加賀市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加賀市」の項目を執筆しています。

加賀市(かがし)は、加賀地方に位置する菓子都市である。石川県で一番南に位置する都市。 いや、実はここは加賀藩であり、藩政はもちろん「御菓子城」が中心である。

概要[編集]

山中町を取り込み新たなスタートをきった市である。最近では大江戸温泉物語に取り込まれそうな市でもある。昔から山代、山中、片山津といった温泉街が有名。片山津をはじめどこも最近はヤバイようだが大江戸温泉物語の支配により持ち直してきている感もある。一見、加賀温泉駅周辺が中心のようにも見えるがあくまで中心は大聖寺駅周辺である。たった1つの小さな町と合併しただけなのに、ある程度の規模の2,3の町が合併したかのように拠点がバラけていてどこが中心なのか定めにくい。

交通[編集]

鉄道[編集]

JR
北陸本線が走っている。市の中心は大聖寺だが電車的には加賀温泉駅が中心。通過するヤツもいるが、大阪、米原、富山方面への特急はまあまあ停まってくれる。普通列車は1時間に1本来ればいいだろ的な状況。快速は皆無。駅は大聖寺、加賀温泉、動橋の3つである。
その昔、大聖寺と動橋しか駅がなく、どちらに特急を停車させるかの奪い合いのため、意地でも特急を停めようと大聖寺と動橋の間で周辺住民も巻き込んで激しい緊急停車合戦が繰り広げられた。迷惑極まりない!と憤慨した国鉄はちょうど中心あたりに加賀温泉駅を作り特急は全てここに集約された。中心のはずのDSJが地味になっていくのもここからである。

バス[編集]

加賀温泉バス
確か2007年ぐらいまで加賀温泉駅や大聖寺駅から市内の各温泉地や粟津温泉を結ぶ路線など10路線前後あったはずのだが、2008年あたりに市民生活&観光客を完全無視した他にも類を見ない大幅ダイヤ改悪が行われ、現在は3路線になった。どう考えても能登より栄えているように見えるがバスだけは県内最低レベルの市のようだ。七尾市でさえ無料のコミュニティを運行しているのにね。
バスで10分、200円程度で行けていたはずの片山津温泉へはタクシーか徒歩か高いキャンバスでどーぞ。
キャンバス
加賀市内の観光地を巡るあくまで観光客向けの循環バス。一回ちょっとそこの病院までの移動でも高い一日乗車券を買わなければならず、便利に見えて市民生活には役立たずなバスである。だから普通の安いコミュニティバスを走らせろと何度言ったら(ry
日本元気劇場バス
加賀市内のバスに新たな旋風を巻き起こしそうなバス。もしかしたら加賀温泉バスも吸収されてしまうかもしれない。

道路[編集]

8号線
一部除きずーっと1車線である。

名所[編集]

観光地だけは結構そろっている。

山中温泉
山代温泉
片山津温泉
どれも無味無臭無色透明で特にこれといった特徴もない。濁り湯だの、湯の花だの、硫黄の臭いだの、ドロッとした感触だのを求める人は他へ行ってください。
日本元気劇場
大江戸温泉物語が加賀百万石時代村を買収してオープンさせたテーマパーク。本当は温泉テーマパークにするつもりで温泉掘削の様子をブログで公開していたが、1回目で終わっている。どうなるのかと思っていたが普通に温泉とは無関係のテーマパークとしてオープンさせてしまった。そしてまた潰れていった。(加賀温泉駅前の地図から名前抹消済み)
ユートピア加賀の郷
金色の観音様がそびえる。加賀市はこの観音様に守られている。最近は織田無道に乗っ取られたが、僧侶たちへの給与未払いなど様々な問題を抱えている。観音様テーマパークとして復興する予定だったが、日本元気劇場から政権の座を奪回するのは大変そうだ。
加賀ゆめのゆ
加賀市唯一のスパ銭。レジャランが経営してる。
アビオシティ加賀
要するにアルプラザ加賀店。駅前にドーンと構えているのでなんとなく滋賀県っぽい。
お菓子城加賀藩
名物はどっかからパクったような名前の『加賀福』。城はあんころでできている。
龍吉
『め~らん』が食べられるのは全国どこを探してもここだけw
加賀市中央公園
日本元気劇場には遠く及ばないが加賀市民のための公園。
夢将軍
DSJなのにDSGはここにはない。あるのはやっぱYSGである。
橋立自然公園
名前間違えてるかもしれないが、最近出来たでっかい立派~~な公園。「ピクニック広場」は虫が多過ぎて大変な事になっており、必然的に虫の少ない海辺ばかり栄えている。ていうか中央公園だけで十分だ。大阪公園とかに居た浮浪者さんは皆ここに来ちゃえ。

企業[編集]

加賀市といえば忘れてはいけないのがアダルトDVDである。全国のアダルトDVDの約50%はこの加賀市のセンターから全国に向けて発送されている。

職員のバカッター[編集]

市の職員が勤務先等を明らかにしたTwitterのアカウントで「極寒!一日交通整理で立ちんぼ!やっほいクソくらえ」といった仕事の不平不満や「下手に出とりゃ調子に乗りおって!!40歳独身変人クサレババア~~くそ~~」などといった同僚の悪口等の書き込みをおこなっていたところ、ネットユーザーが探偵ファイルに情報を提供し記事となった[1]。同記事によれば、探偵ファイルの問い合わせに対して加賀市役所は当該職員の調査等は行わないという趣旨のことを述べたとのことだった。どうなってんだ一体。

同記事で引用されているつぶやきについては、「名誉毀損と思われるので、免職もしくは停職6カ月」[2]。とした弁護士の意見もあるようだが、当該職員の処分については結局、一般市民にはうやむやな模様。

脚注[編集]

関連項目[編集]


この項目「加賀市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)