古今東西

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

古今東西(ここんとうざい)とは、古今東西日本人の間に受け継がれてきた退屈しのぎのことであり、 のような暇をもてあましたニートにはうってつけの遊びである。尚、この遊びは古来、男にしか人気がない。なぜなら、これこそ男の知識欲と支配欲を刺激し、自己が満足に溺れ、優越感を憶えるという、正に男の感性に適合したものだからである。

言うまでもないが、2人以上推奨である。3人以上となると罰ゲームという体罰が加えられることもあったが、これは今日PTAというヤクザによって禁止となっている。ちなみに、以下は太郎君(仮名)と次郎君(仮名)の記録を天の声がとどめたものである。

例題[編集]

お題「ドラクエのモンスター」

太郎「スライム」
次郎「スライム」
太郎「待て、同じモンスターは反則だろ」
次郎「じゃあ、ドラクエⅡのスライム」
太郎「…うぐぐ、じゃあ”キメラ”」
次郎「ドラクエⅢのry」
太郎「ドラゴン。つうかおまえスライム以外知らないのかYO!」
次郎「うるさいな。じゃあ、エレフローパー」
太郎「??…待て、そんなやついたっけ!?」
次郎「いるいる。お前の番だぜ」
太郎「じゃ、じゃあドラゴンライダー」
次郎「マリンリバイアサン
太郎「!?そんなやつ…いたような、いないような…じゃあこれでどうだ!ミイラ男」
次郎「ミストバーン
太郎「!!??そ、そんなやつ…いたかな!?」
次郎「ああ、おまえの番だ」
太郎「マネマネ」
次郎「トンベリ
太郎「?…なんか変だな。ブリザード」
次郎「あかおにホーマー
太郎「?!…ミステリドール」
次郎「ボム兵
太郎「?!!
以下、太郎君が混乱してきたので、74手にて次郎君の勝ち。内容は気にしない

お題2 アニメの中の人

次郎「素直に声優って言えよ」
太郎「まあまあ、じゃあ俺から。神谷明
次郎「寺田農
太郎「いちおうムスカやってるな…じゃあ古川登志夫
次郎「林家こぶ平
太郎「い、いちおうタッチにも出てるな…じゃ、じゃあ日高のり子
次郎「羽賀健二
太郎「!??…出てたっけ?」
次郎「ストⅡやってただろ。おまい、そんなことも忘れたのかyo」
太郎「じゃ、じゃあ古谷徹
次郎「仲間由紀恵
太郎「なんか、メッチャ黒歴史っぽいの出すな…w普通の声優出せよ。じゃあこれでどうだ、林原めぐみ」
次郎「八嶋智人
太郎「やってたのかよ!!」
次郎「いいからお前の番だ。そういうおまいも高校生ならもっと若い奴出せよw」
太郎「じゃ、じゃあ若本規夫!」
次郎「どこが若いんだよw…まあいいか鮭延未可
太郎「誰だよ、そいつ!!!
以下148手にて次郎君の勝ち。決まり手「石原絵理子」。

お題3 世界の首都

太郎「じゃあ、今度は俺の得意な奴からやらせろよ!地理なら得意だぜ、じゃあ世界の首都」
次郎「定番だな。まず言ってみろよ」
太郎「じゃあ東京!」
次郎「おいおい、東京は日本の首都じゃないぞ。頭の固い辞典読んでみろよ」
太郎「な、なんだって~!」
次郎「ほら、代わりに何か言えよ」
太郎「もういい、勝てなさそうな気がしてきた…」
以下0手にて次郎君の勝ち。


(中略…今のところ太郎君の2勝10敗)ダイジェストでお楽しみください
太郎「あれ、俺って何のお題で勝ったんだっけ?」
次郎「AV女優エロゲ-のタイトル。俺は一つも答えられなかったぜ」
太郎「うそつけ!!


お題13 ?

太郎「今度はお前からお題言ってみろよ」
次郎「じゃあ、プロ棋士」
太郎「知らん知らん。羽生井山ぐらいしか知らねえよ!」
次郎「棋士だからプロ麻雀の棋士もおkだぜ」
太郎「…別のにしてくれ」
次郎「じゃあそうだな、車の名前ってのは」
太郎「それなら勝ったな!じゃあ俺から行くぜ、カローラ!」
次郎「そう来たか、オースター」
太郎「おまいがフェイントで来るのは見抜いていた!カルディナ!」
(以下、2時間もバトルが続いたので、省略します。)
次郎「ロードペーサー…やるな、お主」
太郎「アクティ…か、勝てるぜ!」
次郎「あれ、そういやそろそろそろばんに行く時間だ。悪いけど、お預けな!」
太郎「逃げるんじゃねえ!」
以下467手にて両者引き分け(?)。つうか、そこまでやってる奴いねえよ

Nemurineko.jpg この記事を書こうとした人は途中でネタが尽きてしまいました。
あとは二人に代わって適当に続けてください。(Portal:スタブ)


以後、二人はお互いに会話することは少なくなったという。ゲーム脳もほどほどにしないとこういうことになるので注意しましょう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山手線ゲーム」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「古今東西」は何故か「山手線ゲーム」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。