南部師行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

南部 師行(なんぶ もろゆき)は、南北朝時代東北を拠点に活躍した武将で、北畠顕家の子分の一人として知られている。南部氏の支族の一つである八戸南部の出身で、春日顕国伊達行朝結城宗広などと一緒に顕家にこき使われた。顕家に対してはひたすら従順で、顕家の無謀な上洛に随行し、大阪の山中で顕家と共に玉砕した。

経歴[編集]

南部氏は東北の氏族だが、本領は甲斐にあり、師行もそこの出身であった。甲斐国といえば、後に武田信玄武田騎馬軍団を構築、結成したように駿馬の産地として知られており、馬術に練達した人々が多かった。師行も馬術に長じており、騎馬隊を駆使して戦場で縦横に活躍した。

師行は弟南部政長と共に新田義貞の鎌倉攻めに随行し、鎌倉幕府の征伐に貢献している。義貞は兵卒の士気を鼓舞する為に干潮を利用して大仰な芝居を打ったりとこの頃は明晰さを発揮していたのだが、後醍醐天皇の建武政権に参画するようになった辺りから精彩を欠き、足利尊氏に連戦連敗して帝や公家の信頼を失ってしまう。師行はそんな義貞の凋落を見越してか早いとこ彼に見切りをつけ、北畠顕家に仕えるようになった。師行の兄、南部時長は最後まで義貞に随従し、義貞と一緒に仲良く没落していくえ不明になっている。

顕家が陸奥に下ると師行も随伴して下向、糠部郡に入府し、根城(ねじろ)というネーミングセンスがまるでない城を築城し、ここを拠点に北条残党の討伐や、北朝に荷担する勢力の駆逐を担当した。また牧場を経営し、敏速かつ頑健なお馬さんを多く育てた。師行が育てた駿馬の多くは北畠軍の騎馬隊に編成され、この騎馬隊は折り紙つきの機動力を発揮して足利尊氏をコテンパンに叩きのめすことになる。敵対勢力の駆逐、軍備の補強と師行の活躍は目覚しかったが、東北を蛮族の地と蔑視する京都の朝廷は、東北の蛮族ごときを駆逐するのは容易いことだろうと、功績を評価しなかった。というか、師行は北畠顕家に従属する「陪臣」であったので、名前さえロクに知られていなかった。

主君である顕家との信頼関係は強固で、顕家は師行に篤い信頼を寄せ、また師行も顕家に忠実であったが、顕家が足利尊氏を討伐する為上洛を行った際は「お留守番」役を任され陸奥に置いてけぼりにされた。その上、軍勢の殆どを上洛に向わせた為兵力が手薄になり、寡兵を以ってして奥羽の北朝勢力と鎬を削らねばならず、四方を敵に囲まれた状態で、師行は文字通り必死の戦いを強いられた。ところが顕家はそんな師行の苦労も考慮せず、兵力が足りなくなったからあと3000くらい増援を送ってくれなどと要請する始末であった。

このことから、本当に信頼されてたのか、便利な手駒、捨て石くらいにしか思われてなかったんじゃないのかという疑義が生じている。また、師行のひたむきな忠実さは、師行自身のみならず、八戸南部氏に不幸を招くことになるのであった。

一度は九州に逃れた足利尊氏が捲土重来を期してくると、後醍醐天皇は再び顕家に尊氏討伐の為の上洛を要請、承諾した顕家は軍勢をまとめて陸奥を進発、師行もこれに随行した。

顕家らは鎌倉で斯波家長を討ち取るなど破竹の勢いで京都に迫ったが、長期の行軍と合戦で疲弊しており、陸奥への一時帰還を提言する部下もいたが、熱心な天皇教徒で、なおかつ血の気の多いある顕家は今更引けるかとあくまで上洛を敢行、その結果高師直に疲弊した所を奇襲されて大敗を喫し、戦死、師行も共に戦死した。なお、同じ顕家の子分である結城宗広伊達行朝らは、この無謀な上洛に早くから見切りをつけ、密かに軍勢から離脱していた。師行は忠実、糞真面目だったので、あくまで顕家に従い、玉砕したのであった。正直者が馬鹿を見るを地で行く最期であった。

師行は陸奥を出発する際、玉砕を覚悟していたのか、弟の南部政長に「遺言」を残している。その内容は、どれほど劣勢に立たされようと、ひたすら南朝の為に恪勤しろというものであった。師行の死後、南北朝の趨勢は北朝が有利となり、南朝は没落してゆくのだが、政長やこの後の八戸南部の当主はこの師行の遺言を遵守し、そのため南朝と一緒に没落してしまい、師行が存命だったころは北朝に荷担していた本家の三戸南部を凌ぐ勢いを見せつけたのに、力関係はすっかり逆転、戦国時代まで何とか生き延びたが、盛岡藩発足と共に完全にその傘下に組み込まれてしまった。戦国時代の八戸南部当主八戸政栄は一廉の人物だったようだが、先祖の師行よろしく謹厳実直な人柄で、その気になれば南部宗家の当主に収まる事も可能だったのに、狡知に長けた北信愛にホイホイ篭絡され、彼の操り人形であるヘタレの南部信直を盛り立てており、九戸政実から糞真面目もここまでくるともはや滑稽などと評される始末であった。

評価[編集]

真面目一辺倒で柔軟に生きられず、顕家にただこき使われたも同然の師行だが、顕家と共に南朝に忠誠を尽くした事が幸いして、皇国史観の風潮が高まる中評価は鰻登りに上昇した。だが戦後になって皇国史観が下火になると、顕家や楠木正成新田義貞同様 戦前ほど礼賛されなくなった。帝の忠臣という側面を抜きにしても一定の認知度を確保していた正成や義貞、顕家と違い、顕家の子分に過ぎなかった師行はすっかり歴史の陰に埋没してしまい、今ではあまり顧みられる事はない。それでも八戸市の人々にとっては日本に誇れる地元の英雄のようで、八戸市立博物館に御立派な騎馬像が建造された。だが観光客の多くは師行の存在など知らないので、奥州に逃れた源義経、もしくは鎧武者のコスプレをした原敬の銅像だと勘違いしている。

異説[編集]

顕家の忠実な子分として知られる師行だが、実は高師直のスパイであったという異説がある。その根拠となるのが師行の名前である。日本の中世には「偏諱」という、主君や緊密な関係にある偉い人から一文字貰って名前を構成する風習があった。師行の「師」という字は、高師直師泰など、高一族に良く使われる名前であり、これは師行が師直のスパイであった可能性を示唆している。そう仮定すれば、尊氏を散々痛めつけた顕家が、長期の行軍で疲弊していたとはいえ、師直相手に大敗を喫して戦死したのも頷けると言える。

この説を提唱したのは歴史学者森茂暁で、彼は1999年の4月1日にこれを発表したが、翌日になって「エイプリルフールのおふざけでした」と撤回宣言を出した。しかし地元の英雄である師行を裏切り者扱いされた八戸市は憤激し、森に対して謝罪と賠償を請求したという。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南部師行」の項目を執筆しています。