喉仏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「喉仏」の項目を執筆しています。

喉仏(のどぼとけ)とは、の喉に宿るの一種である。主に日本の成人男性の喉に見られ、喉仏が喉に降臨すると、声が低くなるとされる。また、ウイルスや菌に対する後転的な免疫機能の役割も果たす。

喉仏の歴史[編集]

未だ完全には解明されていないものの、紀元前500年頃の書物にもその記載が見られることから、少なくとも2500年以上前には、喉仏は存在していたと見られている。いくつかの古い書物によれば、の内、体格が大きくないいくつかのが、悪霊などから、その身を隠すために、人の喉に住処を作ったことが起源だという。

人の喉の内部は、おおむね36度〜37度程度であり、ホモ・サピエンスの一種であるにとっても、生育に適した気温である。前述の書物によれば、喉仏の子孫たちは、浄土において、いかに人の喉が過ごしやすいかという話を広め、以降、喉仏として人間界に下りてくるが多く見られるようになった。

紀元後500年〜1000年頃になると、仏界で喉仏ブームが起き、喉仏になる仏は著しく増加した。現在では、かなり多くの人類に喉仏が宿っているが、喉仏ブームが起きる前は、あまり一般的ではなかったとされている。

喉仏によって声が低くなる理由[編集]

喉仏が宿ると声が低くなる理由は、本人に代わってが話すようになるからである。喉仏が宿って以降は、喉頭が塞がれるため、本人は話すことは出来ず、脳内で話したい内容をに伝えることで、に意見を代弁してもらう。時折、意思疎通がうまくいかず、が本人の意図しないことを口走ってしまうこともある。しかし、基本的には悟っているため、それ自体が問題になることは少ない。むしろ、喉仏が宿った後、「人格的に成長した」などと評される人も多い。

喉仏の宿し方[編集]

喉仏は、第二次成長期の人に最も宿りやすい。これは、第二次成長期になると喉の空洞が広くなり、が入り込みやすくなるからである。日本では伝統的に、喉仏を宿したい人は、第二次成長期に入ると、玄関先に「喉仏札」と呼ばれる特殊な札を張り付けて掲示しておく。平均的には、喉仏札を掲示してから数日程度で喉仏が宿ることが多く、喉仏が宿った翌朝には、声がかすれやすくなったり、うまく声が出なくなることもある。

喉仏札は全国の神社で安価に販売されているが、かつては限られた場所でしか購入できず、昭和初期には、喉仏札を求める行列や、列に並ぶ人のマナーの悪さが社会問題にまで発展したこともある。

一方海外において、が信仰されている地域では、喉仏そのものが禁止されているケースも多く、喉仏を宿りやすくさせるためのグッズもほとんど浸透していない。むしろ、キリスト教圏では、第二次成長期になると、喉にが入ることを防ぐため、鎖で喉から口を固くグルグル巻にしたり、鉄製の仮面を装着して就寝することも多い。

特に男性に多く見られる理由としては、男性の方が喉が太く、が入り込みやすいからである。

喉仏の持つ免疫力[編集]

国内において、喉仏がここまで浸透している理由のひとつは、その強力な免疫作用による。喉仏を宿すと、体内に侵入したウイルスに対して、が説法をするようになる。その作用は極めて強く、説法を受けたウイルスは感染を諦めるだけでなく、時にに仕える神獣に姿を変える場合もある。国内の有名な神社の狛犬のほとんどは、元は人体への侵入を試みたウイルスだったとする説もある。

喉仏に関する誤解と、火葬における問題[編集]

前述の通り、喉仏は、第二次成長期の人の喉にが取り付いたものであるが、稀に喉頭の骨が隆起したものだと説明されることがある。この説は誤りであり、喉仏が宿らないまま、生涯を終える人も多い。

喉仏はその性質上、一度入り込むと出られないため、火葬時における扱いは意見が分かれている部分である。しばしば、「火葬しても良いのか」というテーマは倫理的な問題として、義務教育における教科書にも取り上げられている。一時期は、外科的な手術を取り出してから火葬することが倫理的に望ましいとされていた時期もあったが、その後の研究で、は不滅であり、仮に火葬されたとしても、再び仏界に戻るという現象が明らかになってからは、遺体と一緒に火葬しても問題ないという意見が多数派になっている。

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「喉仏」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)