前田愛 (声優)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

前田 愛(まえだ あい、1975年4月19日 - )は、日本の女性声優、歌手。兵庫県神戸市出身。実質東映アニメーション専属声優。2008年現在、デビューおよそ十年になる

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「前田愛 (声優)」の項目を執筆しています。

同姓同名のあの人[編集]

女優の前田愛とは全くの別人血縁者ですらない。だがしかし、何と女優のほうも声優のハシクレになっちまった。なお、にも同姓同名ペンネームを使っていた文芸評論家(男の方の本名も「前田愛」だが読みは「まえだよしみ」筆名「まえだあい」)がいた。

偽名[編集]

かぶることを恐れてか歌手活動をする際は『AiM』なる偽名を使っている。声優業をする際にはかぶる恐れはないだろうということで本名でクレジットに出ていたが、『キノの旅』で女優の方も声優界に進出してしまった。CIAから流出した活動報告書によると、文芸評論家の前田愛、映像プロデューサーの前田愛なる人物は架空の存在であることが判明。よって、前田愛(女優)が前田愛(声優)を(業界的に)亡きものにしようとしているという噂は必ずしもデマとも言い切れない。

声優としての性質[編集]

主に癒し系の声を存分に生かしたどっちかっていうと物静かな役で定評がある。

主な役[編集]

大概本人の容姿とは正反対の役柄になるのは何故?

大海 恵(金色のガッシュベル!!) 
作中キャラとしては大人気だったのに原作者の失態のせいで殆ど出番なし。原作でも扱いが酷いまま終わってしまった。
水無月かれん(キュアアクア)(Yes! プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!) 
その声でお局キャラを見事に演じ、子供から大きなお友達まで幅広い層に大人気(キュアドールも一番売れてる)。ただし、やられ声や変身の際の口上を十回に一回くらい失敗する。
太刀川ミミ(デジモンアドベンチャー/デジモンアドベンチャー02) 
デジモンアドベンチャー
小森久美子(神様家族)
あまり知られてはいないがメインヒロイン担当。優等生だったり貧乏だったり悪魔だったり天使だったりする。
多分代表作とまで呼んでいいぐらいにまで重要な役だったりする。
ポアラ(冒険王ビィト/冒険王ビィト エクセリオン) 
一部のファンの間ではその内容も含めて黒歴史
寿ミズキ(はたらキッズ マイハム組)
どう見ても太刀川ミミ。違うのは身長と関西弁くらい。
シオン・ウヅキ(ゼノサーガシリーズ) 
珍しくバカ女の役。
伏見千尋(ドラマCDペルソナ3Vol.1 -Daylight-) 
本来サブキャラなのに一時期アイギスをも凌ぐ人気ぶりだった。
永倉えみる(センチメンタルシリーズ)
発売前からSGガールズとして期待されたが、肝心の内容が暗黒太極拳とか暗黒舞踏会だったりゅん。
お市(戦国無双シリーズ)
1では妹の部分がクローズアップされたロリキャラだったが、2では若干設定年齢が上がり、落ち着いたキャラに。
武器は剣玉で、兄だろうが夫だろうが剣玉で殴り倒す。詮無きこと。
3では更に設定年齢が上がり、武器も連環輪に変更された。
ニーチェ(ユグドラ・ユニオン)
強烈なロリ人魚。幼シオンとロリババアと並ぶ前田愛三大ロリボイスの一角。
ユーディ(ユグドラ・ユニオン)
珍しく敵役。かなりドスが効いてます。でもこれはこれでイイ。

「前田愛エニグマ」[編集]

何故か彼女がメインを張る作品はたいていコケるか質が低過ぎ。しょっぱなから『センチメンタルグラフティ』で大コケ、有名な邪神モッコスの名を轟かせた『ゼノサーガ エピソードⅡ 善悪の彼岸』、また『ゼノサーガ エピソードⅢ ツァラトゥストゥラはかく語りき』の打ち切り漫画のごとき展開、せっかくの『デジモンアドベンチャー』という日本史上最強神アニメの感動的なラストを台無しにした『02』、『Xenosaga THE ANIMATION』の作画崩壊の嵐、『金色のガッシュベル!!』の史上最低の最終回、最終回が「キノコ狩り」だった『冒険王ビィト』、ラストでこそ持ち直したものの設定、力関係無視の超原作レイプだった『エクセリオン』、一見好調のように見える『Yes! プリキュア5』でさえ必殺技が使いまわしの上ほぼ毎週にわたって作画が崩れるのに加え、中盤に入ってからは黒歴史だった前作と大して視聴率が変わらず、あってないようなストーリーでもはやただのバンダイの30分CMという有様。後番の『GoGo』でも大して進歩しない内容。また、メインキャラではなかったが彼女が出演した『F-ZERO ファルコン伝説』も不遇過ぎる結果に。ここまでくると呪われてるとしか…。しかも、やたら東映アニメーションがらみ。ご本人に忠告します、邪神モッコス様のお力で呪いを…。って、原因はそれか…?

しかも、それ以降に発売された、彼女がヒロイン役を務めたPSPRPG『ドラグナーズアリア 竜が眠るまで』でも、発売から半年足らずで中古店に溢れかえるなどそのエニグマぶりはきっちり発揮されている模様。やっぱり『ユグドラ・ユニオン』もビミョーな出来。キャスト欄に「前田 愛」の三文字が見えたら要注意!!

なお、アトラスの製作者はこのページを見なかったのか、ペルソナ4に彼女を起用してしまったらしいとの噂が…どうなっても知らないよ。

その他[編集]

なんか仕事の関係でキュアアクアの衣装をプレゼントされた。でもそれってある意味嫌がらせじゃ…?さらにサンクルミエール学園の制服姿の写真まで出回っているという…。また、某声優事務所のアレ騒動のときもファンからも特に心配されてなかったりする。

歌手としての性質[編集]

歴代のデジモンシリーズのエンディングを担当してきたが、『02』の前期OP『アシタハアタシノカゼガフク』までは…。しょっちゅう音程を外す。しかしそれまでのEDが神曲だったため評価はそれなりに高い。高音の地声はファンを虜にしてやまない。

和田光司との関係[編集]

同じくデジモンシリーズのオープニングを担当してきた和田光司とは仲が良い。彼のライブにゲスト出演したこともある。

シングルオンリー[編集]

その妖艶さと歌声を生かして、なんと平野綾のようなアイドル声優化を企んでいたらしい。 そんな彼女の過去の曲を集めようにも廃盤になっているものも少なくない。よって、その辺のCDショップを回るのは無駄な労力。どうしてもほしけりゃネットで探せ。また、ショップの声優コーナーで「前田 愛」の名を見つけても手に取るだけ無駄。何故なら、それは女優の方のものだからである。

プライベート[編集]

趣味[編集]

結構ゲーマーで、『モンスターハンター』がお気に入り。妖艶なモンスターハンター。

関連項目[編集]

青二プロダクション
やたら東映とつるむ会社。
東映アニメーション
クソアニメ量産会社。青二プロに居続ける限り彼女が日の目を見ることはないんだろうなぁ、多分。
前田愛
デジモン


Hayami.jpg この項目「前田愛 (声優)」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)