副流煙

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
医療情報に関する注意 御自身の健康問題に関しては、試して合点健康食品販売会社で何とか仕手下さい。免責事項も御読み下さい。
独自研究 この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

副流煙(ふくりゅうえん)とは、タバコの火を付けた先から出る煙である。フィルターを通して吸引する「主流煙」に比べて害が少ない。

煙と被害[編集]

副流煙はタバコからフィルターを通さずに煙が出るために、主流煙に比べて含まれる化学物質の濃度が多量に含まれている。特に人体への影響があるとされるニコチンは約2倍、タールは約3倍、一酸化炭素は約4倍程度多く含まれている。能動喫煙者はフィルターから主流煙を吸引するが、受動喫煙者は副流煙の影響を受けているとされている。能動喫煙と受動喫煙の人体に対する疾患のリスク増加はWHO等から発表されており、ここから主流煙と副流煙の人体に対する影響の強さが分かる。研究により確定している情報のみを以下の表に記す。

非喫煙者との相対的なリスク比
被験体\疾患 がん 虚血性心疾患
受動喫煙者 1.29倍[1] 1.23倍[2]
能動喫煙者 4.39倍[3] 2.51倍[4]

表より分かる通り、能動喫煙よりも受動喫煙の方がリスク増加が少ないことが明示的である。また、表に載っていない疾患においては喫煙の場合はリスクが増加することが確定しているが、受動喫煙の場合はリスクが増加すると明確に言えないため比較できないために載せていない。これらのことから主流煙よりも副流煙の方が人体への悪影響が少ないと言える。

副流煙喫煙[編集]

より望ましい喫煙方法。

副流煙よりも主流煙の方が健康被害が大きいのは主流煙はフィルターを通して煙を吸引するためであるが、これがフィルターを通すときに有害物質を得るのか、それともニコチンやタールなどの濃度が主流煙の方が少ないために健康被害が大きいのかは未だ研究結果が出ていない。しかし、主流煙を吸引するよりも副流煙を吸引する方が健康被害が少ないため、従来正しいとされているようなフィルター側を咥えて吸い込むのではなく、左図のように火が付いている方から咥え副流煙を吸引する方が望ましいと考えられている。この喫煙方法により、喫煙者は喫煙による健康へのリスクを半分以下に抑えることが出来ると推定される。また副流煙を口内に収めて空気中に放出しないために受動喫煙の被害も軽減できるため他者への健康配慮の面からも推奨されている。このように、副流煙を副流煙ではなく主流煙としてしまえば多くの問題は解決されると考えられている。

しかし注意も必要。

問題点[編集]

この喫煙方法にもデメリットがあり、それは火がついている先端が視認できないために右図のように火傷を負ってしまう可能性があると言うことが挙げられる。また、火先や立ち上る煙を口内で隠してしまうために、喫煙者の大部分を占める拝火教信者にとっては礼拝行為として認められず異端扱いされてしまう危険性がある。なにより最大の問題として、煙の濃度が高いために吸っていてむせてむせて仕方がないと言うことが挙げられる。そのせいで、この推奨されるべき喫煙スタイルは一部の人を除いて広まっていないのが現状である。

脚注[編集]

  1. ^ Aust NZJ Public Health 2001
  2. ^ BMJ
  3. ^ Jpn J Clin Oncol 2006
  4. ^ Am J Epicemiol 2005

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「受動喫煙」の項目を執筆しています。