利用者:Tcom

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

tcomについて ある男語る[編集]

                                初めに

Wiiこのユーザーはわざわざインターネットチャンネルを使って記事を投稿しています。

          

ジャプニカ暗殺9.jpgこの利用者はキラ信者です。
犯罪者を殺すことで平和な世界が訪れると信じています。

                 

男性この利用者は男性です。
No スマートフォン.pngこのユーザーは携帯電話を持っていません。
いつもどこでもつなが……らないむなしい人です。

                

Explosion-nuke.jpgこのユーザーは非リア充です。
リア充爆発しろ!!

Tcomについて語る[編集]


  【{tcom}って知ってるかい?】私がその名を出した瞬間、男は一瞬驚いたような顔をしたのだが、次の瞬間には盛大に声を上げて笑い出した。

「ハッハッハッハ!おーおー、もちろん知ってるぜ!? というより俺はあいつのことを語りたくてうずうずしてたんだ。」

そういって男は懐から紙を取り出した。

「こいつのことだろ?そうなんだろ?!」その紙には一人の男の似顔絵がのっていた。

うわーすごいへたくそ。私は心の中で思ったが隣のカウンターに座る男にそれを言うことは恐ろしくて出来なかった。

「いやいやいや、俺の生きてる間にやつのことを知りたがっている奴と会えるなんてな!今日はめでたい日だ!」

そういいながら男は手元のカルピスを一気に飲み干し、かなり興奮した口長で語り始めた。

「まずあいつのことを話し始めるには、一言であいつを表しておこうと思うんだ。」

そういった後、しばらく悩んで、はっと思いついたように語り始めた。

「あいつを一言で表すなら、ニートってところだ。いや、寄生虫って言い方も・・・・


                   ・・・二時間経過・・・

「・・・と、そこであいつが俺に向かって言ったわけだ![おいオッサン、そんなことして何が楽しい?]ってな!俺は驚いた!なんてったって俺は犯人であいつは犯罪心理学者。ざっぱざっぱと波が打ち付ける崖の上であいつは話しかけてきた。そこですかさず俺は言ってやったね、「ヘイ、ジョニー、家のワイフが・・・・


                       ・・・三時間経過・・・

寝てしまっていたようだ。隣に座っている男の話は終ったのだろうか?そう思い隣へ目を向けると・・・

「・・・の・・瞬・に・・・だろ・・・

だんだん意識が覚醒してきた。どうやらまだ話は続いているらしい。

「あいつと156回目に出会ったのは大きな栗の木の下だった。」

・・・な、長すぎる。本当に長い。私は一生こいつの話しを聞かなければならないのか。そうあきらめかけた瞬間、

「ここであいつの話はおしまいさ。長くなっちまったが聞いてくれてありがとうな。カルピスの代金は俺が払っといておくよ。」

そういって手を振りながら店を出て行く男の後姿を見送りながら、私こと(tcom)はスーパーマーケットの床に倒れこんだのだった。




Uncyclopedia Puzzle Potato Notext.png
この利用者はアンサイクロペディア騎士団の一員です。  

この利用者はアンサイクロペディアへの登録に成功しました。
そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、彼らの誇りです。