利用者:TRAMPJP/sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダイゴリャン2世擁立戦争とは、皇族ダイゴリャン2世が統治権をカマクラ王国から奪い取るために起こした政権奪取のための内紛である。この頃、かつての大将軍ヨリトモバル・ミナモトが築き上げたカマクラ王国では内部闘争・権力の過剰な搾取により各地の総督らの不況を買っていた。それゆえ、王国各地で反乱が頻発し、それに対処するのに精一杯な状況であった。それをヤマシロノプールから眺めていたとある古えの皇族の1人、ダイゴリャン2世はこの混乱の中でどさくさに紛れて、古来ジパンニアを統治していた自身の先祖のように再びこの国を統治できるのではないか?と思い立ち、未だ強大な軍事力を有していたカマクラ王国に立ち向かったのだ。

ダイゴリャン2世擁立戦争
Emperor Godaigo.jpg
王国建国時の皇帝ダイゴリャン2世
戦争: カマクラ-ヤマシロ戦争
年月日: 1331年6月5日-1333年
場所: ヤマシロノプールをはじめとするジパンニア全域
結果: ダイゴリャン2世の勝利
交戦勢力
ヤマシロノープル総督 カマクラ王国
指揮官
Imperial Seal of Japan.svgダイゴリャン2世 Mitsuuroko.svgタカトキヌス・ホー・ジョー
戦力
ダイゴリャン2世軍

歩兵:30,000人
騎兵15,000騎
軍艦:500隻

ひよこ大王国援軍
ひよこ軍:500羽
食料:10,000羽

カマクラ王国軍

歩兵:70,000人
騎兵42,000騎
軍艦:700隻

損害
テンプレート:Campaignbox カマクラ王国の滅亡

背景[編集]

当時、ジパンニアは強国モンゴルからの侵攻を退け、ジパンニア独自の統治をホー・ジョー家が独裁して行っていた。しかし、さらなる侵攻に備えたホー・ジョー家は各地の総督に軍役を命じ、総督らの家計は火の車に陥っていた。また天候不順なより農民らも不作に喘ぎ、国全体が危機的な状況となっていた。

そんな中、ヤマシロノプール総督ダイゴリャン2世は、かつて自分の先祖たちがジパンニア全土を統治していたことを思い出し、過酷な窮状に喘ぐ諸国の総督らの声に耳を傾けず自由気ままに独裁を行うカマクラ王に対して反乱を行う計画を立てた。 しかし、その反乱計画はカマクラ王国側に漏れ、1324年、ダイゴリャン2世の側近らが次々に流罪にされた。信頼を置いていた側近を失ったことで反乱自体を諦めるかと思われていたが、ダイゴリャンは頑固にも再び反乱計画を立てる。

序盤[編集]

1331年6月、ダイゴリャンが計画していた反乱予定日がとある側近の裏切りによりカマクラ王国に暴露された。2度目の反乱計画に腑がモツ煮になった当時のカマクラ王国国王タカトキヌス・ホー・ジョーは、自身の配下のサダナオントゥス・ホー・ジョーサダ・フ・ユーンタカウジリヌス・アシカガンヌスヨシサダントゥス・ニッタリアンらに75,000もの大群を預けてダイゴリャン2世の討伐を命じた。戦争当初はタカウジリヌス・ヨシサダントゥスともにカマクラ王国に属していた。