加害妄想

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

加害妄想(かがいもうそう)とは、常に自分が他人に危害を加えている、自分が他人に迷惑をかけているのではないか、と思い込む病気のことである。

概要[編集]

自分に対する根強い猜疑心が生まれる病気である。精神病患者に多く見られる症状の一つでもある。

なぜか現代日本のみに見られる病気であり、発病過程は未だ立証されていない。治療方法もまだ確立されていない難病である。自意識過剰の一種とする説もある。

そもそも、この症状が病気であるとの啓蒙が進んでいないのが実態である。このため、発症しているにも関わらず医療機関を受診せず、悪化の一途を辿る例が後を絶たない。また医療従事者においても認識の低さから、病気に気付かないケースが頻繁に見られる。

このような事情から正確な統計は存在しないが、一部には、日本国民の数割がこの病気を有しているとの仮説もある。

病状[編集]

社会において、加害妄想に囚われている人々は、その社会内にて悪影響を与えることが多く見られる。症状が悪化すると、自分に危害を加えたり、エクストリーム・謝罪に勝手にエントリーするなどの事件に発展することもある。

加害妄想の例[編集]

  • 会社で部下である場合、自分の上司への忠誠心を疑う。
  • 劇場で後ろの人の邪魔にならないように浅く座る。
  • 満員電車で他人の足を踏みそうで怖い。
  • 私が書いた記事だから、他人に削除や加筆やDEFAULTSORTや+CatやFixSortKeyする手間をかける。
  • 郵便ポストが赤い。
  • 電信柱が高い。
  • 日本人はアジアの方々に多大なるご迷惑を…

関連事項[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「加害妄想」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


Onkise.jpg すみません!すみません!
記事が書きかけですみません!!
私、皆さんに迷惑かけていませんか? (Portal:スタブ)