受動喫煙

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

受動喫煙(じゅどうきつえん)とは、拝火教の崇高な儀式である喫煙の際、排出される煙を間接的に吸い込むことである。消火教の信者からは毛嫌いされる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「受動喫煙」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この問題は、儀式の際に排出される煙を拝火教の信者以外の物が吸い込むことであり、教徒でない人からすれば煙たいだけの煙を吸わされ実に不愉快だ!という所から始まった。自動車やオートバイを趣味で乗り回して無意味に排気ガス排出に明け暮れる人も、この時ばかりは猛烈な勢いで抗議するのが特徴。拝火教信者としては煙ではないが、最もけむたい話題である。

荒行認定[編集]

抗議デモの様子

健康増進機関であるWHOが危険な化学物質が大量に含まれる喫煙行為はそもそも修行の一環であったが周りの人間をも巻き込む荒行であると見解を発表し、急速に世界中に規制が広まった。近年拝火教信奉者が減少しているにもかかわらず、未来での喫煙死亡率が上昇曲線を描くらしいので、過激な嫌煙家にとっての錦の御旗になっていることは言うまでもない。本当に悪いのかは誰もわからない。受動喫煙をたしなむことによってたばこ代を浮かせよう、無料で修行を行おうと考える輩はほとんどいないことから、現在の世界では周りの人を巻き込む荒行と言われている

各国の対応[編集]

ひよこ大王国[編集]

焼き鳥の煙の方が不快との民衆の声がある事と国民の拝火教率が余り高くないことがあり、余り気にしていない模様。なお拝火教対策法の図案をひよこ陛下にすげ替え、文章も「程々にしてくださいね、お願いしましたよ」とマイルド。

日本における対応[編集]

拝火教対策法において、多数の人が利用する施設の管理者に主にガラス張りが主体の礼拝堂の設置を義務づけた。しかし一部の施設に置いては礼拝堂を撤去する暴挙に出た機関もあり、宗教弾圧だと一部の拝火教信徒から苦情が出ている。諸外国では規制しない屋外での礼拝をいち早く規制した千代田区は、却って過激な拝火教信者が巡回時間を避けて、吸い殻の放置テロを行うなど混沌となっている。

イギリスの対応[編集]

EU拝火教対策法から、屋内での礼拝が困難になった為か屋外礼拝が盛んにされている。吸い殻の処理は専用の掃除人がいる為、仕事を奪ってはいけないと独自の文化が形成されている。

ドイツの対応[編集]

拝火教が欧州最大勢力であることから、EUでの拝火教対策法を怒られつつほどほどに無視している。ナチス嫌いの国民が味方となって居るために中々弾圧が進まない模様。「スタジアムは禁煙です」と言われても必死に礼拝を行う修行者が多い。

イタリアの対応[編集]

弾圧が厳しいと思われつつも11歳で喫煙している信徒がいる、熱心な拝火教の国。近年はEUの拝火教対策法で厳しくなっている物の個人主義なお国柄か国民も拝火教教徒も我関せずな模様。

ブータンの対応[編集]

国を挙げて販売と製造を禁止した。拝火教よりも仏教が広く広まっているため反発もなかった模様、実は国王は大の拝火教教徒だったりするのがお茶目。

のび太国[編集]

寝たばこによる再開発運動が盛んであったが、国そのものがクレーターとなってしまった為、対策法も何もない。

mixi(国)[編集]

拝火教と過激な嫌煙家で論争が盛んに行われている。しかし、実を結ぶ事はなく不毛な煽り合いに終始している。感情論が噴出しやすいのが特徴。拝火教対策法とは別個に煙が嫌いと看板を出したり逆に拝火教をアピールしたりと混沌傾向である。

アメリカ合衆国の対応[編集]

現在は非常に弾圧が進んでいるが、実は拝火教対策法を施行していない変な国。宗教弾圧を訴訟されると困るからか、「ゴメンやっぱり弾圧無し!」と言ってごまかすのかは誰も知らない。自由の国だけに明日には弾圧が喫煙推奨になりかねない・・・最近は大麻であれば拝火教を容認するようになってきており、黒歴史になる可能性も高い。

問題[編集]

健康に訴えると言う事から、医者がむやみやたらに意味もなく禁煙治療を奨めてくることが多い、この背景は医者の取り分が減っているため、巨大な利益を生むと思われる禁煙治療をみこして、禁煙の進まない施設に黒い噂を流したり、ビラを撒いたり、座り込みや施設内で咳き込むなど嫌がらせをして禁煙化させようとする風潮がある。近年はその活動が余りに強引すぎたためか、偉い人から調査されているらしい。同様に受動喫煙対策として改善運動に見せかけた、物販を生業にしたビジネスが出てきており、募金となった詳細は黒歴史となる

関連項目[編集]

たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。なお、この記事に加筆しても、他人の健康に悪影響を及ぼしたことの免罪符とはなりません。 (Portal:スタブ)