印税

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

印税(いんぜい)とは、ある固有名詞を示すトレードマークにかかる税金のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「印税」の項目を執筆しています。

概要[編集]

印税は、商標やマークにかかる税金であり、国家財政を支える重要な収入源である。印税はその性質上、有名人であればある程、高額の税金を徴収することが可能である。その性質をさらに生かすため、累進課税の形態をとっている。

印税は、商品自体や広告に、課税対象の図表(今ではトレードマークとみなされるもの全て)を載せることで課税される。課税割合は0から20パーセントである。商品やサービス自体にマークを載せる際は、消費税など別の税金がかけられていることが多いため、税金は最大でも代金の5パーセントぐらいしか取らないが、広告の場合は広告に使用した代金の最大20パーセントを支払わなければならない。そのため、小さな商店が、自分の店の看板にトレードマークを書いたというぐらいでは0パーセントとみなされ徴収されない。逆に、金持ちの一般人のトレードマークにも税金がかかる場合があり、サングラスがトレードマークであれば、サングラスをかけるだけで税金を取られるという悲惨な自体もたびたび発生している。

現在、広告税を徴収しようか、国会で議論がなされているが、この広告税との二重取りになるので、導入するのは止めろっと言っている議員は、今現在いない。

歴史[編集]

印税の歴史は古く、江戸時代の初期から徳川幕府により導入されていた。幕府は大名公家その他名家と呼ばれる人々を取り締まるため、家紋を使用する際に、徳川幕府に使用料を払って許可を取ることを義務付けた。これにより、どこの家がどこで家名を名乗って何をしているかが一目瞭然であり、しかも、藩の恒例行事や参勤交代での移動などにも、さらなる金がかかるようになってしまい、藩の財政をグチャグチャにすることに成功した。ただし、この制度は、藩や公家のアングラ化を生み、後に幕末を迎え、倒幕運動が巻き起こる原因の一つともなった。

明治時代以降も家紋への使用料徴収は続き、ただでさえ廃藩置県などの新政府の政策により弱っていた一部の武家を壊滅させるに至った。武家として活動するのに必要な家紋に税金をかけられたため、家としての存続が難しくなったのである。後に出来た財閥も、家紋使用料を払っていたが、財閥には金が有り余っていたため、大ダメージを受けるには至らなかった。むしろ、積極的に家紋を出して使用料を払うことにより、新政府と蜜月の関係となっていった。

戦後、GHQはこの制度を廃止することなく、むしろ日本にいた旧日本軍勢力を崩壊させるために利用した。その際に名前を印税に改め、家紋以外からでも税金をとれるようにした。戦後以降は家紋にこだわる風潮をなくしたかったというのも改名の理由の一つである。こうして現在に至るまで、脈々と国家の収入源として存続している。

批判[編集]

印税制度には批判も多い。それは、トレードマークに税金をかけるということは、そのトレードマークを広めて、ブランドを築こうとする企業努力の否定に当たるというものである。印税よりは広告税のほうがましだと思う経営者も少なくない。そこで、国は課税対象は登録商標のみにするという代替案を出したが、それでは図表だけでなく社名まで課税対象になってしまうため、当然のごとく却下された。

また、金持ちはトレードマークを作ると税金を取られるため、常に違うファッションをしなければならないという問題も浮上してきている。事実、トレードマークで商売している芸能人ですら、普段は別の服装をしなければならないほどである。そこで、個人は課税対象から外してくれという意見があちこちから出ているが、借金まみれのこの国が何とか崩壊せずに済んでいるのは、印税のおかげでもある。そのため個人を外したり、制度自体を廃止するのは難しそうである。

関連項目[編集]