蘭越町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
南尻別村から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蘭越町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「蘭越町」の項目を執筆しています。

蘭越町(らんこしちょう)とは、北海道後志に属する町のひとつであり、北海道有数の米所である。らんこし米をご存知無い?いや、そんなはずは…

全国的な知名度は皆無であり、「ニセコの隣町」という説明でやっと理解してもらえる可哀想な町である。

概要[編集]

蘭越町は農業を主体として生計を立てる、概ね北海道の自治体として平均的な規模と財政状況(つまりあまり良くない)である。この町の数少ない武器として「らんこし米」なるブランド米を持っているという点が挙げられるのだが、ブランド米のくせに知名度が低いというなんのためのブランド米なんだかさっぱり分からない状況である。北海道全域としては水田よりも畑の方が主流なのだが、尻別川によって広がる平坦で肥沃な大地が水田に向いていたようである。

基本的に田舎であるため『北海道の大自然』とかいうアレは多少残っているが、肝心の尻別川に生息する怪魚イトウは護岸工事の影響なのか、どこかに行ってしまった。ナイル川の氾濫みたいに受け入れてイトウ残した方良かったんじゃないの?

らんこし米[編集]

蘭越町の主力であり、肝心要の生産物だが力不足にしか見えない。いやそもそもただのゆめぴりかはななつぼしだし、潤ってるのは蘭越町じゃなくて栽培元の黒川商店だから…なお蘭越町は財政破綻する域ではないが、黒川商店は店の前の自販機が丸ごと盗まれてもわりと余裕しゃくしゃくであった。行政より個人の方が強いんじゃないのか。

ちなみにらんこし米はコンサドーレ札幌に寄付された事がある。もしかしてコンサドーレがゴミクズのように弱い理由は…?いやでも、日本ハムファイターズにも送ったはずだから関係無いと信じたいところである。

名所[編集]

それなりに自然の残る蘭越町であるが、名所と呼ばれる部分をウィキペディアから抜粋してみる事とする。

  • ニセコ積丹小樽海岸国定公園
  • ニセコ温泉郷
  • ニセコ昆布温泉
  • ニセコ新見温泉
  • ニセコ湯本温泉
  • ニセコ湯の里温泉
  • ニセコ薬師温泉

蘭越はどこへ行った?いやしかし、まだ名所はある、大丈夫。でも大半は地味すぎて列挙する意味も無いレベルの施設だから掲載しないだけである…五色温泉[1]と昆布川温泉は蘭越だし(というか温泉しかないのか?)、チセヌプリスキー場や大湯沼なんかもある。

昆布川では淡水で昆布が育成する特殊な生態系が見られる。昆布温泉や昆布川温泉の温泉成分には昆布のダシ汁やヨウ素が含まれるが、温泉法で規定された成分では無いため効能をうたうことはできず、世間にはあまり知られていない。

名称の落とし穴[編集]

蘭越、という名称は十二分に珍しい地名であるが、この名称が悲劇を引き起こす事もある。決して呼んではいけないのだ蘭越高等学校の略称だけは…![2]

脚注[編集]

  1. ^ 地図で見ると五色温泉はニセコ町との境界に位置する。しかし悲しいかな正式の住所登録はニセコ町である。
  2. ^ 蘭越自体は「桂の木が多いところ」というアイヌ語に由来するため何の悪意も無い…恐らく。

関連項目[編集]