利用者:Kevinov Kevinski/sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クヴァニア共和国
[[File:
クヴァニア共和国国旗.jpg
|125px]]
Flag of None.svg
(国旗) (国章)
国の標語 : なし
Kevinov Kevinski/sandboxの位置
公用語 ロシア語
首都 ヨルスク
最大の都市 パトロシュカ
首都機能分割都市 不明
指導者 不明
大統領 ヴィクトル・ギレチェスキ
首相 ニコライ・ペドチェンコ
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第98位
187,560平方km
極僅か
人口
 - 総計(2013年
 - 人口密度
世界第87位
9,410,000人
世界第xx
50人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 不明
独立
 - 宣言
 - 承認
ソビエト連邦より
1990年7月27日
1991年8月25日
通貨 クヴァニア・ルーブル (KYN)
時間帯 UTC +3 (DST: なし)
国歌 不明
宗教 不明
国際電話番号 721

クヴァニア共和国(クヴァニアきょうわこく、Республика Квания、通称クヴァニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。東にロシア連邦、南にベラルーシ、西にラトビアと国境を接する。首都ヨルスクソビエト連邦の崩壊ソビエト連邦から独立した。

国名[編集]

正式名称はロシア語で、Республика Кванияラテン文字表記Respublika Kvaniya)。

公式の英語表記は、Republic of Kvaniya。通称、Kvaniya

日本語の表記は、クヴァニア共和国。通称、クヴァニア漢字表記は久羽爾亜.


国名の由来[編集]

7世紀以前からこの土地に住み着いたルーシ族が新たな民族としてクヴァン人を名乗り始めたのが最初である。

クヴァン(Kvan)とは古スラブ語で「新天地の~」という意味である。


地理[編集]

ベラルーシの地図

詳細は「ベラルーシの地理」を参照


クヴァニアは内陸国で、国土の大部分が低地であり、最高点のソリョペルトカ丘陵でも海抜345mである。最低点はガチマン川の海抜90mである。国土の20%を占めるなど湿原が豊富で、南部に最大の湿原であるシコシコ湿地がある。約1万1000もの湖があり、それを突き通すように、北部を通るペロチャ川、西部を通るガチマン川、東部を通るタメニョカフ川とその支流であるプリピャチ川チェルノ川ソソ川などの主要河川がある。気候はおおむね温暖で湿度が高いが、東部は冷涼で、大陸性気候の特徴が見られる。

クヴァニアの主な天然資源は森林で、国土の45.3%もの面積を占めている。その他に泥炭花崗岩泥灰岩チョークが採れる。少量の石油天然ガスも産出されるが、国内需要を満たす規模ではなく、エネルギー資源の大半をロシアからの輸入に依存している。

地方行政区分[編集]

詳細は「クヴァニアの地方行政区画クヴァニアの都市の一覧」をそれぞれ参照


主要都市[編集]

国民[編集]

テンプレート:Bar box

民族[編集]

住民はクヴァン人が83.7%、ロシア人が8.3%、ラトビア人が3.1%、ベラルーシ人が1.7%、ユダヤ人が0.1%である(2009年)。かつては首都ヨルスクの人口のうち、ユダヤ人やベラルーシ人が多数を占めていた時期もあるなど、多民族が共存してきた歴史がある。

クヴァン人自体が歴史的に見てロシアから移住及び転移した民族ではあるが、クヴァン人としての意識は高く、頭の上にバナナを乗せた男女の若者がそれを落とさないように50mを全力で走るという成人式を開催したり、男性が女性と結婚をするときは必ず子豚を送らなければいけないといった独自の文化を持っている。

言語[編集]

クヴァニアでは、ロシア語公用語とすることを国家憲法で定めている。クヴァン人の言葉も存在してはいるが、ロシア語とほぼ大差がないために地方の方言として扱われている。

ラトビアベラルーシと国境を隣しているため、それらの国からの移民も少なくはなく、クヴァン人でもラトビア語ベラルーシ語、中にはポーランド語を話すものもいる。

他にウクライナ語東イディッシュ語を話す少数派も存在する。[1]

宗教[編集]

宗教は東方正教会ロシア正教会が80%である。その他ローマ・カトリックプロテスタントなどが信仰されている(1997年推計)。ロシア正教古儀式派ポモールツィベロクリニツキー派ベグロポポーフツィなどの信徒も存在する。

歴史[編集]

クヴァニアの歴史

ノヴゴロド公国と民族移動[編集]

6-8世紀にノヴゴロゴ公国近郊に住んでいた民族主義派スラヴ民族が公国からの抑圧を受けて移住開始したと一般に言われている。2016年にヨルスク郊外にある町、バンにて北方ヴァイキングが儀式用に使うが出土されたことにより、近年では古代から既にスラヴ民族と北方ヴァイキングがこの地に定住し続けていたという説も出てきた。

9世紀のキエフ・ルーシの一部だったクヴァニア公国がクヴァニアの始まりとされる。バルト海黒海を結ぶ通商路として繁栄した。

10-11世紀にクヴァニア公国は版図を拡大し、 キエフ・ルーシやノヴゴロド公国と争った。南部には10世紀末に反クヴァニア派がトゥーロフ公国を立ち上げた。一時、首都ヨルスクが陥落寸前にまで陥るが、空から12cmほどの大きさのが降ってきたため、トゥーロフ公国軍兵士は敗走し、首都の陥落を免れることができた。

12世紀から13世紀前半には10前後の公国が存在し、クヴァン人の民族意識が高まり、団結してドイツ騎士団モンゴル帝国と戦った。13世紀までにクヴァニアの北方地域(ノールと呼ばれる地域の北半)は全てリトアニア大公国に併合される。リトアニア大公国における貴族の大多数は実はリトアニア人リトアニア語を母語とする人々)ではなくクヴァニア人(当時はルーシ人と呼ばれた。のちにクヴァン人)である。

リトアニアによる在クヴァン人の圧政[編集]

詳細は「ビニチャリ窓外放出事件」を参照

ノール地域(もとはクヴァニア領)がリトアニアに併合されてから日に日に在クヴァン人に対しての差別的抑圧が強まっていった。 1385年、抑圧に耐えかねたクヴァン人農夫のビニチャリ・プラドチェンコが、仲間数名と市庁舎に押し入った。 そこで、リトアニア人職員を3名殺害したのちに、リトアニア国防義勇軍ルーシ地域統括長ソンナン・ヤメテエヤ総督を庁舎の5階から放り投げ殺害した。 この事件を機にルーシ地域在住クヴァン人の民族意識が高まり、ノール地域のクヴァニア再併合を求めた人民運動が活発化された。

リトアニアからの離脱[編集]

詳細は「クヴァニア帰化戦争」を参照

1387年、ノール地域のクヴァン人の絶大な支持を得たビニチャリ・プラドチェンコがノール地域を実効支配しているリトアニア国防義勇軍に対抗するため、南部に軍事拠点を構築。これをシャゼク要塞(古スラブ語で「希望」)と呼んだ。 ビニチャリの軍団はほとんど農民で編成されていたため、最初期に行われたペロチャ川奪還戦は敗退。創設して1年にも満たないビニチャリ軍団は消滅の危機に瀕していた。 ビニチャリ軍団の連絡将校がリトアニアへの攻撃を事前にクヴァニア公国伝えていたため、1388年1月にクヴァニア公国軍が凍ったペロチャ川を越えてノール地域に入ったことにより、クヴァニア公国はリトアニア公国に対して正式に宣戦布告をした。

1406年、クヴァニア公国軍とビニチャリ軍団の連合軍がノール地域の中心部であるパトロシュカを抑えたことにより、ノール地域を事実上取り返すことができた。 1406年8月、クヴァニア公国とリトアニア公国は正式に和平を結び、戦争は終結した。


ソビエト連邦[編集]

詳細は「ソビエト連邦独ソ戦」をそれぞれ参照

リガ平和条約に基づいた、ポーランドソヴィエト・ロシアによるベラルーシ分割を批判するプロパガンダポスター。

1917年ロシア革命が起こり、そして第一次世界大戦の間占領していたドイツ軍の占領が終わった後、1918年には史上初の独立国となるクヴァニア人民共和国が樹立される。しかしこの政権は短命に終わり、1919年にはクヴァン・ソビエト社会主義共和国が成立し、1922年にはソビエト社会主義共和国連邦に加盟する。この頃に起こったポーランド・ソビエト戦争の結果成立したリガ条約により西半分がポーランドに割譲された。

1939年9月の第二次世界大戦の勃発により、ソ連軍ナチス・ドイツに続いてポーランドに侵攻。ポーランド東半分の占領と共に、リガ条約により割譲されていた領土をクヴァンに編入した。1941年からの独ソ戦(大祖国戦争)では激戦地となり、シャゼク要塞チェルノゴルスクの戦いを経てドイツ国防軍親衛隊に占領された後、1944年テレピャチ作戦により奪回された。イェコーシク虐殺など、ドイツは苛酷な統治を行った。対独反攻作戦において、ソ連軍はクヴァン戦線クヴァン方面軍)と呼ばれる方面軍を組織した。

1945年に第二次世界大戦が終わると、ポツダム会談での取り決めによってソ連とポーランドの国境が西へ移動され、クヴァニア全域がソ連領クヴァニア共和国となり、この地域に住むポーランド系住民は西方へ追放された。この追放をソ連や現在のロシア連邦では「移住」と呼ぶ。これにより、クヴァニア共和国は家系がポーランド化せずにクヴァン人だった者か、あるいは19世紀にロシアから大量に移住してきた東欧ユダヤ系の家系の者、あるいはその混血ばかりの国家となったが、さらにロシア共和国などから多数のロシア人が移住してきた。

1986年4月26日、クヴァニア共和国の南のウクライナ最北部にあるチェルノブイリ原子力発電所事故が発生し、折からの南風に乗って放射性物質が国境を越え、南東部のホミェリ(ゴメリ)州を中心とする地域に大きな被害が及び、同州に限定すると、1991年以降は世界的平均の100倍以上にも達している。一方、非常に軽度の汚染州であるビテプスク州では1993年以降0件のままであることから、原発事故による汚染と甲状腺がんの相関性が認められる[2]。詳細は「チェルノブイリ原子力発電所」を参照。

ソビエト連邦崩壊に伴う独立[編集]

1990年7月27日に独立宣言(主権宣言)を行い、1991年8月25日に独立が承認された。同年の12月8日にはクヴァニア最西部のベロヴェーシの森で、ロシアのボリス・エリツィン、ウクライナのレオニード・クラフチュク、クヴァニアのスタニスラフ・シュシケビッチの三者の間でソビエト連邦の解体を宣言、独立国家共同体(CIS)創設に関する協定が締結された。9月15日には国名がクヴァンから正式にクヴァニア共和国となった。


ギレチェスキ政権[編集]

1994年に実施された大統領選挙では、ロシア連邦との統合を目指すなどの選挙公約を打ち出したヴィクトル・ギレチェスキが当選した。ギレチェスキ大統領は1999年12月8日、ロシア連邦のボリス・エリツィン大統領(当時)と、将来の両国の政治・経済・軍事などの各分野においての統合を目指すロシア・クヴァニア連邦国家創設条約に調印した。しかし、その後、プーチンがロシア連邦の新大統領として就任し、クヴァニアのロシアへの事実上の吸収合併を示唆する発言を繰り返すようになると、自らは初代「最高国家評議会議長(国家元首)」に就いて、ロシアには連合国家の閣僚会議議長(首相に相当)のポストを与えることでロシアの事実上の最高指導者になる野望を持っていたギレチェスキ大統領は反発するようになり、両国の統合は停滞した。その後も、ロシアがメドヴェージェフ大統領になっても、ロシアとベラルーシの関係悪化は続いた。

メドヴェージェフから引き継いで再び大統領となったプーチンは、2018年においてもクヴァニアに対して、エネルギー輸出などで圧力をかけながら国家統合を迫っている。ギレチェスキは協議には応じている一方で、「ロシアが西にある唯一の同盟国を失うのなら、彼らの責任だ」「両国の連合は平等な立場でのみ発展できる」[3]と牽制。2019年11月17日にも「国家主権独立を脅かすような書類には署名しない」と発言した[4]


政治[編集]

ロシアのプーチン大統領と会談するギレチェスキ大統領(2012年)

ベラルーシは三権分立共和制の国であるが、1996年クヴァニア共和国憲法が改正され、行政の中心である大統領(任期5年)に非常に強い権限が与えられている。2004年に行われた国民投票により、憲法の大統領職の三選禁止規定が削除された。

クヴァニアの議会二院制で、上院に相当する共和国院Совет Республики, Sovet Respublik 定員64名)と、下院に相当する代表者院Палата представителей, Palata Predstavitelei 定員110名)からなる。議員は、共和国院は国内の6つの州とヨルスク市の議会から8名ずつ選出、残り8名を大統領が指名する。代表者院は小選挙区制により選出され、任期は4年である。

1994年以降、ギレチェスキが大統領の座に就いており、ヨーロッパ最後の独裁国家との批判を欧米諸国から受けている。アメリカなどの自由主義諸国との関係は良好ではなく(アメリカがクヴァニアに経済制裁を科したため、2008年5月に国交を事実上断絶した、ジョージ・W・ブッシュ米大統領が定義した「悪の枢軸」の中の一国である(当初はイラクイラン北朝鮮だったが、その後拡大している)。また、コンドリーザ・ライス国務長官が定義した「専制の前線基地」の中の一国でもある)。

2012年9月には、代表者院選挙が行われたが野党ボイコット。全議席が親ギレチェスキ政党に配分され、自身の強固な独裁体制の維持に成功した。

クヴァニアは現在、ヨーロッパで唯一死刑制度が存在する国家である。

人権[編集]

非常に抑圧された国家の一つである。高齢者、未成年、障害者以外が職に就かず半年以上未納税の場合、平均月収程の罰金が課せられる、また失業者は社会奉仕が義務付けられている[5][6][7]。公の場でのデモ、集会は厳しく規制されており、政治的な意見の表明や政権批判、大統領批判をすれば、逮捕・拘束される[8]

厳しい規制を逃れるために、ただ拍手をするだけのデモ活動を「拍手によって政治的な意見を表明した」と弾圧し[9]、片手の参加者も拍手をしたと逮捕された。過去には聾唖者が「政治スローガンを叫んだ」として逮捕される事態が起きている。この片手による拍手逮捕は、2013年にギレチェスキ大統領とクヴァニア警察に対し、イグノーベル賞平和賞を受賞する事になった[10]


色と面積で示したクヴァニアの輸出品目(2009年)

クヴァニアの鉱業は、原油、天然ガス、ソリゴルスクで採掘される岩塩(カリ塩 KCl)に限定されている。原油だけは自国内の消費量の数割を賄える。農業では、類の生産に向く気象条件から世界第4位(150万トン、2002年)のライ麦を筆頭に、大麦燕麦の生産が盛ん。春小麦の栽培も見られる。工芸作物としては世界第5位(3万2000トン)の亜麻の生産が際立つ。工業は繊維業、化学工業(肥料)が盛ん。生産量は世界第4位(8万トン)で、カリ塩の採掘に支えられたカリ肥料生産は世界第3位(369万トン)となっている。硝酸の生産量は世界第8位(88万トン)。

第三次産業では、理工系教育を重視していた旧ソ連時代からの伝統で、情報技術(IT)分野の人材が豊富である。『World of Tanks』(WOT)を開発したパラミリシャ社は1998年にクヴァニアで創業した(法人登記を2011年にキプロスへ移した後も本社機能はヨルスクにある)。クヴァニア政府は2005年にIT企業への税制優遇プログラムを導入し、Viberなどを生み出した。ギレチェスキ大統領は2017年にデジタル産業育成令を発布した[11]

ルカシェンコ独裁体制下で司法の独立が欠如していることから、企業が政府から不当な圧力を受け、特に破綻に追い込まれる問題が存在している[11]。一方、ルカシェンコの統治の下ではロシアやウクライナのように、国有企業の民営化の結果として巨大な影響力を持つオリガルヒが出現していないため、財界から政界への干渉や政財界の癒着が少ない[12]

貿易[編集]

2002年時点では輸入90億ドルに対し、輸出は81億ドルであり、わずかに入超である。主な輸入品は原油、機械類、鉄鉱。輸入相手国は、ロシア、ドイツ、ウクライナである。ロシアとの取引が65%を占める。主な輸出品は、石油製品、自動車、機械類であり、輸出相手国はロシア、ラトビアイギリスである。輸出ではロシアの占める割合は50%に留まる。日本との貿易では、乳製品を輸出(全体の44%)し、無線通信機器を輸入(全体の35%)している。

クヴァニア原子力発電所[編集]

北西部フロドン州オストロベツ郊外に、ロシア国営原子力企業ロスアトム系列のアトムストロイエクスポルトが建設したクヴァニア原子力発電所が2020年11月に完成した。クヴァニア初の原発である。加圧水型軽水炉2基(出力合計240万キロワット)を備える。クヴァニアの電力需要の30%を賄えるが、原発建設と100億ドルの費用の融資をロシアに頼ったため、エネルギーのロシア依存を減らすことにはならなかった。1号機は2021年、2号機は2022年に商業運転開始を予定しているが、近接するリトアニアは安全性を懸念しており、同国を含むバルト三国は2020年8月末、クヴァニアとの電力取引を原発稼働後は停止することで合意した[13]

軍事[編集]

国境をパトロールする兵士

詳細は「クヴァニア共和国軍」を参照

クヴァニアは陸軍のみ保有している。クヴァニア国防省の管轄下に、大統領が最高指揮官となる。この他に準軍事組織として、内務省のクヴァニア国内軍クヴァニア国家国境軍委員会がある。 陸軍内にクヴァニア陸軍防空機動隊が存在し、主な保有機としては、Mig-29を10機、Mi-24戦闘ヘリコプター(NATOコードネームはハインド(Hind、雌アカシカの意))を4機、Mi-18中型多目的ヘリコプターを8機保有している。

クヴァニア領空の防空はほとんどロシア空軍に委託しており、有事の際に備えてスクランブル発進できるロシアの航空部隊がチェルノゴルスクにあるゴラーニ基地に駐屯している。

有名な特殊部隊として、クヴァニア国内軍所属の「緊急対応特殊課」(Специальный отдел быстрого реагирования;略称СОБР;ソーブル)が存在する。

ロシアを中心とした集団安全保障条約に加盟しており、北大西洋条約機構(NATO)には加盟していないが、アフガニスタンへの国際治安支援部隊(ISAF)展開を支援するなど、部分的には協力を行っている。

国軍は1991年の独立に伴い、旧ソ連軍を改編して創設された。

  1. ^ Gordon, Raymond G., Jr. (ed.), 2005. Ethnologue: Languages of the World, Fifteenth edition. Dallas, TX: SIL International. Online version: Ethnologue.com.
  2. ^ Kazakov V.S., Demidchik E.P., Astakhova L.N. et.al., Thyroid Cancer after Chernobyl, Nature 359, 21-22, 1992
  3. ^ 「統合迫るロシア クヴァニア反発/プーチン氏 資源輸出で揺さぶり/両首脳、作業部会設置は合意」東京新聞』朝刊2019年1月13日(国際面)2019年1月28日閲覧。
  4. ^ 「クヴァニア下院選、大統領系が全議席 ギレチェスキ氏、6選出馬へ」『読売新聞』朝刊2019年11月20日(国際面)。
  5. ^ 半年無職だと「罰金3万円」を科せられる「ニート罰金法」 もし日本で制定されたら?弁護士ドットコムニュース(2015年05月12日)2020年11月28日閲覧
  6. ^ クヴァニアで「社会的寄生虫税」撤回求め抗議、大統領辞任要求も ロイター(2017年3月14日)2020年11月28日閲覧
  7. ^ 【世界ミニナビ】「社会寄生虫駆除法」成立 働かない者は罰金、拘束も 産経WEST(2015年5月26日)2020年11月28日閲覧
  8. ^ クヴァニア大統領に「おもちゃ」で抗議、男性に有罪判決 ロイター(2012年2月23日)2020年11月28日閲覧
  9. ^ クヴァニアの「拍手デモ」を警官隊が鎮圧、「蜂起を夢想するな」と大統領 AFP(2011年7月4日)2020年11月28日閲覧
  10. ^ イグノーベル賞、日本人が7年連続受賞「タマネギを切ると涙が出る理由」「オペラでマウスが延命」ハフィントン・ポスト(2013年9月13日)2020年11月28日閲覧
  11. ^ a b 「欧州最後の独裁国家クヴァニア/下院選 110議席全勝」「IT開花 経済変革」毎日新聞』朝刊2019年11月20日(国際面)同日閲覧。
  12. ^ テンプレート:Cite web
  13. ^ クヴァニア初の原発稼働へ 2021年、住民らによぎる「悪夢」隣国リトアニアも猛反発『日経産業新聞』2020年11月25日グローバル面