四国八十八箇所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
四国八十八ヶ所から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四国八十八箇所」の項目を執筆しています。

四国八十八箇所(しこくはちじゅうはちかしょ)は、たまに筆を誤ると勝手に言われている人にゆかりがあるとされる四国の八十八箇所のお寺。 これらのお寺を巡礼するスタンプラリーお遍路と言う

概要[編集]

イスラム教のハッジ(メッカ巡礼)に勝るとも劣らない年間156万人がスタンプラリーに参加(巡礼)しているとされる。

巡礼方法[編集]

  1. 巡礼のやり方は結構いい加減で本人の自由に任されている。
  2. 巡礼の開始地点は自由
  3. 巡礼の順番は自由
  4. 巡礼時の移動手段は自由
  5. 移動時のルールは自由

というように制約が少ない。さらに、八十八箇所全部を回らないといけないわけでもない。

参拝方法[編集]

該当するお寺に到着すると以下の決められた手順で参拝する。

  1. 水で体を清める
  2. 鐘を突く
  3. 金を渡す(金額の大小は関係ない)
  4. お寺の人にスタンプを押してもらう(専用の納経帳が必要)

これらをやる。 八十八箇所制覇すると高野山に行く必要があると言われているがそんなことは誰も気にしない

主な寺[編集]

1 霊山寺 一番目の寺らしい。

69 観音寺 地方自治体名になっている。

75 善通寺 地方自治体名になっている。

88 大窪寺 最後の寺らしい。