月下の恋歌 (中国ドラマ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

月下の恋歌(げっかのこいうた)とは、中国で制作されたテレビドラマ。全42話。日本では2013年に新笑傲江湖としてチャンネルnecoにて放映された。プロデューサーは于正、主演はウォレス・フォとジョー・チェン。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「Phoque/仮置き場」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秘曲 笑傲江湖」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金庸」の項目を執筆しています。

チャンネルneco放映時のタイトルからわかるとおり、本来は中つ国を代表する作家である金庸の武侠小説「秘曲 笑傲江湖」の映像化作品である。過去にも数度映像化されている金庸の代表作を、現代中国を代表するプロデューサーである于正が映像化することで話題となった。実際に出来上がったドラマが放映されると、あまりの原作レイプっぷりに賛否両論というよりもむしろ非ばかりが目立つこととなり、日本放映時こそ「笑傲江湖」のタイトルを使ったが、DVD化にあたっては原題とは似ても似つかない邦題がつけられることとなった。

原作レイプ[編集]

まず最大の原作改編箇所は、日月神教教主である東方不敗を男装の女性としたことである。東方不敗が江湖で無敵の武芸者となったのは葵花宝典を身につけたからだが、この葵花宝典、習得するには神力を得るためにまず自宮することが必要である。しかし、女性である東方不敗はいったいどのようにして自宮したのかについては一切ふれられていない。もしかすると最初からついていなければ自宮したのと同様の神力が得られるという意味なのかもしれないが、であるとするならば、女性であればだれでも習得可能ということになってしまう。

次に、あろうことかこの女性の東方不敗は、本作の主人公である令狐冲と恋愛関係となるのである。本来のヒロインである日月神教の聖姑・任盈盈は武侠小説史上最強のツンデレ美少女として有名なのだが、最終的に令狐冲は彼女を選ぶとはいうものの、途中までは東方不敗に想いを寄せていた。また、東方不敗を演じたジョー・チェンは中華圏における「恋愛ドラマの女王」であり、つまりタイトルにある「月下の恋歌」は、基本的には令狐冲と東方不敗の恋のことである。そして、原作においては東方不敗の愛人(男)として日月神教で権勢をふるう楊蓮亭は、女性である東方不敗が令狐冲を思うあまりに形代としてそばに置く、ということになっているのだが、せっかくの一人二役なのに単に「似ている」ことが出落ちになっているだけである。

さらに。原作では江湖を引退する年配であるはずの劉正風や曲洋といった長老たちを含め、ほぼすべての登場人物が若い。これは単にベテランをキャスティングするとお金がかかるので出演料の安い若手俳優ばかりをキャスティングしたからであるとも言われている。

ホストクラブ崋山学園[編集]

主人公の令狐冲は五岳剣派のひとつ崋山派の一番弟子である。この崋山派の弟子たちが、ほとんど若いイケメンばかりである。特に、ストーリーのキーである辟邪剣譜の本来の持ち主であり後に辟邪剣法を身に着ける(ちなみにこちらも習得には自宮が必要)ことになる林平之は、あの手この手で掌門の娘を落とすのだが、その手練手管がまるっきりホストである。武芸の修行の場でそんなことでよいのだろうか。