削除線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが削除線の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちも「削除線」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「打ち消し線」の項目を執筆しています。

打ち消し線削除線(さくじょせん)とは、HTMLの仕様で定められている何に使うか良く分からない線。


外洋概要[編集]

この線の歴史は古く、人間が文字を書き始めた頃からあったと言われているが、発祥の地についてはエジプト文明説、メソポタミア文明説、黄河文明説などがあり未だにはっきりしていない。ただ全ての説に共通していることは、面倒臭くて引いたという事である。(当時は文章を書き間違えた時は紙ごと捨てなければならなかったので、現在の比ではなかった。

使い方[編集]

ウィキペディア[編集]

ウィキペディアでは、主に「ちょタンマタンマ!やっぱこっちの方が有利そうだわ」と自分の意見をコロコロと変更するために使われる。

アンサイクロペディア[編集]

アンサイクロペディアでは独裁者管理人管理者をバカにするために使われる。しかし独裁者管理人管理者とてそのようなことは良くある事なので特に気にしない

HTMLでの描き方書き方[編集]

HTMLでは長い間抹消線を引きたい箇所を<s>と</s>と言う二つのタグで挟む事で抹消線を実現したが、なぜかW3C教団ではこの短くて便利なタグをタブーとしていた。代わりに<del>と</del>で挟まなければならないとされている。尚、メディアウィキではどちらも受け付けてくれるので気にしない気にしない。ついでに言えば、この二つのタグは全く意味が異なるものらしいのだが、どっちにしてもFirefoxでもIEでもOperaでもSafariでも削除線が引けるのでこの件も気にしない気にしない。 なお、HTML5では<s>の使用が再度認められるようになったので、最早気にする必要すらなくなった。

その他の使い方[編集]

  •  、と書くと見た目はなのに中身は2という偽リンクが作れる。

下線[編集]

下線とは、削除線とは反対に、ノートで自分の意見を追加する時に書く線。ノートでの抗争が絶えないウィキペディアでの知名度はそこそこあるが、ノートの利用率が少ないアンサイクロペディアではほとんどの人が知らない。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「削除線」は何故か「削除厨」とネタや題材がダブっています。削除厨」の記事のほうが、この記事よりもよっぽど徹底しています。