呼称変更検討一覧

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

呼称変更検討一覧日本の社団法人日本語審査機構 (JLRO)の提唱するキャンペーン用に製作されたパンフレットである。

概要[編集]

適切な日本語の運用を目指し、時代と共に意味が変わって来ている語句や、不適切に略された語句や、そもそも最初から間違っていた語句などの改変を目的としている。

現在変更を検討をしている語句[編集]

現在JLROが変更を検討してる語句に以下のものがある。

鼻くそ[編集]

目くそには一般的な名称の「目やに」の他に、医学名称として眼脂(がんし)があるが、鼻くそにはこれらの別名が全く存在しない。

このため女性アナウンサーであれど、鼻くそはは・な・く・そ(HA-NA-KU-SO)と発音しなければならない。 また、目くそが鼻くそを笑うことが公然と行われる結果となっているため、JLROでも最大の懸案事項になっている。

改称候補として、はなころ、はなゴム、はなボール、はなかす、はなごみ、はなばば、はなうんこ等があがっているがどれも決定打に欠け論議が収束していない。

またこれについて日本民族研究会では「はなくその持つ有無を言わさない圧倒的な響きと、思わず一歩引いてしまう壮絶な威圧感が他の名称を排除してきた。この点を十分に考慮してほしい。」とコメントしている。

たいやき[編集]

たいやきが入っていないことは古くから認知されていた。 ごく一部に、「たこやきには蛸が入っているのに、たいやきにはなぜ鯛が入っていないのだ。」と文句を言う人もいたが、一般的にはクレーマーとして処理されてきた。

しかし昨今の欧米での日本食ブームで、たいやきが輸出されるようになると、海外でたいやきに鯛が入っていないことに対する不満が高まり、アメリカでは訴訟にまで発展している。

これに対し、JLROではたいまんじゅうに名称変更することを検討したが、日本たいやき協会は「たいやきは形が鯛なのだ。それを言うなら、たこやきは蛸の原型を留めていない。」と反発した。

これは外見を取るか中身と取るかの非常に重大な問題であり結論は先延ばしにされてきたが、その間に中国から中身の餡を別物にすり替えた偽たいやきが大量に出回るようになってしまい、日本たいやき協会の発言にジレンマが生じてきた。

現在日本たいやき協会では発言を撤回し、餡に鯛のすり身を入れることでたいやきの名称の継続使用を検討している。

しかしこの問題が他へ波及した場合、同様の対応をすれば食品でなくなってしまう可能性が高い人形焼大判焼などでは事態がより深刻である。

また養鶏場からも、「目玉焼きの名称も使えなくなってしまうのか。」と不安が広がっている。

黒ヒゲ危機一発[編集]

黒ヒゲ危機一発は、敵の海賊もしくは味方の裏切り者である黒ヒゲを樽に入れ、剣を突き刺し処刑を楽しむ殺戮ゲームである。

ゲームは黒ヒゲが昇天するまで続けられるため助かる見込みは無い。このため、危機一が危機一であると誤字を指摘した上で、意味的には黒ヒゲ絶体絶命が正しいのではないのかと変更を求めている。

これに対しメーカーは、「これは捕縛され樽に入れられた仲間の黒ヒゲの縄を剣で切り逃がすゲームであり、黒ヒゲが飛び出すのは昇天ではなく脱出なのだ。危機一発も誤字ではない造語だ。」と主張し名称の変更を拒んでいる。

枕木[編集]

レールの下に設置される枕木が木ではなくコンクリートであるとして、JLROはJR私鉄各社に枕コンクリートに名称変更することを求めている。

これに対しJR私鉄各社は、以前は木であったが時代と共にコンクリートになってきてしまっていると説明し、未だ木で残る東武野田線にJLRO視察団を案内した。

JR私鉄各社は、枕木と枕コンクリートの名称の使い分けは作業効率上受け入れられないとしている。

JLROは暫定措置として、木製とコンクリート製が混在する現在は枕木の名称の使用を認めるが、木製が無くなったら速やかに枕コンクリートに切り替えるように要請している。このためJR私鉄各社は木製の枕木をどこかに1本残すことを検討している。

吊革[編集]

電車の社内の吊革は、握り手の部分がプラスティックで天井と握り手を結ぶ部分が塩化ビニールでどこにも革が 使われていないことから、JLROはJR私鉄各社に吊ビニ(つりびに)か吊ビ(つりび)に名称変更することを求めている。

これに対しJR私鉄各社は、塩化ビニールの部分が以前は革であったが時代と共に塩化ビニールになってきてしまっていると説明しようとしたが、革製の吊革を装備した車両は全国のどこにも無かった。

このためJLROはJR私鉄各社に対し本当に昔は革だったのかと疑問を投げかけ、詐欺罪の適用も有りうるとした。 JR私鉄各社は吊革の塩化ビニール化の時期を把握しておらず立証は困難な状況である。

JR東日本の幹部も革の吊革は今まで見たことが無いと頭を抱えている。

関連項目[編集]

この項目「呼称変更検討一覧」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)