南クリル自治共和国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

南クリル自治共和国(みなみ-じちきょうわこく)とは、北方領土における緩衝国家である。

成立の経緯[編集]

長い交渉の末北方四島は日本領土と確定されたが、ロシア系住民を強制的に追放することなど出来るはずもなく自動的に自治共和国が成立する運びとなった。

公用語[編集]

名目上日本語だが実質はロシア語である。

住民[編集]

形式上日本人とされているが実質上はロシア人である。国民は全員日本のパスポートと共にロシアのパスポートを保持している。

ロシアとの関係[編集]

国民は全員ロシアのパスポートも保持しているため今でも往来に制限は無い。経済的、文化的交流も盛んであり、本当にロシア領土でなくなったのか外部の人間だけでなく国民自身疑問に感じている。

日本(内地)との関係[編集]

国民は未だにロシア人としてのアイデンティティーを持っているため日本人及び日本内地政府とは微妙な緊張関係が存在している。ロシア人としてのアイデンティティーを守ろうとする意識が強く、さながらカナダケベックのような状態になっている。

教育制度[編集]

原則的にロシア領土時代のままである。但し択捉島に南クリル大学が建設された。教授言語はロシア語の時間以外出来るだけ日本語を使うようにと名目上定められているが、それを守っている所は一つも無い。日本語は週五時間教えられる規定だが実際には最高でも週三時間程度である。

関連項目[編集]