四十八手

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四十八手」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「四十八手」の記事を執筆しています。

四十八手(しじゅうはちて)とは、江戸時代に作られた夜の体位の総称である。

概要[編集]

四十八手の一覧
四十八手の一覧(デフォルメ版)

「四十八」とは「九十九里」「千万石」などと同じく「非常に多い」という比喩表現であり四十八丁度というわけではない。特に江戸時代において様々な物事をこういった「決まり数字」で表すことが流行し、赤目四十八滝や町火消四十八組など様々な「四十八」が存在していた。現在でもAKB48NGT48などがその名残を留めている。

江戸の寛文時代になって、吉原の忘六が遊女の教育用に体位を文書化したことが始まりであるとされるが、当時は先達から口伝される「秘技」も多く記された数は決して多くなかったという。しかし実際には裏手(返し方)や違え型(配置の入れ替え)を含めると300を越える体位が存在し、また地域差や時代も含めるとその数は膨大であり「代表的な48パターン」を指してこう言う事が殆どである。特に四十八手として数えられるものの多くは絵画や映像で紹介されることを想定しており、見た目の立派さも選定基準となる。右図はその典型であり、見た目で分かりやすい48種を選定されている。

技法としての四十八手[編集]

四十八手はその優れた文化性故に様々な層に愛好されているが、実際に行うとなると高い技術が必要となる事が多くハードルはやや高い。特に首を締める「首引き恋慕」や火傷を誘発する「炬燵隠れ」が危険体位として知られているが、実は「時雨茶臼」(騎乗位)こそが陰茎断裂を招きやすい非常に危険な体位である。腰をゆっくり沈めていかないとそれこそ「ボキッ」と行きかねないので、初心者にはオススメ出来ない。

また女性があまりにも詳しい場合、淫売扱いされることもありこれもまた危険である。プロであるならば話は別だが、やはり素人が行うのはリスクを伴うものが幾つもある。むしろ知らない方がいい、という男性も多いくらいで、いきなり高度体位をしたりすると確実にビッチ認定されてしまう。

ただしそれ故に、使いこなせれば自らの価値を高められる優れた技法でもある[要出典]

禁じ手[編集]

四十八手には所謂使用禁止技も存在し、用いることは固く禁止されている。しかしそれへの憧れも強く、江戸時代の性生活を綴った文書「おしとね天繕」では興味本意で禁じ手を試した男が酷い目に遭う話が存在する。

禁じ手がどういったものかは時代によっても変わるが、相手を殺傷するような体位や公共の場で行うようなものは時代を問わず厳禁である。また複数名相手の体位や器具の使用もそう扱われることがある。

関連項目[編集]