前置き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前置き (まえおき) とは、本文に対して、必要となる前提条件の列記や、定義づけを行う箇所である。具体的には、ここで、変数と関数の宣言と、定数値の設定が行われる。

前置き[編集]

ここは、前置きの前置きである。たらいまわしにならないように、あらかじめ、今後起こりうる無限ループを前もって封じる。以後、前提条件として、前置きの項目の存在する他の記事を読んで、「ところで前置きって何だっけ」と疑問に感じた方を、この記事の主な読者対象とする。

前置きの概要[編集]

例えば、良い仕事の各工程の割合として、「段取り八分(はちぶ)」といわれるが、この「段取り」に相当する部分が、まさに、「前置き」に相当する。即ち、誰もが認める良い仕事とは、仕事そのものではなく、準備や根回しなど、まさに前置きの部分で、その結末が決まるのである。これは、将棋に於いて最初に動かす駒を決める際の判断の工程に近いものがある。また、麻雀にて喩えるならば、勝負は手牌をツモっているときではなく、ドラが決まる前に決まっている事実に近いものがある。 日常的には、結末を見て初めて理解することが多いが、実は始まる前に決まっている事実がある。ここでも、前置きが如何に重要であるか、理解できよう。 このように大切な、前置きを今後例を挙げて述べていこう。

前置きの事例について[編集]

  • 物語・小説など 架空の世界について読者と作者と共有するため、前置きの領域で、世界観や登場人物の紹介が為される。ここが面白いかどうかで、この作品の価値が大きく変わるため、最も、情熱を注ぐべき箇所である。ここの面白さによって、この架空世界や登場人物たちの運命が左右される。
  • プログラミング言語 「前置き」と言う語感から、「前置きは文系のもの」と誤解を受けやすいが、実は理系的なプログラミング言語に於いても、前置きは大変重要である。ここに必要とする定数や変数が揃っているかどうかで、プログラムの品質が大きく変わる。
  • 手紙など 定型句である「拝啓」から、時候の挨拶、「さて」までが前置きとなる。手紙の前置きは、省略することが可能であり、その場合は、「拝啓」ではなく、「前略」となる。「前略」とは、「前置きは、省略」を、さらに略した(最初と最後の1文字ずつを結合し二字熟語として居る)言葉である。「前略」から始まる手紙の場合は、読み手側も、「この手紙は前置きを省略する言葉をさらに省略するほど急ぎの手紙である」事を理解し、直ちに要件を汲み取る努力をする必要がある。
  • 音楽など 多くの場合は、前奏部分が、前置きに相当する。「この音楽は、こんな感じの音楽」と、前置きである前奏によって想像することが出来る。しかし、ごく一部の神曲と呼ばれるものは、まるで異なる前奏や、前奏なしで始まる場合もあり、必ずしも前置きが有効ではない。
  • 絵画など 今まで挙げて来た例の前置きは、一次元的に解釈されるものの冒頭部分が、「前置き」となっている。そのため、数千ページ数十遍に亘る大長編でも、前置きは開始部分の数ページであるし、音楽についても、楽譜を文章の行と同様の解釈をすれば類推が出来る。しかし、絵画に於いての前置きは、下絵の線画部分であり、完成後は、おぼろげながら想像をめぐらせることは出来ても、具体的なものを完成後に見ることは困難である。しかしながら、「その後の運命を決める」と言う働きに於いては、まさに、「前置き」そのものの働きであり、ここまで上げてきた例に対して、唯一、二次元的な前置きの例といえる。

前置きとは[編集]

前置きの概要や事例など、前置きの前提知識に対する説明など、前置きの説明に対する必要な説明が済んだので、前置きそのものに対する説明は、後任に托そうと思う。 前置きが少し長すぎた。


この項目「前置き」で言及されていることは、まだ前置きに過ぎません。これからこの記事を完成させるのは、あなたです。 (Portal:スタブ)