危険物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

危険物(きけんぶつ)とは、退屈な人生に刺激とスリルを与え、適度な緊張感が伴うようになると共に、生きているということを実感できるようになることで、より明るくより楽しくする嗜好品の一種である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「危険物」の項目を執筆しています。

概要[編集]

平和ボケしたが続いた日本では、特に何もしなくても生きていく事ができるため、生きているという実感が希薄であると共に、生きていこうあるいは生きていたいという意欲もまた希薄になってしまう。

もちろん、バナナの皮で転んだ先にあった豆腐の角に頭をぶつけて死亡するといった危険等も否定はできないが、これらは極めて希有な例であり、大部分の日本人は自分は安全であるという思いと前提の中で生きている事だろう。

このように、平坦すぎる人生ではその起伏の少なさ故に、刺激と興奮が乏しすぎ、その内容はぬるま湯に浸かる様な味気ないものになってしまう。そんな人生に、山あり谷あり、時には命を落としかねないような刺激を味あわせてくれるのが、危険物という存在である。

もちろん、一言に危険物といってもその内容は多岐にわたり、価格も手ごろで比較的簡単に入手できるものから、かなりの高額かつ入手に関しても特別な人脈を必要とするものまで多種多様である。当然、入手が困難なものほど、味わえるスリルや興奮、財産、社会的地位、生命を失う可能性が大きくなる。

代表的な危険物[編集]

世界に数多ある危険物であるが、その中のいくつかを紹介する。たとえば一般的に麻薬などと呼ばれている魔法の粉。中には「エス」「スピード」と呼ばれる粉も有り一般的に気分がよくなると言い伝えられている。その粉は食後やおやつなどにぴったりであるから、ぜひお試しを。最近では学校給食などにも多く使用されており、その多くはオレンジジュースに多く含まれていると言われている

次に紹介するものはガソリンとマッチ。これらの二つは最近学校の理科の授業でよく使われるようになった。情報が早い皆さんはすでに知ってる方が多いはずでは?最近の高校受験の実技の分野に取り入れている学校も多い。

使用方法
  1. 標的にガソリンをかける。(気に入らない人間または動物など)
  2. お好みでトッピング。(木や紙などがベスト!)
  3. マッチに火をつけ投入。(投げるときはそっとやさしく)
  4. 華麗なる炎のショーをお楽しみください。
硫化水素
スーパーで安売りしている洗剤2種類をうっかり混ぜてしまうとできてしまう。かなり臭いことで有名。入手方法と洗剤の使用量から考えると、つい10年前までは国内で一番危なかったと思われる。一思いに楽になるために使われたことも多いが、なんにせよ、相当苦しむことになるようだ。

危険物ではないもの[編集]

危険であることからといって、全て危険物というわけではない。例えば動物などは危険物とは見なされない。

麻薬常習者
確かに社会のクズだが、一応まだ人間なので危険物ではない。
グルー
危険性は非常に高いが、先に述べた様に、動物は危険物とはいえない。むしろ、これを運用する組織こそ危険物といえる。
放射性物質
実は、色んなものから放射線は出ているからいちいち危険物扱いしていられない。

関連項目[編集]


この項目「危険物」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)