南雅彦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

南雅彦(みなみ まさひこ)は、仮面ライダーシリーズに登場する架空の人物。

概要[編集]

演じるのは、「仮面ライダーアギト」で沢木哲也(本名:津上翔一)役・「仮面ライダーカブト」で東省吾役・「仮面ライダーキバ」で棚橋役と、怪人によく殺される役を演じた小川敦史。幼少期を松田洋治。

よく刑事として登場することから、ファンからは謎の男を追う刑事と考えられることがある。

だが、「仮面ライダーディケイド」公式サイトでは、それぞれ姓名も同じだが、異世界同位体として紹介されたため、世界を渡り歩くケタックやディケイドを追う能力は持っていないようである。

岡村まさひこについて[編集]

「岡村まさひこ」とは、「仮面ライダーアマゾン」に登場する架空の人物である。

「仮面ライダーディケイド」公式サイトでの記述では、南雅彦の異世界同位体の紹介の中に、この岡村まさひこは含まれていない。

だが、「大鉄人17」で南雅彦を演じたのは松田洋治であり、松田洋治は「仮面ライダーアマゾン」で岡村まさひこを演じている。

また、「仮面ライダーディケイド」では、南マサヒコ(南雅彦の異世界同位体)と岡村マサヒコ(岡村まさひこの異世界同位体)が登場。この二人の立場がそれぞれのオリジナルとは逆転したものとなっている。これらはディケイドが世界を渡ったことで異世界同位体同士の感情に作用したと考えられる。

「大鉄人17」や「仮面ライダーアマゾン」の制作時点から、異世界同位体の設定を考え付いていたとしたら、その制作スタッフたちの実力は計り知れない。

このことから、南雅彦の異世界同位体の紹介の中に、この岡村まさひこは含まれていないのは、単に「仮面ライダーディケイド」に南マサヒコと岡村マサヒコが登場するため、混乱をさけるための配慮と思われる。

「年の差カップル刑事」[編集]

警視庁江戸前署捜査一課の刑事として玄田雅彦という人物が登場。苗字が異なるため、ファンの間では「別人説」と「養子説」の2つで同一人物かどうか議論されてきた。

その後、「仮面ライダーディケイド」公式サイトで南雅彦の異世界同位体の1人として玄田雅彦が紹介されたことで決着がついた。

「仮面ライダー555」[編集]

仮面ライダー555」では、オルフェノクを忌み嫌う警察庁の高官。オルフェノクを実験材料し、その弱点を見つけるアンチオルフェノク同盟を設立。物語を悲劇に導いた黒幕である。

「仮面ライダーディケイド」[編集]

オルフェノクが認知され、忌み嫌われている世界の中で、それでもオルフェノクとなってしまった人間の人権も守るべきとする南マサヒコが登場。

「大鉄人17」[編集]

仮面ライダーシリーズと関連の深い「大鉄人17」に少年時代の南雅彦が登場。主人公南三郎の従兄弟にあたる人物であり、家族を失い居候生活だった南三郎を引き取る。もっと、早く来てやれよ。

「MR.BRAIN」[編集]

「大鉄人17」の続編である「MR.BRAIN」にも登場。九十九龍介と出合った瞬間、それが南三郎から話を聴いていたミスター・ブレインであるとわかり、九十九を忌み嫌う

「アオイホノオ」[編集]

かつて、「仮面ライダーBLACK」「仮面ライダーZO」の漫画を描いた島本和彦の漫画「アオイホノオ」にも登場。

映像製作実習で焔燃と組む学生として登場。その後、サンライズに入社。逢坂浩司や川元利浩と共にボンズを設立し独立するところまで描かれている。

作品[編集]

「アオイホノオ」作中で、アニメーターとして関わったとされる作品。現実味を持たせるためか、実在の作品が多い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南雅彦」の項目を執筆しています。


崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『南雅彦』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目だ。それが分かったら、その命、神に返せ! ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)