友達以上、恋人未満

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

友達以上、恋人未満(ともだちいじょう、こいびとみまん)とは、男女親交関係力学に置ける未知の因子、後に第3の因子あるいは中間子とよばれることになる「セフレ」の存在を予想したイワン・デュンコーが、その際に活用した方程式のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「友達以上、恋人未満」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「友達以上、恋人未満」は何故か「友達以上恋人未満」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

概要[編集]

格闘戦術物理学の権威として知られるイワン・デュンコー(以下、イワンと表記)は、一方では男女親交関係力学および男女相互距離数学を純粋たる趣味で研究しており、男女関係が、ただの親しい間柄から男女という互いの性別を意識したものに変化した際の質量の差分あるいはそこに至るまでの加速度に注目した。

研究の為、10万件以上のデータを比較したイワンは、友達の状態で安定したものを取り除き、恋人同士へ変化したと思われるものを調査中、完全に恋人に変化していないにも関わらず、友達ほど安定もしていない関係が存在している事に着目する。

その中でも特に不安定と思われる、男女関係7千件を追跡調査したイワンは、男女関係における友達と恋人の間に、これまで確認されていなかった未知の因子が存在している事という仮説をたて、この因子を仮定としてΣ3とし、恋人>Σ3≧友達という前提の元、計算をやり直すことで、これまで生じていた友達から恋人状態への位相における矛盾が解決。新因子の存在がほぼ確定となったことから、イワンは、この仮定因子Σ3を「セフレ」と命名。それまで、物理学数学心理学のいずれの分野においても未完成にして未知の領域とされていた男女関係の研究において新たな扉を開くことになった。

セフレの確認[編集]

方程式上ではほぼ間違いなしと言われたセフレの存在だが、実際にそれが確認されるまでは、当初の思惑を大きく外れ、実に10年近い年月を必要とすることになった。その原因は色々と考えられているが、存在を予見したイワンが、セフレの性質を、男女関係が友達から恋人に変化する際の途中経過であるものだと思いこみ、それ自体が単体で存在し安定する事はないと考えてしまったことが大きい。

後に、セフレが、友達から恋人への変異過程だけに存在するものではなく、条件によっては単体でも極めて安定した関係を保てる可能性があることが証明されたことにより、その追跡や観察アプローチもまた変更を余儀なくされた。結果、半年後、セフレの確認および撮影に成功。ようやくイワンの仮説は証明されることになった。

一般的な友達以上恋人未満[編集]

イワンによってセフレが確認された後も、一般的な世間における男女間の関係認識は、やはり友達と恋人の二極化に分類されることが多く、これが、成田離婚などに代表される、結婚後短期間での離婚の原因ではないかという説も最近では有力視されている。

また物理学あるいは数学的に、男女関係を分析しようと試みたイワンだったが、一方では文学的あるいは哲学的な解釈を試みる一派も存在している。

主な論説
  1. 友達以上、恋人未満、それはつまり友達である。
  2. 「以上」とは、ある基準からみて「上方」にあるものと、その基準自身との両方を含んだ概念である。その基準自身を含まない場合、「超(ちょう)」ないし「を超える」と表現される。
  3. 「未満」とは、ある基準からみて「下方」にあるものを表現する言葉である。
  4. つまり、友達以上、恋人未満とは、友達、ないし友達より先の関係ではあるが決して恋人ではない関係であり、それすなわち単なる友達である。

尚、この論説は、恋人と友達の間に、セフレに相当する中間的男女関係が存在しないことを大前提としていることから、各方面からの異論反論も多い。

関連項目[編集]


身長 この項目「友達以上、恋人未満」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)