。
  • 元ネタがあまりにシンプルすぎて難しい素材だったのか。

ドット絵[編集]

55点

  • まじめ風に解説するタイプと思われるが、う~んそれぞれにつながりが薄い感じなんだよな。
  • 最初の「歴史」は自分好みなよな。ただその後が続かない。続けにくいというのもあるとは思うが。
  • 説明は丁寧なんだけど、文章の長さとかも合わせて尻すぼみというのをどうしても感じてしまう。
  • 画像はこれでいいと思います。もう一枚あってもよかった気がするが。

スーパーヒーロー作戦[編集]

40点

  • ごめん、こういう「登場人物だけが長い」って構成の記事って大嫌いなんだ。
  • その「登場人物」以外のところだが、言いたいことがわかりやすく伝わっていると思う。もうすこし文章が欲しい気がする。
  • 通常「概要」がこれだけ短いと明らかな説明不足なのだが。そもそも「簡単」ということを伝えたいとするとこのぐらいでもいいかもしれない、という気にもなる。基本は押さえてあるし。
  • さて、問題の「登場人物」。この記事に限ったことではないのだが、これ全員説明が必要なの?という気がする。個別人物の濃淡が開きすぎて短いところが適当感を感じてしまう(そうではないとは思うのだが)。
  • 画像も「乙女向け」という記事のスタンスからすれば、イケメン的な画像をそろえた方が雰囲気が伝わるのではなかったのかしら。

まとめ[編集]

採点が難しい記事が結構あったので苦労した。しかし、現在を除外した範囲にすると変わった素材がわんさか登場するのはアンサイにとってはいいことではないでしょうか。ひどすぎる、という作品もなく、いいコンテストだった気がします。

まあ、サーバの調子がよければもっとよかったのに、というのはあるが、それは仕方が無いことだ、うん。