前立本尊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

前立本尊(ぜんりつほんぞん、英:Prostate Buddha)とは、長野県長野市善光寺境内にあるらしいことがわかっている、国の重要文化財である。

善光寺御開帳[編集]

前立本尊は、善光寺の本尊である御柱が絶対の秘仏とされ一般公開できないことから、御柱に相通じる存在として、7年に1度、厳かに御開帳の儀が行われる。 御開帳の際は、前立本尊と対になる、小諸の布引観音検閲により削除であるが、秘儀自体は公開されておらず、密室で何が行われるかは明らかでない。

戒壇巡り[編集]

前立本尊の直下には、前立本尊に直結した金の球が2個あり、それをなでることで極楽往生できるといわれている。このため、休日は、前立本尊の直下に入るは観光客で賑わう。このため、エクストリーム・聖火リレーなどの競技開催時には、絶好の毒ガステロ攻撃目標となっている。一説によると、戒壇めぐりの通路直上に本尊があり、かつては直接底部を触れることもできたというが、現在は木の天井で覆われており真偽は不明である。

中の人[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「前立腺」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「善光寺」の項目を執筆しています。

この前立本尊は、中の人がときどき長野市内で目撃されている。

目撃者によると、カオナシのような外観で、「ちょっと通りますよ」と言いながら駅構内の人混みの中を歩いていたという。