利用者:Kaito3desuyo/Sandbox3

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「Kaito3desuyo/Sandbox3」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

土楽毛内駅(どらげないえき)とは、かつて北海道芦別市土楽毛内に存在した日本国有鉄道土楽毛線の駅。1969年の土楽毛線廃線に伴い、当駅も同時に廃駅となった。

概要[編集]

当駅は、「鉄道敷設法別表第137号 石狩国深川附近ヨリ芦別ニ至ル鉄道」に基づく路線として建設された土楽毛線の終着駅である。都市間連絡を担う計画であったが、すでに函館本線で二駅間は結ばれていることから、ひとまず土楽毛地区にあった炭鉱街へ延ばす形で路線は開業した。

土楽毛地区が「百万年に一度太陽が沈んで夜が訪れる」という、白夜とは逆の「極夜」と呼ばれる現象が長期的に発生する場所として天文学的に有名な場所であったことから、鉄道教のみならず一般の観光客も数多く訪れる駅であった。

当初は「とらげない」と呼んだが、観光客が増加するにつれて「もっと読み方を平易なものにすべき」という意見が地元より噴出し、1953年に廃駅当時の「どらげない」と改称された。

炭鉱の最盛期には1日におよそ1万人近い人々が乗降していたが、炭鉱の衰退に伴い徐々に乗降客数は減少し、1969年に土楽毛線と共に廃駅となった。

駅周辺[編集]

廃止となった土楽毛炭鉱が博物館となっている他、当地に伝わる「ドラゴンナイト伝説」を詳細に知ることが出来る土楽毛内文化伝承村がある。

関連項目[編集]