哲也-雀聖と呼ばれた男

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

『哲也-雀聖と呼ばれた男』(てつや じゃんせいとよばれたおとこ)とは、原案:さいふうめい、漫画:星野泰視による麻雀漫画。1997年から2004年まで週刊少年マガジンに掲載されていた。

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、犯人はジェイソンではなくその母親であることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、太陽の翼はアクエリオンそのものの事だったことや、夜神月はニアに敗北しリュークに殺されることや、シュウジとちせだけが生き残ることや、アンドルフの真の姿は巨大な脳であることや、サーヴァント・アーチャーは未来の衛宮士郎であることや、ウルトラマンネクサス及びザ・ネクストは力を失ったウルトラマンノアの不完全体にすぎないことや、幻王の正体が楊令であることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

内容として麻雀漫画というよりイカサマを見破り、テクニックで撃破するという手法がとられている。ちなみに平和やチャンタなんかより国士無双の出現率が高い漫画。また、この漫画には人外としかいいようにない顔付の人物がよく登場する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「哲也-雀聖と呼ばれた男」の項目を執筆しています。

概要[編集]

主人公は実在した無頼の作家、阿佐田哲也色川武大)がモデル。この漫画は、『麻雀放浪記』・『ドサ健ばくち地獄』といった阿佐田哲也の実話っぽい妄想紙芝居をほんのり頂いて描いている。そのため著者の脳内に生息するキャラクターも数多く登場する。

主な登場人物[編集]

主要人物[編集]

阿佐田哲也(あさだ てつや)(CV:色川武大
この作品の主人公で新宿の玄人。
通称:「坊や哲」、「黒シャツ」、「伝説のオヒキ ダンチ」、「朝田」、「昼田」、「夜田」。
人並み以上の「天運」を持つ凄腕の玄人で、後に麻雀界において「雀聖」と呼ばれるまでの存在になる。しかしあくまで人間の中の範囲内での「雀聖」であり、後の裏社会の君臨するアカギ、「あんた背中が煤けてるぜ・・」の竜や『御無礼』と卓を囲んだら間違いなくトンでしまうと思われる程の常人。人間であるが故に「積み込み」「左手芸」「ローズ」などのイカサマ技に頼る場面が多いが、ある意味、麻雀漫画のお約束である超常現象的かつご都合主義な「ツキ」や「流れ」に頼らない分、真面目な麻雀打ちとも言える。
一方、弟弟子の森夫は人間の範囲外で「雀聖」と呼ばれる男となった。
一時期長崎のカオス新聞「盛り場新聞」に就職した事がある。
ダンチ(本名:早見たつを(はやみ たつを))(CV:高木渉
哲也のオヒキであるリーゼント。ギャグキャラであるが、意外にも哲也の様な洞察力と技術力を発揮する事がたまにある。哲也の通しではテレパシーのごとき会話が可能。また、あまりにも哲也が好きで周りからガチホモと思われている。
房州(ぼうしゅう)(本名:剣崎六郎(けんざきろくろう))(CV:大塚周夫
哲也や森夫ら「雀聖」を育てた師匠。
「積み込みこそ芸術」の信念のまま天和で死す。
印南善一(いんなみ ぜんいち)(CV:戸谷公次
ヒロポンを使用して牌が透けて見える能力を持つ。これでも哲也の親友だが、哲也を襲って金を盗もうとした事がある。最期は誤ロンで死す。
後にセモという偽名を使い高校生麻雀生活を送っている。

上野[編集]

ドサ健(ドサけん)(CV:大塚明夫
哲也のライバル。上野でボスとして降臨し、仲間と共に新宿を制圧しようとしがた、哲也との戦いで上野や新宿がどうでもよくなり哲也との勝負に挑む。玄人だが意外にも地域貢献をしたり、経営力もあったり普通の世界でも働いていけそうな感じがする所がある。また、赤木しげる並みに喧嘩が強かったり何度殴られても倒れない。
忌田(いみた)
ドサ健の下で参謀として働き哲也達に策を使って苦しめたが、クビになってホームレスとなる。その後悲惨な目に会いまくる。
奄美のハブ(あまみのはぶ)
上野四天王の一人でこの漫画における最大の人外。体色が緑で目が大きい。
神保(しんぽ)
上野四天王の一人。聖職者なのに麻雀をやって金を稼いでいたおっさん・・・これは孤児院の子供達を養うためである。神の眼を持つ(それなんてガンパイ?)。ドサ健の麻雀の師匠だが、ドサ健は神保の神の眼までは受け継いでくれなかった。過去に本職を忘れ四日間房州と麻雀を打ったがある。その後玄人として死す。

その他[編集]

近藤(こんどう)
哲也の友達だが、哲也の存在で人生左右されまくっている。ゴールドマン兄弟に負けて廃人になる人が・・・。国士無双でよく上がれる。
剣崎中(けんざき あたる)
房州さんの息子。哲也に玄人の技術を学べず5年間若さを捨てて麻雀の技術を磨き結果として房州さん見たいな顔付になる。また、積め込みは一応できるが、それは序の口で本来の技は人間離れした「相手の上山の中を知ったオープンリーチ一発ツモ」。
小龍(しゃおろん)
密輸船のキャプテン。サマなしで、緑一色で上がれる「豪運」を持つ。

この漫画の凄いところ[編集]

フリテンだけどすり替えて何事もなく和了
これだけ聞くとちょっと凄いテクニックが必要なように思えるが、実は意外と簡単なイカサマであり、素人でもちょっと頑張ればできてしまう。特に点3・点5のフリー雀荘では食い入るように自分の手牌だけを見ている人が多いので、捨て牌を整理するフリをしてすり替えたところで殆どの場合は気付かれもしないだろう。この程度のことをさも凄いことのように描ききるのがこの漫画の凄いところである。
連続天和は当たり前
16000オール×2回で32000+100(積棒)の払い。恐らく配給原点が25000だろうから東1局で全員トビ終了。毎局これができれば20年間無敗も夢ではない。
「ツモ リンシャンのみ」
現実的にこういった和了もあり得なくはないのだが、そもそも阿佐田哲也が玄人として活躍していた時代は完全先付けルール(ナシナシルール)が出来た頃であり、嶺上開花のみの和了が許容されていたのかどうかは甚だ疑問である。時代考証?何それ?美味しいの?
「小龍がはじめて緑(一色)以外で和了った…」
そもそも緑一色という役がアメリカから輸入された役であるのに、中国系の小龍がそれに拘ることに違和感が残る設定である。また中国の麻雀と日本の麻雀では全くルールが異なるため、日本人と中国人の麻雀は普通は成り立たない。余談だが中国の麻雀は日本以上にローカルルールが多く、場合によっては中国人同士でも対局が成り立つかどうかに不安が残る。
はじめから聴牌してる
積み込みの基本だがこれが案外難しい。しかし、某麻雀漫画だとちょっと本気を出すだけで配牌聴牌のみならず地和までたぐりよせたりするのでそこまで凄いことではないように感じてしまう。
オープンリーチからは逃げられない
たまにこの漫画に影響されたのか「オープンリーチだ」なんてカッコつけてリーチかける人がいるけど、今どきオープンリーチを採用してる店とかそんなに多くないから。恥かかないようにね。
「四千、二千。早く出せよ」
流し満貫を成立させた哲也の台詞だが、面白いのはこの流し満貫に誰一人気付いていなかったということだ。現役の玄人が集まって誰一人流し満貫を防げなかったというこの情けなさには思わず泣けてくる。
巨大な種金の差があるなら全て燃やしてしまえ!
どうだ明るくなったろう?
チョンボ2回と天和で逆転
チョンボで散々場の流れを乱した後にイカサマで勝利する。これが玄人のやりかたである。汚いなさすが玄人きたない
動かなかった右手が麻雀してたら治っていた
麻雀で手・指先のリハビリを行う、いわゆる健康麻将(けんこうまーじゃん)である。実際に多くの老人ホームで行われているリハビリ方法であり、その効果は抜群である。
5秒で山を積める
5秒というのがまたリアリティがあるようなそうでもないような微妙な数字であり、凄いのか凄くないのかよくわからない。ダンチが驚いてるから凄いんだろうけど。
三家同時リーチでも関係ない
これは凄いようで実は凄くない。何故なら、三家からリーチがかかった場合終局までオリきるのはかなり難易度が高いからである。2人までなら13枚の手牌に何かしら安全牌があるものだが、3人になると完全安全牌は殆どなくなる。よって、4人リーチでの流局もしくは真っ向勝負を目指して危険牌を叩き切るのは実は正統派の戦術である。玄人のくせにこの程度の戦術しかないのかと罵って良い。但し、リーチ者3人全員に対して故意に危険牌を切って三家和で流局にしてしまうとなるとこれは凄い。文句なしに凄い。
黒の塗り牌についた指紋を見てガン牌する
ひろぽんってすげー!
投牌のコントロールがよい。電球を壊せたり、鳥を打ち落とせたりできる
一流の玄人は一流のハンターである。
四暗刻単騎がよく出る。
はっきり言ってタンヤオより出現率が多い。相手との点差が開くと四暗刻単騎を狙わざるを得ない。これは字牌を警戒されてしまうほかの役満と違い、四暗刻単騎が相手の放銃を狙いやすい役満だからである。このような理由から四暗刻単騎がよく出るのは仕方ないのだがそれにしても出すぎである。有難味も何もあったものではない。
七対子ドラ2は満貫
マガジンの読者が25符2翻なんてわかるわけないだろ常識的に考えて
メンホントイトイに四暗刻または三暗刻すらつかない。
いやほらメンホンって高いじゃん。指3本折れるしもうこれ以上役とかいらなくね?
字一色・七対子・北の地獄待ち×2
「こういうこともあるんですね!」「牌は4枚あるからね」
国士ダブロン
2人が国士なんてやってたら誰かしら食いタンとかでアガリそうなものだが、国士に怯えてだれもかわし手に走らない。ある意味空気の読める打ち手が揃った凄い展開である。