周防

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

周防(すおう…違ったか?)は、山口県旧国名の一つである。しかし以下の事情により、昨今ではほとんど認知されていない。

長門有利の状態が現在まで継続している[編集]

山口県は長門と周防の2カ国で構成されており、合わせて「防長」と呼ぶこともあった。しかしそれにもかかわらず、毛利氏がこの辺りを支配していたとき、その名称は「長門」の別称である「長州」をつけて長州藩になってしまった。 また、清少納言が幼少時期に父親の赴任に伴い滞在していたこともある。

その結果、「長門」・「長州」は知っていても「周防」・「防州」は知らないものが増えた。

人口規模でも山口県一の都市は旧長門国の下関市だし、「長門」は名前になったが「周防」はなっていない、列車名に「長門」は4回採用された(ひらがなの「ながと」も含む)が「周防」は1回しかない、日本の代表戦艦名前になった「長門」に対し「周防」は外国戦艦を略奪したものの名称や輸送艦の名称になるなど、その影響は現在まで数えきれない。 やはり清少納言が宣伝しすぎて、周防=女みたい、というイメージが定着してしまったからであろう。 21世紀に入り「周防」が某作品の登場人物の名前に採用されたこともあって今後の活躍が期待される。

人物名と誤解[編集]

上記のような理由でほとんど知られなくなり、「防府」(周防国府の略)のように密かにアピールするしか方法がなくなった「周防」であるが、更に追い討ちをかける出来事があった。

これは長門にも共通することであるが、旧国名は多く人物の苗字に採用されている。その結果、いくらかの作品(これこれ辺りか)に登場する人物の通称と思われることが多くなった。周防は特に旧国名としてのインパクトが弱かったため、結果として山口県の旧国名であることを理解するものは更に減った。

関連項目[編集]